プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
ななふく本舗ONLINESHOP開店! こちらでも扱います。
ジャケット.jpg

クラシコムインタビュー
https://kurashicom.jp/6882

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2020年01月14日

2月の予定。

大阪公演があります。天満天神繁昌亭昼席に五日間出演します。あと、高松、長崎、東庄、と旅もあります。

1日(土)寄席たいゆう亭 映画ヲ語ルの巻@紀伊国屋ホール18:30〜
出演順:カツベン 坂本頼光(楽士 宮澤やすみ)
    漫談 ナオユキ
    浪曲 玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
    座談 周防正行(映画監督)&出演者一同
    活動写真弁士 坂本頼光
料金:全席指定 前売り3300円 当日3500円
チケットぴあ、 イープラス、キノチケットカウンター、キノチケオンラインにて販売
寄席たいゆう亭.jpg

2日(日)雑司ヶ谷拝鈍亭 浪曲の会@雑司ヶ谷本浄寺17:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)春野恵子(曲師:一風亭初月)
時間:16時半開場 17時開演
場所:本浄寺・拝鈍亭(豊島区雑司が谷1-51−18東京メトロ護国寺駅徒歩5分)
全席自由 千円以上のご奉志 限定60席
ご予約不要
☆久々に春野恵子さんとです。拝鈍亭はご住職さまの趣味がこうじてつくられた、室内楽用のすばらしく響きのいい小さなホール。ここで生声で浪曲ができるのは、私自身もとても気持ちいいんです。今回は二人とも、ご住職さまのリクエスト演目。ご予約不要、お早めにおこしください。

4日(火)都内でクローズの会。

【満員御礼】5日(水)玉川奈々福のイカれてイカした浪曲会vol.2@ギャラリーしあん19:00〜
開口一番:玉川奈みほ(曲師:沢村豊子 初舞台)
そのあと:玉川奈々福 2席(曲師:沢村豊子)
木戸銭:3000円 打ち上げ:3500円
☆新御徒町のギャラリーしあん。大通りを一本入っただけなのに、そこには静かな路地があり、のれんのかかった門をくぐると、小さなお庭の向こうに、素敵な古民家のしあんがあります。ここで、おひつじ亭さん主催で第一回の「イカイカ会」をやらせていただいたほか、小倉充子さんとの「夜の宴」や、近江の新之助上布の展示会での余興で浪曲をやらせていただいたことなど……思い出は尽きないのですが、3月末で閉められることになりました。もう一度、ここで会をやりたい! とおひつじ亭さんが設定してくださいました。ここで、弟子の奈みほに、開口一番を務めさせます。初舞台です。お陰様で満席御礼。弟子は、21日の道楽亭の独演会でも開口一番をさせますので、どうかそちらにいらして、応援してやってください。

6日(木)浪曲定席木馬亭50周年記念公演@浅草・木馬亭12:15〜
出演:三門綾 国本はる乃、木村勝千代、玉川奈々福〜仲入り〜天光軒満月、一龍齋貞山(講談)、大利根勝子、三門柳(出演順)
木戸銭:2200円(25歳以下半額)
2月木馬亭.jpg
☆2020年は、木馬亭開場50周年の年です。貞山先生が定席に入ってくださるのも、記念の年ならではのことと思います。

6日(木)ガチンコ浪曲講座@カメリアプラザ
募集を締め切っております。

7日(金)浪曲定席木馬亭50周年記念公演@浅草・木馬亭12:15〜
出演:東家志乃ぶ、港家小ゆき、花渡家ちとせ、玉川奈々福〜仲入り〜鳳舞衣子、宝井琴柳(講談)、東家三楽、天中軒雲月(出演順)
木戸銭:2200円(25歳以下半額)
☆講談が、琴柳先生! うちの師匠と大変仲良くしていただいた先生です。嬉しいなあ。そして、雲月師匠が、トリです!

9日(日)第18回玉藻寄席「春風亭一之輔独演会-スペシャルゲスト玉川奈々福-」
日時  :2020年2月9日(日) 開演14:00/開場13:30
会場  :レクザムホール[香川県民ホール] 小ホール
出演:春風亭一之輔
ゲスト:玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
チケット料金: 全席指定  一般 4,200円(県民ホール友の会会員3,800円)
お申込みはこちら。

10日(月)〜14日(金)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭14:00〜
出演(出演順):月亭秀都、桂咲之輔、桂三歩、玉川奈々福(曲師:沢村さくら)、桂春雨〜仲入り〜林家うさぎ、笑福亭達瓶、笑福亭仁智(11日は林家小染)
木戸銭:一般 前売り2500円 当日2800円 団体2250円
ほか詳細はこちらのサイトで。
☆天満天神繁昌亭にまた顔付けていただきました。上方落語の定席寄席に、浪曲で、15分で。毎度毎度緊張しますが、刺激を受けます。開演時間、14時になったんですね〜。

10日(月)第一回 旅するカタリとお友達 奈良まめすず・ちちろで奈々福笑い@奈良市 まめすずちちろ19:00〜
出演:説経祭文 渡部八太夫「信徳丸〜継母呪いの段」
   浪曲 玉川奈々福「仙台の鬼夫婦」曲師:沢村さくら
口先案内人・姜信子と、奈々福、八太夫のトークあり。
木戸銭:5500円(お茶とお菓子つき)
申込み:mama18notonoto@hotmail.co.jp
まめすず表.jpgまめすず裏.jpg
☆作家の姜信子さんのお誘いで、奈良で小さな会をさせてもらいます。まめすずちちろ、なんて、お店の名前からしてそそられる。説経祭文は、浪曲の前身芸。楽しみです!チラシ制作はデザイナーのパンツさん。超かわいいチラシだな。しかし、すごい木戸銭だが、お店はそれでいいのだとおっしゃるのです。

12日(水)吉坊・奈々福二人会@天満天神繁昌亭18:30〜
出演:桂吉坊「不動坊」ほか一席
   玉川奈々福「天保水滸伝鹿島の棒まつり」他一席(曲師:沢村さくら)
木戸銭:全席指定 前売り2700円 当日3000円
チケットぴあ、天満天神繁昌亭にて扱い
問い合わせ:さかいひろこworks 06-6155-5561
吉坊奈々福.jpg
☆吉坊さんに呼んでもらう5回目の大阪二人会。私、吉坊さん大好きなんですよ〜。教わることいっぱいある。嬉しいなあ。

15日(土)玉川奈々福・三遊亭王楽二人会@佐賀県鹿島市生涯学習センターエイブルホール14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)三遊亭王楽(落語)各2席
木戸銭:一般/大人2500円 高校生以下1000円
    会員/大人2000円 高校生以下500円
主催・問い合わせ 鹿島市民生涯学習・文化振興財団0954-63-2138
A4たて [玉川奈々福・三遊亭王楽]3稿-表.jpgA4たて [玉川奈々福・三遊亭王楽]3稿-裏.jpg
☆落語の王楽さんとご一緒させていただくのは、初めてです。鹿島市は、うちの師匠の初舞台の場所でもあります。

16日(日)第十回高円寺演芸まつり 座・高円寺寄席「講談、浪曲たっぷり」@座・高円寺2 13:00〜
出演:神田愛山、玉川奈々福(曲師:沢村豊子)、神田鯉栄、玉川太福(曲師:玉川みね子)
木戸銭:3000円(中学生以下1000円 全席指定)
予約:座・高円寺チケットボックス 03-3223-7330
☆高円寺演芸まつり、横眼で見ながら、お声かからないな〜と思ってたら、始めてお声がけいただきました。しかも講談浪曲という企画で。愛山先生にお会いできる〜!

18日(火)しのばず寄席特別興行「立川談四楼 玉川奈々福二人会」@上野広小路亭18:00〜
出演:立川談四楼(落語)2席
   玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村美舟)
前売り:2000円 当日:2500円
予約問い合わせ:上野広小路亭 03-3833-1789( 10:00 〜 17:00)
☆毎年お声がけいただいている、談四楼師匠との二人会です!

