プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2007年12月01日

12月の奈々福

11月最後の高座は、おそばやさんの二階座敷をぶちぬいて。座り高座でマイクなし。いい空間。
12月13日の名披露目ファイナルの試演会を兼ねての会でしたが、会を世話してくださった三輪さん曰く。
「ネタおろしのときははっきり言ってひどかった」
え〜ん。
「だいぶ太い声が出るようになったね。あとは奈々福さんが、師匠の演題であることに緊張せずに、自信をもってやれば、だいじょぶ!」
……声は確かに、先週の三鷹以来、乙の声がちょっといい感じになってきつつあります。うう、この調子、続いてくれいっ!

12月、なんといってもメインは、13日の名披露目ファイナルです。

入門して丸十二年。昨年末の浅草・木馬亭での名披露目を皮切りに、いろいろな場所で名披露目をさせていただいてきました。
ファイナルは、国立演芸場で! 師匠にご相談しておりました。 
「師匠、どうしましょう?」「おう、やってみろ!」
ファイナルは師匠との親子会と決めておりました。
ところが、今年五月、師匠はあまりに突然に、不慮の事故で他界してしまったのでした。
師匠・玉川福太郎は、私がこの道を進んでいく中での、希望の星でした。
ほんとうに、光を失ってしまったと思いました。
でも、師匠は誰より浪曲の未来を案じ、弟子を育ててくださった方。
私達がくじけては、師匠の思いをつないでいくことができません。
それに、師匠を失った私を救ってくれたのは、やはり、浪曲という芸でした。
浪曲の持つ、芸能としてのパワーはすごい。それを、お客様に伝えたい!
そこで、名披露目ファイナルは、師匠の思いを、頑張ってつないでいきます、ということを天上の師匠に伝える会にしたいと思います。
師匠の兄弟子・関東節玉川派の雄、イエス玉川師匠。
師匠の親友、関西浪曲界の雄、松浦四郎若師匠。
そして、私ともどもこれから浪曲を頑張っていく若い世代の仲間として、「浪曲乙女組!」の春野恵子。
そして私は、みね子師匠に支えていただき、
師匠に教えていただいた演題「天保水滸伝 鹿島の棒祭り」を、いま持っている力を振り絞って、演じさせていただきたいと思っております。「利根の川風」という名文句を、受け継げるなんて、なんて幸せ!
年末のお忙しい中ではありますが、
どうかどうか、師匠をしのびに、そして未熟な奈々福に力を添えるお気持ちで、お運び頂きたいと思います。


「玉川奈々福名披露目ファイナルin国立演芸場! 届け、天上の福太郎師匠へ!」
12月13日(木)18:30開場19:00開演
於:半蔵門 国立演芸場
出演:玉川奈々福 イエス玉川 松浦四郎若 春野恵子 玉川みね子
木戸銭:3000円(全席自由)

そのほかの、12月の奈々福

2日 浅草木馬亭定席(13時開演)
5日 三遊亭竜楽独演会(18:45開演 内幸町ホール)
8日 玉川奈々福のおはようライブほとばしる浪花節!(11時開演・木馬亭)


posted by ななふく at 17:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めて、マイクなしの生口演を体験しました。
本当に、びっくりするような一体感のある空間でした。
奈々福姉さんの仰せのとおり「利根の川風・・」は名文句。
いなだ先生のブログ書評で「浪花節繁盛記」(大西信行先生著)を知り、
録音媒体のなせる業、理由とおぼしき事を知りましたが、
この3分間が本当にいいのです。
昨夜の奈々福姉さんの外題付けも格別に良かったです。
Posted by mark at 2007年12月01日 18:10
mark政様。ご来場ありがとうございました。いい空間でしたね。私も楽しかったです。師匠と、比べるほうがバカなんですが、自分で外題付けをやりながら、頭では師匠の節が鳴ってしまうのです。先の長い修業です。でも、楽しんでいただけたのなら、本当に嬉しい。ありがとうございます。
Posted by ななふく at 2007年12月02日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70357167
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック