プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
ななふく本舗ONLINESHOP開店! こちらでも扱います。
ジャケット.jpg

クラシコムインタビュー
https://kurashicom.jp/6882

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2020年05月13日

未知で不案内なことに挑戦、なう、であります。

みなさま、如何お過ごしですか。
引き続き大変な状況を戦っておられる方もいらっしゃると思います。
どうやらこれは長期戦なことがわかってきました。
人は、当面、つどえないらしいです。
なんという理不尽なことでしょう。
ライブで生きている人間にとっては生きる道を断たれたも同然です。
となると、生き方を考えなければなりません。

でも、なかなか、頭は働かないし、私はそもそも、変化を好まない性格です。
母の片づけやら家事労働やらに逃げております。
母の逝去に際しましては、多くの方々から、優しいお言葉やあたたかいお心遣いを賜りました。
皆様からの言葉が慈雨のように沁みまして、かたまった心が、すこしずつほどけてくる気がしております。

世界がこんなに変わってしまった今、否応なく変化を求められています。
浪曲に、いまできることはなんなのか。
考えなければ。少しずつ、考え始めております。
どうしても「ネット」というヤツがからんでくる。……苦手!!!
でも、未知ながら、不案内ながら、苦手ながら、必死で取り組んでおります。

以下、いま取り組んでいることです。
@ 単行本の執筆。
2017年から2018年にかけて開催した「語り芸パースペクティブ」を単行本にまとめる作業をしております。
晶文社さんから刊行予定です。
大部な本になります。……いつ出るんだろう。Eさ〜ん、刊行予定は、いつ〜〜〜?
そして、もう一冊、「浪曲の入門本」を、とご依頼をいただいていて、それにも取り掛かっています。これは書下ろし。
構成を考えていますけれど、浪曲の入門書的なものでありながら、奈々福の修行記録にもなっており、
浪花節的な価値観満載でお送りできるものになりそうです。
信頼するライターの方にもお手伝いいただきまして、一生懸命書いております。

A 動画配信の可能性の模索
まずは、無料動画配信にトライしてみます。
緊急事態宣言が出たあとに、いとうせいこうさんが発起人になって動き出したプロジェクト『MUSIC DON’T LOCKDOWN』(以下、#MDL)のプログラムとして、三週にわたってライブ配信をします。
題して「うなる!語る!ソウルフル!玉川奈々福のほとばしる浪花節」
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)一席+おしゃべり
初回は、17日(日曜日)、二回目は24日(日曜日)、最終回は30日(土曜日)、いずれも19時から。
今回のテーマは、「利他な人たち」。
MDL特別企画の、中島岳志先生の連続講座「利他的であること」と響き合わせるテーマで、浪曲をお届けします。
配信は、youtubeの「奈々福チャンネル」から流します。
https://www.youtube.com/channel/UC0NnqeAAsGgwd9Qp6lKnIzw?view_as=subscriber
無料配信ですが、こちらから投げ銭を受け付けます。
配信スタッフ、出演者への応援になります。この活動を続けていくために、どうかよろしくお願いいたします。
https://t.livepocket.jp/e/xir0i


それ以外にも、奈々福チャンネルではいろいろプログラムをいろいろ考えていて、
☆「傑作浪曲音源自慢雑談大会」
暇になっちゃった浪曲師たち。玉川奈々福、玉川太福、真山隼人、東家孝太郎、そして曲師の沢村さくらが参加して、
「傑作浪曲音源自慢雑談大会」を毎週ZOOMで開催し、その様子を、アップしていこうと思っております。
浪曲師たちが、手持ちの浪曲音源の傑作を、解説つきで自慢しあう会。
これがもう、超マニアックすぎて、面白いのなんのって!
第一回を公開しました。
https://www.youtube.com/watch?v=Cpe-kZ5pVUI&t=602s
第二回を公開しました。
https://www.youtube.com/watch?v=_O2PNvkKGvQ&t=704s
☆「奈々福のほとばしるラジオ」
7年前に、実は私、一人インターネットラジオ番組を7回、作って放送したことがあったんです。
題して「玉川奈々福のほとばしるラジオ」というんですが、
その音を、最近発掘いたしまして。これもアップしようかと思います。
☆「奈々福と豊子のぐだぐだ」
文字通り、アンダー・コロナの二人の稽古風景などを、随時、豊子師匠の元気な様子とおしゃべりともども、
お送りしたいと思っております。

なので、まずは「奈々福チャンネル」、チャンネル登録をお願いいたします。

B 公式サイトの立ち上げ
いままでは、このブログ一本で、予定と近況報告をしていましたが、もっと見やすく、情報も多くみられる形でのサイトを作ろうとしています。このブログは2004年に始めました。16年!!! アーカイブも残っており、とっても馴染みがあるんですが……。

C 公式サイト内に、お客様とのコミュニティサイトを作りたい
アフター・コロナの世界。
簡単には終息しそうにないですし、終息しても、以前と同じ状況にはなかなか戻れないのではないかと思っています。
そんな中で、私が大事に思ってきたお客様との輪を、どう保ち、展開していったらいいのかを考えています。
私の情報発信はもちろんですけれど、それのみならず、
皆様により深く浪曲の魅力をご理解いただき、またお客様同士が交流したり、双方向に面白い企画を提案しあえるような、楽しい形のコミュニティの構築をいま考えているところです。
今まで同様の実演が難しくなった今、一緒に遊べる場を、ネット上に、作りたいのです。

そんなことで、いまは未知の領域のことをひとつひとつ勉強しながら、考えていっています。
入門25周年記念の、観世能楽堂での公演が8月に延期になりましたので、
とりあえず公式サイトの立ち上げが、それに間に合えばいいな〜と思いながら、考えています。
【そこでお願い!】
Youtubeのチャンネル登録が1000人を超えて、再生時間が増えますと、できることが圧倒的に増えます。
どうか、まずはyoutubeの「奈々福チャンネル」、チャンネル登録をしてくださいませ。そしてそこにアップされている動画、音声を再生してください。
https://www.youtube.com/channel/UC0NnqeAAsGgwd9Qp6lKnIzw?view_as=subscriber
豊子師匠は元気にしておられます。
家にこもり切りになっているので、ちょっと足腰弱られていますが、毎日のように、私や弟子たち、また、玉川みね子師匠が来られ、ばんばん三味線弾いてお稽古して、おいしいものたっぷり食べて、たっぷりおしゃべりもして、元気にしておられます。
初舞台が飛んでしまった私の門下・奈みほ、豊子門下・まみも、一生懸命お稽古をしています。
時間があるので、今までよりいっそう濃いお稽古ができています。
 
とにかく、いつでも舞台に上がれるように浪曲的身体をキープしつつ、新しい試みを探りつつ、弟子たちを育てつつ、豊子師匠を守りつつ、しのいで生き残っていきたいと思っております。

ほんとうに、大変な世界になりました。
ご苦労をされている方々も多いことと思います。
どうか、しのいで、生き抜いて、
またお会いして笑いあえますように!
posted by ななふく at 00:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。