19日(水)ガチンコ浪曲講座@カメリアプラザ
☆募集を締め切っております。

21日(金)玉川奈々福独演会「奈々福とっておき」@道楽亭19:00〜
開口一番:玉川奈みほ
そのつぎ:玉川奈々福(2席 曲師:沢村豊子)
木戸銭:予約2500円 当日3000円(別途ウチアゲ3500円)
予約:info@dourakutei.com 03-6457-8366
☆道楽亭さんは十周年だそうです。どれだけ落語をはじめとする演芸ブームに貢献していただいたかと思います。一緒に道楽亭さんを祝いましょう。「とっておき」だなんて勝手なタイトルつけて、勝手にチラシ作っちゃう席亭だけどさ。

28日(金)いたばし子ども劇場@板橋区立成増アクトホール19:00〜
(東武東上線「成増駅」/地下鉄有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」)
詳細はこちらに。

29日(土)第十一回伊丹十三賞受賞記念 玉川奈々福キネマ&ライブ@東庄町公民館大ホール14:00〜→延期になりました。
田島空監督作品「噂の玉川奈々福 キネマ更紗」上映
田島空+玉川奈々福 トーク
玉川太福一席(曲師:玉川みね子)
玉川奈々福一席(曲師:沢村豊子)
入場無料全席自由 
☆天保水滸伝の舞台であり、奈々福が観光大使を務める千葉県東庄町が、受賞記念の会を開いてくれることになりました。
田島監督のドキュメンタリー映画の上映と、奈々福、太福の一席ずつ。
東京からもぜひともご参加くださいませ!!!


そして、3月早耳情報

3月1日(日)「芸能開闢古事記」@島根県民会館ホール14:00〜
出演:安田登一座
ヲノサトル(音楽)
山下昇平(美術)
いとうせいこう(俳優・小説家)
藤原佳奈(演劇家)
玉川奈々福(浪曲師)
実験道場(ダンスパフォーマンス)
森山雅之(太鼓)
川上彩子(笙)
天籟の会
地元小中学生(公募ダンサー)
 深野神楽保存会
前売り:2000円 高校生以下1500円
当日:2500円 高校生以下2000円
問い合わせ:島根県民会館チケットセンター 0852-22-5556

3月4日(水)浪曲定席木馬亭50周年記念公演@浅草・木馬亭12:15〜
まだメンバーは決まっておりませんが、50周年という記念の年で、お席亭からのご指名にて、奈々福、トリをとらせていただく予定です。いっぱいにしたいの。よろしくね、よろしくね。

3月10日(火)11日(水)伊東四朗トークライブ「あたシ・シストリー」@北沢タウンホール
出演:伊東四朗
口演・進行:玉川奈々福
ゲスト:3月10日(火)夜の部18:30〜 沢口靖子
    3月11日(水)昼の部13:00〜 ナイツ
    3月11日(水)夜の部16:30〜 春風亭昇太
チケット発売2020/02/02(ニン!)
チケット料金:全席指定6500円(税込み)
問い合わせ:チケットスペース 03-3234-9999 チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスでも取り扱います。
☆伊東四朗さんのトークライブの進行役! いまお芝居で、小倉久寛さんやラサール石井さん、SETの皆さんとご一緒していますが、皆さん伊東さんに深い敬意を抱かれているのを感じます。「伊東さんこそ、人間国宝にすべきだ!」と小倉さん。下町生まれの江戸っ子、お小さい頃から映画・実演を山ほど見てこられた伊東さんの、トークライブ、必聴!

そしてそして!
「奈々福、独演。――銀座でうなる、銀座がうなるvol.2 浪花節で二十五年記念の会」

3月21日(土)「惚れた思いに命を賭けて!」(16:30開場 17:00開演)
古典浪曲「寛永三馬術より 大井川乗り切り」
アレクサンドル・デュマ・フィス原作 奈々福作「椿太夫の恋」
トークゲスト 春風亭昇太(落語家)

3月22日(日)「一途とはかくも貴きことよ!」(12:30開場 13:00開演)
古典浪曲「陸奥間違い」
玉川奈々福作「金魚夢幻」
トークゲスト 伊東四朗(喜劇役者)

於:銀座・観世能楽堂(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下3階)
入場料:全席指定5000円(税込)
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、観世能楽堂でも取り扱いあり。
問い合わせ:ザ・カンパニー 03-3479-2245
omote決定.jpegura決定.jpeg
☆浪曲の世界に足を踏み入れて、四半世紀になるのかと、本当に自分でも驚きます。若手・未熟・まだまだ……と思っていたのに、世間様では中堅・ベテランにように扱われることも多くなり、いやはや。そんなんでいいのか、まだまだ進化できるのではないか、の思いを込めて、二度目の能楽堂に打って出ます。昇太師匠は、浪曲大好きで、今までもうなってもらったことがあります。そして、芸の生き字引、伊東四朗さん。浪花節の栄枯盛衰も横目で見てこられたはず。お話うかがうのが、超楽しみです!
posted by ななふく at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。