プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2008年05月18日

風薫る五月の浪花節。

金曜日は人形町翁庵。
おそばやさんの二階の浪曲会。
みね子師匠の糸で一席。
きものの決まりごとでは、5月までが袷、六月から単ですが、うちの師匠は汗っかきで、5月になると早々に単を着てしまっていました。
それに習えで、私も五月になると、単にしてしまいます。
みね子師匠も、単に初使いの白いきれいな夏帯。
夏帯をしても全然問題ないほどの、さわやかな夜でした。
お客さんが近くてあたたかくて、いい会です。お一人お一人のお顔がよくみえます。
「茶碗屋敷」は、演題を「好き」と言ってくださるお客さんが多いです。落語の「井戸の茶碗」が知られているせいもあるかもしれません。
もとは講談の「細川茶碗屋敷の由来」。
浪曲と落語を聴き比べると、聞かせどころが全然違うから面白い。
これが、それぞれの芸の質の違いと思います。

昨日は、葛飾区「郷土と天文の博物館」での「かつしか下町寄席」。落語の、瀧川鯉八さん、立川吉幸さんに挟まっての一席。
呼んでいただくのは三度目なのですが、古典をようく聴いてくださる、こちらもあたたかいお客様。
堅い演題でもゼッタイ大丈夫だろうと、これまた講談ネタの「慶安太平記 牧野弥右衛門」を、豊子師匠の糸で。
「アンタ、今日は出高座かい?」
「もちろんですよ、お師匠さん」
「あらっ。それじゃあ、化粧しなくちゃいけないね。口紅忘れちゃったよ。アンタの貸しとくれ」
と言って、私の舞台用のあか〜い口紅をつけてお澄ましの豊子師匠。季節の藤色の着物に藤の花の帯が、とっても粋でした。
豊子.jpg
posted by ななふく at 14:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック