プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
ななふく本舗ONLINESHOP開店! こちらでも扱います。
ジャケット.jpg

クラシコムインタビュー
https://kurashicom.jp/6882

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2020年02月08日

3月の予定。

明日から旅なので、暫定的ですが、挙げておきます。三月四月はゆるやかなので、合間に、重い腰を上げてアレとコレを、まとめる!

1日(日)伝統芸能発信公演「芸能開闢古事記」@松江市・島根県民会館中ホール14:00〜→延期になりました。

能、神楽、語り、ダンス、ラップ、電子音楽など、あらゆる文化の競演によって創り出す、新たな芸能の事始め−
2019年2月に「天守物語」で好評を博した能楽師安田登率いる一座が松江に帰ってくる!今回は「古事記」より「イザナギの冥界下り」「天岩戸」「八岐大蛇」の3場面を題材に、島根の神楽と共作に挑みます。日本を代表するマルチアーティストいとうせいこう、伊丹十三賞に輝いた玉川奈々福(浪曲師)など、各界トップランナーの共演も見どころ。
能をベースに伝統芸能からポップカルチャーまで様々な文化をコラボレートさせて生み出す新たな「古事記」にご期待あれ!
芸能開闢.jpg
【『芸能開闢古事記』製作によせて】
わたしたちが生きる世界はどのようにできたのか。そして、私たちはどのように生まれたのか。それを古代の人たちは神話という形で残しました。『古事記』や『日本書紀』、あるいは『風土記』などのように文字としても残しましたし、神話のように身体表現としても残しました。今回の催しは世界が生まれる瞬間(開闢)から八岐大蛇退治までを、深野神楽保存会(雲南市)の皆さまと島根の子どもたち、そして能や人形劇などとの共演で行います。
一部は能の語りと人形劇による「イザナギの冥界下り」、二部は深野神楽保存会による「磐戸(天岩戸)」、そして三部は両者のコラボレーションによる上演となります。詞章制作(一部)とラップにいとうせいこう、語りに玉川奈々福(浪曲師)、ダンス指導と出演に実験道場も参加するというジャンルを超えた作品になります。
今回の上演は『古事記』世界の開闢 ―安田登
【脚本・演出・出演】
安田登(能楽師ワキ方)
能楽師下掛宝生流ワキ方。国内外を問わず舞台で活躍する傍ら、小学生から大学生までの創作能や特別授業などのワークショップ、能を基本にした朗読や新しい演劇の創作、演出等も手がけ、様々な分野のアーティストや文化人との交流の場を創造している。

深野神楽保存会
弘化3年(1847年)の神能記が残されており、かなり古い時代から舞われていたと考えられるが、大正前期に一旦その姿を消してしまう。昭和61年に新たな深野神楽保存会を結成し、以来、精力的に活動を続ける。アメリカジャパンウィーク参加、2回のタイ公演と、出雲文化を海外に紹介する役目も果たし、近年はジャズや朗読劇などの他ジャンルとのコラボレーションにも挑戦。平成15年に立ち上げた深野神楽こども教室の卒業生も加わり、会員数は21名を数える。

【出演・スタッフ】
ヲノサトル(音楽家/楽曲制作・シンセサイザー)
山下昇平(美術・造形作家/美術監修)
いとうせいこう(俳優・小説家/詞章制作・ラップ)
藤原佳奈(演劇家/脚本・演出助手)
奥津健太郎(能楽師狂言方)
玉川奈々福(浪曲師)
実験道場(ダンスパフォーマンスグループ・YouTuber)
森山雅之(太鼓)
川上彩子(笙)
天籟の会
地元小中学生(公募ダンサー)お問い合わせ先
島根県民会館チケットコーナー
0852-22-5556
料金 前売一般 2,000 円  前売高校生以下 1,500 円
当日一般 2,500 円  当日高校生以下 2,000 円

4日(水)浪曲定席木馬亭50周年記念奈々福トリをとる公演@浅草・木馬亭12:15〜
出演:東家千春 港家小ゆき、木村勝千代、玉川太福〜仲入り〜鳳舞衣子、田辺鶴遊(講談)、天光軒満月、玉川奈々福(出演順)
木戸銭:2200円(25歳以下半額)
3月木馬亭.jpeg3月木馬亭トリ.jpeg
☆木馬亭は今年50週年を迎えます。その企画として、お席亭のご指名浪曲師の責任公演を、ということで、木馬亭お席亭にご指名いただき、奈々福、トリをとらせていただきます。実は三回目。国本武春追悼公演(2016年5月)、伊丹十三賞受賞記念公演(2019年6月)。過去二回、大入満員になっておりますので、どうか、皆様のお力添えで、この日の定席を盛り立てていただきたいと思います。お願いね。お願いね。

6日(金)浪曲定席木馬亭50周年記念公演@浅草・木馬亭12:15〜
出演:東家恭太郎 国本はる乃、玉川ぶん福、玉川奈々福〜仲入り〜澤順子、宝井梅福(講談)、天津妃祥、天中軒雲月(出演順)
木戸銭:2200円(25歳以下半額)
☆雲月師匠がトリ! 復帰後の雲月師匠、凄みがあります。大入り満員になりますように。

7日(土)ラジオ出演。RADIO SWITCH @JA-WAVE23:00〜24:00
カルチャーマガジン『SWITCH』、旅の雑誌『Coyote』、新しい文芸誌『MONKEY』とゆるやかに連動していくラジオ番組。
▼放送日時:3/7(土)23:00〜24:00
▼放送局:J-WAVE 81.3fm ※インターネットのラジオサービスradikoでもお聴きいただけます。
▼公式Twitter https://twitter.com/RADIOSWITCH_813
▼公式Instagram https://www.instagram.com/radioswitch813/
☆「SWITCH」編集長の新井敏記さんとおしゃべりするほか、「金魚夢幻」をがっつり一席30分流していただけるという。J-WAVEで! 画期的じゃないですかね。

10日(火)11日(水)伊東四朗トークライブ「あたシ・シストリー」@北沢タウンホール→中止になりました
出演:伊東四朗
口演・進行:玉川奈々福
ゲスト:3月10日(火)夜の部18:30〜 沢口靖子
    3月11日(水)昼の部13:00〜 ナイツ
    3月11日(水)夜の部16:30〜 春風亭昇太
チケット発売2020/02/02(ニン!)
チケット料金:全席指定6500円(税込)
問い合わせ:チケットスペース 03-3234-9999 
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスでも取り扱います。
☆伊東四朗さんのトークライブの進行役! 伊東さんのお話をうかがうのが楽しみです。浪曲「伊東四朗物語」します。

16日(月)渋谷らくご@ユーロライブ20:00〜
出演:古今亭駒治、立川吉笑、玉川奈々福(曲師:沢村美舟)、隅田川馬石
http://eurolive.jp/shibuya-rakugo/
☆シブラクは、いつも刺激的。

18日(水)茨城県古河市にてクローズの会。→延期になりました。


21日(土)「奈々福、独演。――銀座でうなる、銀座がうなるvol.2 浪花節で二十五年記念の会」@銀座・観世能楽堂17:00〜→延期いたしました。
初日のテーマ:「惚れた思いに命を賭けて!」
古典浪曲「寛永三馬術より 大井川乗り切り」
アレクサンドル・デュマ・フィス原作 奈々福作「椿太夫の恋」
トークゲスト 春風亭昇太(落語家)
omote決定.jpegura決定.jpeg

22日(日)「奈々福、独演。――銀座でうなる、銀座がうなるvol.2 浪花節で二十五年記念の会」@銀座・観世能楽堂13:00〜→延期いたしました。
楽日のテーマ:「一途とはかくも貴きことよ!」
古典浪曲「陸奥間違い」
玉川奈々福作「金魚夢幻」
トークゲスト 伊東四朗(喜劇役者)

於:銀座・観世能楽堂(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下3階)
入場料:全席指定5000円(税込)
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、観世能楽堂でも取り扱いあり。
問い合わせ:ザ・カンパニー 03-3479-2245

☆いよいよです。浪花節になって25年の記念公演。お蔭様でお席がかなり埋まってきておりますが、まだダイジョブ。どうか見届けてください。そして、すばらしすぎるゲストのトークもお楽しみに!!!


25日(水)玉川奈々福 夜の浪曲会@NHKカルチャーセンター青山 19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
浪花節ってなに? というところから、ちょっと声を出してみるところから、お楽しみいただける一席から盛りだくさん。
お申し込みはこちらから。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1191399.html

【満員御礼】27日(金)行徳名人会〜いろどり特選会〜@行徳文化ホール18:30〜→延期になりました。
出演:柳家喬太郎 玉川奈々福(曲師:沢村豊子) 春風亭一之輔 柳亭小痴楽
☆ものすごい顔付けで発売直後完売だった企画、5月28日に延期になりました。
https://www.tekona.net/gyotoku/event_detail.php?id=1078
posted by ななふく at 10:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。