プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2019年07月05日

8月の予定です!

1日(木)半蔵門にてクローズの会。

3日(土)玉川奈々福のおはようライブ ほとばしる浪花節!@木馬亭10:30〜
出演 玉川奈々福「阿武松緑之助」曲師 沢村豊子
木戸銭500円(朝一番の笑顔付き❗)
ご予約不要
47.jpg

3日(土)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:天中軒景友、木村勝千代、花渡家ちとせ、玉川奈々福〜仲入り〜東家一太郎、神田紅佳(講談)、港家小柳丸、東家浦太郎
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
8月木馬亭.jpg

4日(日)FMおだわら「HO-for CHILDREN〜未来の設計図」出演19:00〜20:00(再放送11日同じ時間)
☆おしゃべりして、お歌うたって、ひとっぷしうなりました。パソコンでも聞いていただけます!

4日(日)なんでイマドキ浪曲師? 浪曲とはなにか@NHK文化センター青山教室13:30〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
☆NHKカルチャーセンターにて浪曲講義をします。浪曲の歴史、仕組み、修業のこと、曲師の役割……もちろん浪曲も一席申し上げます。
受講料:会員3931円 一般4611円


5日(月)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:港家小そめ、国本はる乃、木村勝千代、玉川奈々福〜仲入り〜玉川太福、神田あおい(講談)、澤順子、三門柳
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
☆太福さん以外全員女性。黒一点(笑)。

6日(火)京都 ドミニク・チェンさんの会にて、安田登先生と「夢十夜」

8日(木)都内某所にてナレーション録り。

9日(金)浅草にてクローズの会

10日(土)11日(日)「刀剣歌謡浪曲 舞いよ舞え」リリース記念 玉川奈々福と行く 千葉・天保水滸伝の里めぐりツアー
☆「天保水滸伝」の舞台となった土地をめぐるツアーを再度開催します。今回は初日に飯岡助五郎の地元、飯岡をめぐります。座頭市顕彰会である「いちさん会」の主催で、「飯岡助五郎の義侠」を一席聞いていただく浪曲会もあり(もちろんここで「刀剣歌謡浪曲」も歌うのですが)。夜は、笹川繁蔵の地元笹川で、東庄町特産のポークにかぶりつくポーク&ビア祭に参加。翌日早朝は、平手造酒が斬り死にした諏訪神社境内で毎夏行われる、出羽ノ海部屋の夏合宿の見学(御嶽海に会えるかな!?)、そして笹川の史跡巡り(平手の墓、繁蔵の碑、記念会訪問など)をして、鹿島神宮参拝というコースです。キャンセルが出て若干名お申込み可能なようです。まずは、旅行社に電話かFAXでお申込みいただき、振り込んでいただいた時点でご予約完了となります。
0001-1.jpg


13日(火)毎週通うは浪曲火曜亭!@日本浪曲協会広間19:00〜
出演:玉川奈々福 港家小そめ(曲師:沢村豊子)
火曜亭6-8.jpg
☆名披露目したばかりの小そめさん。こういうお披露目のあとの芸人というのは、伸びるんです。見どきです。楽しい茶話会つき。
木戸銭:1500円(茶菓付)

15日(木)NHK-FM浪曲十八番 生誕100年国友忠特集 国友忠「前原伊助」(曲師:沢村豊子)
☆豊子師匠とご一緒に、おしゃべりで出演いたします。

15日(木)三越前名人会@お江戸日本橋亭18:00〜
出演:快楽亭ブラック、玉川奈々福(曲師:沢村豊子)、鈴々舎馬るこ、柳家小せん
木戸銭:3000円
☆やっとブラック師匠方面から連絡がきて、概要はわかりました。そういうことだそうです。よろしくお願いいたします。

18日(日)FMおだわら「HO-for CHILDREN〜未来の設計図」出演19:00〜20:00(再放送25日同じ時間)
☆番組のなかで新曲が流れるほか、吉川正夫さんのピアノで「朝日楼」歌ってます。

22日(木)浪曲浮かれナイト 清き流れの玉川姉弟会@らくごカフェ19:00〜
出演:玉川奈々福 玉川太福(曲師:玉川みね子)
満員御礼(キャンセル待ち受け付けております)
らくごカフェ:03−6268−9818

25日(日)「奈々福・勝千代二人会〜二人で読む河内山」@上野広小路亭13:00〜
奈々福「上州屋玄関先」曲師:沢村豊子
勝千代「松江侯玄関先」曲師:沢村美舟
奈々福「河内山と直侍」曲師:沢村豊子
勝千代「三千歳廓抜け」曲師:沢村美舟
木戸銭:予約1500円 当日2000円
上野広小路亭:03-3833-1789 日本浪曲協会:03-3844-1611 
ななふく本舗でも承ります。tamamiho55@yahoo.co.jp
8月広小路亭.jpg

25日(日)三遊亭兼好独演会「浜辺の兼好」@横浜・にぎわい座18:00〜
出演:三遊亭兼好
ゲスト:神田阿久鯉(講談)玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村豊子)
全席指定:3600円
予約問合せ:横浜にぎわい座

27日(火)〜29日(木)浪曲映画〜情念の美学in関西
関西1.jpg関西2.jpg
27日(火)@京都みなみ会館13:30〜
浪曲「仙台の鬼夫婦 ロングバージョン」(曲師:沢村さくら)→映画「影を斬る」(1963年 池広一夫監督作品。主演:市川雷蔵 瑳峨美智子。まさに「仙台の鬼夫婦」を映画化した浪曲映画)

27日(火)@京都みなみ会館19:00〜
浪曲映画「次郎長三国志 勢揃い清水港」(1953年 マキノ雅弘監督作品 主演:小堀明男 森繁久弥 廣澤虎造)→浪曲「清水次郎長伝より 石松金比羅代参」

28日(水)@大阪・シネヌーヴォ20:00〜
浪曲映画「世紀は笑ふ」(1941年 マキノ正博監督作品 主演:杉狂兒 広沢虎造 虎造御大の実人生の出世譚と合わせた、友情物語。こんなモダンな映画が戦中に撮られていたとは!)→浪曲「清水次郎長伝 よりお民の度胸」(曲師:沢村さくら)

29日(木)@元町映画館13:30〜
浪曲映画「炎のごとく」(1961年 加藤泰監督作品 主演:菅原文太 倍賞美津子 飯干晃一「会津の小鉄」を映画化)→浪曲「金魚夢幻」(曲師:沢村さくら)
関西3.jpg関西4.jpg

鑑賞料金:2500円(浪曲+映画)統一
チケットは、各映画館の電話、サイトにお問い合わせください。
☆いよいよ浪曲映画企画が、関西にもまわります。東京でかからなかった「影を斬る」(まんま、仙台の鬼夫婦ですから!)と、会津の小鉄の物語を加藤泰監督が撮られた大作「炎のごとく」。楽しみだなあ。関西公演の曲師はさくらさんにお願いしております。

【そしてそして奈々福今年後半の最大の公演!】9月14日(土)奈々福なないろvol.2「銭形平次捕物控 雪の精 長編浪曲一挙口演の会」@亀戸駅前カメリアホール14:00〜
今年の「なないろ」はコラボ公演ではなく、長編浪曲にしました。「雪の精」50分×2席の、長丁場。ミステリー浪曲でもあり、冬の夜の切ない物語を、豊子師匠と二人で渾身で演じます。
カメリアホール 03-5626-2121 インターネット予約あり 現状、奈々福手持ちのほうが前方中央のよいお席ご用意できます。チケット持ち歩いております。
銭形オモテ.jpg銭形裏.jpg

毎月七日 アプリ版ぴあ「奈々福の浪花節的ココロ」更新
WEB論座にて「ななふく浪曲旅日記」連載中。
posted by ななふく at 13:41| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。