プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2019年04月06日

『チベット・ケサル大王伝 最後の語り部たち』のこと。

ご紹介したい映画があります。
とくに、一昨年から昨年にかけて開催した奈々福の「語り芸パースペクティブ」にご参加くださった皆様、またご興味を持ってくださった皆様には、ぜひお薦めしたい映画です。
大谷寿一監督作品「チベット・ケサル大王伝 最後の語り部たち」
4月12日から25日まで、アップリンク吉祥寺で公開されます。https://joji.uplink.co.jp/movie/2019/1656

昨年、5月下旬から7月上旬まで、文化庁文化交流使として中欧、中央アジアを公演旅行した中で、キルギスの伝承語り芸「マナス」のことをブログに書きました。http://tamamiho55.seesaa.net/article/460310838.html
マナスは、キルギスの英雄・マナスとその子孫たちのことを描いた、世界最長ともいわれる長編叙事詩で、それを語る語り部たちがいまもキルギスには、います。
しかもこのマナスは、いわゆる「神授型」の語り芸。
つまり、ある日、夢のお告げを受けた子が、教わってもいないのに、その長編叙事詩を、トランス状態になっていきなり語りだす。
それを、キルギスの首都ビシュケクにて、実に、目の前で見ました。

チベットを中心とした中央アジアに広く伝わっているのが、「ケサル大王伝」という英雄伝。
そしてこちらも、世界最長の叙事詩、と、言われている(笑)。
この「ケサル大王伝」も本来は、語りで伝えられてきて、語り部たちはマナスと同じく「神授型」なのです。
ある日、白い象の出てくる夢を見て、具合が悪くなる。
一週間寝込んで、快復したあかつきには、文盲のはずの牧童が、いきなり長編の英雄伝を語りだす。
全員ではありませんが、神授型の語り部が今現在も、いるそうです。

彼らがいるのは、チベット自治区のラサではない。中国は、青海省(アムド)、四川省(カム)の東チベットと呼ばれる地域。
チベットの僧の焼身自殺が相次いでいる報をご存知の方もおられるかと思いますが、この地域のチベット仏教僧がとても多いのだそうです。
この東チベットに10年以上通い、当地の語り部たちを取材した大谷寿一さんの作品が、この映画です。
「標高4300mの高原に響きわたる、ケサル大王の叙事詩。その“語り部“として生きる若き文盲の牧童は、夢に現れた山神からのお告げを受けて“語り“を始めたと言う。しかし、人々を魅了するこの語りが、中国語に馴染んだ若者には通じにくくなってきている。」

自然環境や、それとともにあった遊牧生活。その中で受け継がれてきた語りは、中国政府の施策による定住化や、チベット地域の開発もあり、語り部が少なくなり、いまいる人たちが「最後の語り部」になるのではないかと言われています。
貴重な語りを聴けます。そしてチベットの美しい風景。アムドの夏の競馬の風景には興奮した。これが曲垣平九郎の「敵がくれ」なのではないかっ!?と超興奮した超絶馬術が映ってました。大変貴重な記録です。奈々福は16日の上映後のトークに登壇します。
予告編はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=W5EBxwejDck&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1Wu2B61oYee8UzVLDYvgYBF2Y--WbdqGQwfGgihfGIJUXt2kFInKIkiKw
ぜひ。

posted by ななふく at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。