プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
ななふく本舗ONLINESHOP開店! こちらでも扱います。
ジャケット.jpg

クラシコムインタビュー
https://kurashicom.jp/6882

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2020年06月20日

必見!「浪曲映画祭」26日から5日間!

昨年に引き続き、今年も開催することになりました「浪曲映画祭」!!!

000245_main.jpg
本当に、こんな企画が実現するなんて。
ユーロライブのサイトに以下のように主旨説明があります。

今年もやります、浪曲映画! 映画17作品、浪曲8口演、活弁付き上映2回
浪曲映画祭─情念の美学2020

1930年〜1960年に、ラジオで大ヒットした浪曲を原作とした映画、ときに浪曲師も出演し、物語が浪曲で綴られていく映画が数多く作られた。この企画は、映画がいかに多くの浪曲や講談の演目に支えられ、日本人の世界観を表現してきたかを辿る旅でもあります。

■出演者
浪曲師:五代目天中軒雲月、浜乃一舟、大利根勝子、玉川奈々福、玉川太福、真山隼人、京山幸太
曲師:沢村豊子、玉川みね子、沢村さくら、一風亭初月
活弁士:坂本頼光+伴奏:沢村美舟(三味線) 
トークゲスト:入江悠(映画監督)、山根貞男(映画評論家)
※出演者プロフィール、演目・映画解説はチラシPDFをご参照ください
主催:ユーロスペース 企画:ユーロスペース+シネマ5
企画監修:玉川奈々福 
映画提供:国立映画アーカイブ KADOKAWA 日活 松竹 東宝 神戸映画資料館 国際放映 伊勢哲 
協力:国立映画アーカイブ

という企画で、チラシ画像貼っておきますけれど、ユーロスペースのサイトで見てもらった方が見やすいです。
チラシ1.jpgチラシ2.jpg

もともとは映画プロデューサーであり、ユーロスペースのオーナーである堀越謙三さんがシブラクきっかけで浪曲にハマッてくださり、それが、大分のシネマ5館主である田井肇さんに伝染し、「奈々福さん、やろう!」といわれて、巻き込まれているうちにできちゃったのがこの企画です。昨年、ユーロスペースとユーロライブを舞台に五日間、浪曲映画の名作15本の上映と、実演の浪曲8本の上演と、あいまに対談・座談を入れて開催しました。
連日満員で、私は、映像の中で動く虎造先生、伊丹秀子先生、寿々木米若先生に出会えて大感激し、映画が終わるごとにお客さんが惜しみない拍手をするのに大感激し、いつもとは違うお客様のまえで浪曲ができることに感激し……こんなことがあることを夢のように思いながら、五日間を過ごしました。

今年も五日間。日ごとにテーマがあります。

【26日の初日!】忠臣蔵の日。溝口健二監督の名作「元禄忠臣蔵」前・後編を皮切りに、この日の浪曲実演は、弟弟子太福による「不破数右衛門の芝居見物」と奈々福の「俵星玄蕃」、いずれも義士伝です。
浪曲のあとに上演される映画「暁の陣太鼓」が私は気になっております。近衛十四郎!

【27日!】二日目は、「伊丹秀子フェス」……こんなフェスってありうる!? 七色の声といわれ、残された音源で聞いても超絶的な声とテクニックに圧倒される、稀代の女流浪曲・伊丹秀子の浪曲を映画の中でたっぷり聞いていただき、伊丹秀子先生の前名「天中軒雲月」という名跡をいま継いでおられる五代目雲月師匠と、伊丹先生のお弟子である、浜乃一舟師匠が浪曲でご出演。一舟師は、名曲師・伊丹秀敏として雲月師匠を一席弾かれます。奈々福が司会になってお二人にお話をうかがうコーナー(これは聞きものですよ〜!)もあります。

【28日!】三日目は関西の若手特集。大阪から、真山隼人(曲師:沢村さくら)、京山幸太(曲師:一風亭初月)という二十代の男子二人が上京し、勢いのあるところを聞いていただきます。映画は、浪曲映画の傑作、オムニバスで義士伝の名場面を大看板の浪曲師たちの出演でつなぐ「赤穂義士」。浪曲師たちが出てきてそれぞれ挨拶するところから始まる、それがツカミとしてOKだった時代があったという、信じられないような作品ですが内容も素晴らしい。阪妻の「国定忠治」も見ものです。

【29日!】四日目は浪曲とカツベンの日。冒頭の映画「召集令」は。大正時代の四天王の一人に数えられた東家楽燕先生の口演による映画。これ、絶対見る。レア! その次の無声映画「忠治旅日記」がこの日の目玉です。この映画は絶対見ておいたほうがいい。なおかつ、弁士が坂本頼光さんという、スゴイ才能の弁士です。それに、浪曲三味線の沢村豊子師匠の弟子の美舟さんが伴奏をつけるという、他で絶対見られないパフォーマンスです。
この日は、夜、奈々福が「鹿島の棒祭り」を一席演じますが、そのあとの千恵蔵御大主演「春秋一刀流」も、見逃せません。

【30日!】最終日は、浪曲の定席木馬亭を50年守った席亭・根岸京子追悼企画の日。とはいえ、冒頭の映画が、昨年私が号泣してしまった、マキノ正博監督作品「世紀は笑ふ」です。広沢虎造主演。去年見逃した方、これは絶対見てください。なんというセンス。なんという幸せな映画。そのあとの「岸壁の母」も見たいんだよなあ。伊勢哲監督作品「浪曲師になってしまった!」。伊勢監督は13年前、まさに玉川太福さんが入門した頃から木馬亭の記録映像を撮り続けてくださっている方。太福さんの入門から修業中の姿を追うドキュメンタリーで、中にお席亭、昨年末に亡くなられた木馬亭のおかみさんも写っておられます。その映画のあとで、成長した太福さんと、その太福さんを、師匠亡きあと、育てた、盲目の浪曲師大利根勝子師匠の実演で締めるという……私はたぶん泣かずにはおられぬ流れでしょう。

渋谷の、ユーロライブに、雲月師匠が、秀敏師匠が、勝子師匠が、映画のお客さんたちの前に実演で声を張ってくださる、それを見られる、なんというレアな機会でしょう。

チケットはこちらから購入できます。コンプリートはかなり大変だが、一生懸命通ってください。
posted by ななふく at 23:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。