プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2019年11月16日

研辰の討たれへの思い。

紅白歌合戦は残念ながらお声がかかりませんでした(笑)。
引き続き、歌手活動も続けますので、応援よろしくお願いしますねんねん。
COCA-17640_H1.jpg

アマゾンはこちら

日本コロムビアの公式サイトはこちら。PVもあります。


さて。
奈々福年内最大の公演まで三週間を切っております。

奈々福版 浪曲 研辰の討たれ〜ひとり忠臣蔵でござる〜
◆日時  2019.12.5(木)19:00開場 19:30開演
◆会場  伝承ホール(渋谷区文化総合センター大和田・6F)
◆出演  玉川奈々福(全2席 曲師:沢村豊子) 
     望月太左衛(邦楽囃子方)三増紋之助(曲独楽)
◆料金  3500円 (全席指定・税込)
研辰オモテ.jpg

これを浪曲にしたいっと熱望したのは、野田版「研辰の討たれ(とぎたつのうたれ)」。
木村錦花作の歌舞伎「研辰の討たれ」を、野田秀樹さんが亡き勘三郎丈のために大幅に加筆して、
勘三郎丈の、襲名披露の演目として上演されました。
それを歌舞伎座で見て、ノックアウトされました。
私が浪曲でやりたかったことは、これだっ!とまで思い込みました。

「逃げる男」の話です。

浪曲は、わりと「建前」をうたい上げます。その代表が、義士伝です。
「忠義」。そこにはもちろん真心もあるのだが、その忠義のために、個人個人は「わたくし」の生き方を諦めていく。
ところが、「研辰」は徹底して、「わたくし」優先の男です。そのために、イヤなことからは徹底的に逃げます。
それ、生き物としては、正しい。
敵討ちをバカにしながら、その敵討ちに巻き込まれていく男。

勘三郎丈の研辰は、ものすごく魅力的でした。
それが頭から離れない、到底かなうわけはないけれど、でも。
積年の思いをようやく実現させます。
「建前」である義士伝一席と、「アンチ仇討」「反義士」「わたくし」である「研辰」を演じます。
研辰、50分ある!
ををを。しかも、邦楽囃子方の望月太左衛先生に小鼓を入れていただく斬新演出。
二席の合間に、助太刀として、三増紋之助師に、曲独楽もご披露いただきます!

そうそう演じられるネタではないので、
ぜひこの機会に聞いてくださいませ。

こちらが主催者サイト。
http://www.rakugo-atto-za.jp/pg002.html
ご予約は、らくご@座(03-3911-5015)まで、お早めに!!!
posted by ななふく at 00:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。