プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2007年08月19日

豊子邸、夏のメニュー。

みなさま残暑お見舞い申し上げます。
昨日の涼やかな風はどこへ行ってしまったの。
あぢい……。

豊子邸、盛夏のメニュー。
材料
三輪そうめん(奈々福のいただきもの)
なす(奈々福んチの近くでとれたもの)
みょうが(豊子邸自生のもの)
しいたけ(豊子邸自生のもの。嘘。近所のスーパーで購入)
ねぎ・おくら(同上)
しそ(豊子邸自生のもの)

野菜をざくざくざくざく切って、少量のごま油で、さらっと炒める。しんなりしすぎないように。

その間に、豊子師匠はめんつゆも作っちゃう。グラニュー糖と本だしと醤油を煮立てたものに、豊子邸の井戸水をじゃぱっと入れてガシャガシャかきまぜるというゴーカイなもの。

奈々福は、そーめん茹でるだけ。
「茹ですぎちゃだめだよ」「は〜い」

めんつゆに、炒めた野菜をどぱっと入れて、きざんだ紫蘇をたっぷりのせて、そーめんをわっしわっしと食べる。

「アンタいっぱい食べなさい」
「お師匠さん私もう二人分食べてますよ」
「これから稽古して体力使うんだよ」
「そんなに食べたら、うなってる最中に口から出ちゃう」
「(苦笑)……じゃあ残りはおやつに食べなさい」

というわけで、またたっぷりお稽古していただいたのでした。
声の出はいまいち。
ったく、なんでうまくなんないのかなあ(ため息)。
でも豊子師匠とのお稽古は幸せ。
posted by ななふく at 14:46| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奈々福さま
ある日突然、上達しますよ。その連続です。
ご精進ください。
Posted by 阿部 まきじ at 2007年08月20日 21:24
阿部さま。ありがとうございます。それを信じて……。
Posted by ななふく at 2007年08月21日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51924420
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック