プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2019年07月18日

刀剣雷武って、いったいどういう公演なの???

29日(月)に「刀剣雷武、渋谷降臨。〜相州伝、そして福岡一文字〜」というイベントを、渋谷の東京カルチャーカルチャーにて、行います。

6月19日に出した新曲二曲のうち、一曲。「刀剣歌謡浪曲 舞いよ舞え」。
これは、玉川の家に受け継がれている「天保水滸伝」という物語の主人公の一人である、剣豪・平手造酒の歌です。
正確にいえば、平手が持っていた、後鳥羽院御番鍛冶福岡一文字という名刀、この名刀の目線で描いた歌です。

平手造酒は、神田お玉が池、北辰一刀流の千葉周作道場で、師匠をしのぐ腕といわれたが、お酒の上で身を滅ぼした剣豪です。

後鳥羽上皇は、武家政治を廃することと、刀剣技術の向上を意図して、全国の刀工を招集して名刀を制作させました。
こちら、参考サイト。
https://meitou.info/index.php/%E5%BE%A1%E7%95%AA%E9%8D%9B%E5%86%B6

この御番鍛冶のなかの、備州伝の名刀が福岡一文字。なぜ平手のような浪人がこんな名刀を持っていたのか。
それを質問したときに、明瞭に答えてくださったのが、刀鍛冶の川崎晶平さんでした。
安田登先生の寺子屋のご縁から、埼玉県にある工房の見学をさせていただきました。
若手の子たちと一緒に、刀の見方、工房見学、また、本身による試し切りをさせていただきました。
IMG_7983.jpgIMG_7985.jpg

その川崎さんに、ご出演いただき、刀のご説明をいただきます。もちろん、真剣を見ながら。
川崎さんの刀剣は、相州伝の流れですが、その違いも含めてご講義いただきます。
会場となる東京カルチャーカルチャーは、大きなスクリーンが背後にあり、手持ちの接写カメラで、刃紋の美しさも映す予定です。

そして、剣といえば、それを振るう場面があるわけですが、その剣の扱いの美しさ、鋭さを追求しているのが、殺陣の人たち。
前から、SNS上で気になっていた殺陣集団がありました。「剣の輪会」。
だってこの人たち、可笑しい。黒澤明の「椿三十郎」の、有名な殺陣シーン(三船と仲代の、例のヤツね)、のコピーとかしているんです。
再生回数すごい。
https://twitter.com/search?q=%E6%A4%BF%E4%B8%89%E5%8D%81%E9%83%8E%E3%80%80%E6%AE%BA%E9%99%A3&src=typd
先日、お稽古風景を見に行きましたが、すごい迫力でした。見事でした。

この日、私は刀剣関連の浪曲を演じます。剣の道にかかわる物語。

というわけで、「刀剣歌謡浪曲」を軸に据えながら、刀剣の歴史を縦軸に、刀剣そのものが動く、踊るさまを横軸に、そして武道にまつわる物語を聞いてもらい、日本の刀剣文化をとことん楽しんじゃおうという企画です。

いや、これ、レアですよ。

当日の段取り。
まず殺陣。
そのあと、殺陣について、剣の輪会主宰の脇坂さんと奈々福の短いトーク。
そのあと、浪曲一席。
中入り休憩を頂戴し(ここで東京カルチャーカルチャーのおいしいドリンクやおつまみを堪能していただき)
お待ちかね、川ア刀匠による、日本刀講座。
最後に、刀剣歌謡浪曲。
この啖呵部分に、剣の輪会の殺陣が入るという。
脇坂さん、平手造酒を演じるのに、燃えておられます。わくわく。

ちょっとチラシがわかりにくかったのかな。反応が鈍いんですが、この機をのがして、別の機会はまずないと思うので。
ぜひともと思い、詳しい説明をさせていただきました。

チケットは、こちらの東京カルカルのサイトから、チケットぴあ、イープラス、peatixに飛んで購入できます。
また、ななふく本舗でも、当日取り置きで、ご予約承ります(tamamiho55@yahoo.co.jp)

ぜひぜひ、来てね。かならずね。
刀剣雷武.jpg刀剣雷武裏.jpg


posted by ななふく at 12:40| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。