プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2019年01月14日

「SWITCHインタビュー 達人達」が放映になります。

……あすこに坐ってるのは、周防正行監督じゃないかなあ。
去年の5月初め、木馬亭での上方落語の吉坊さんとの二人会。開演直前に、私は必ず客席をチェックします。
客席の半ばに、映画監督の周防正行さんと思しきお姿が。
「吉坊さん、お知り合いですか?」「いいえ」

その翌々日。下北沢で、木村万里さん主催の「渦」という寄席に出ました。
客席に、やはり周防さんのお姿が。
「何故?」

5月末から7月上旬まで奈々福は海外に出ておりましたが、
帰国後の舞台の、客席にも周防さんのお姿がありました。
一回じゃなかった。
そして同時に、NHKの「SWITCHインタビュー達人達」という番組への出演依頼が届いたのでした。
周防さんが、奈々福との対談を、望んでおられる、と。
び、び、びっくり!!!

周防さんは、いま、新作映画の制作中です。今年12月封切り予定の「カツベン!」。日本の映画史の中で、まだトーキーが生まれる前、「活動弁士」たちが活躍した時代の物語。その取材のために、周辺の芸能を見て回っておられたときに、浪曲に出会われたそうです。
最初に見たのは、弟弟子の「地べたの二人〜おかず交換」。
「浪曲」に抱いていたイメージがぶち破られたそうです。いまの浪曲はこんなことになっていたのか!?
そこから、浪曲に興味をいだいて聞きまくられたそうです。奈々福の舞台も何度も見ていただき(なぜか当初は新作ばかりにぶつかったそうで)。話したいと希望されたとのこと。

とはいえ、事前に会って話してしまうことは禁止!
初めまして、で対談できるように、一切事前にはお話ししませんでした。
ただ、互いの仕事の現場に行く、ということはあったので(周防さんはすでに何度も来てくださっていましたが)、周防さんのいま撮っておられる撮影現場を二度ほど訪問させていただきました。福島ロケ現場と、滋賀県のロケ現場。
でも、そこでも「しゃべっちゃダメ」(笑)。ほんのちょっと、ご挨拶のみ。
それでも、互いに聞きたいこと話したいことたまっているので、ご挨拶しながらつい話してしまうのを、スタッフに止められました(笑)。
その一瞬が映ってるんじゃないかなあ。

そして、いよいよ対談の日。木馬亭に周防さん来てくださいました。
奈々福、周防さん歓迎の節うなる。
で、周防さんに、ちょいと演台前に立ってもらって豊子師匠の三味線で……。

えっと、こっから先は本編見てくださいね。

1月19日(土)22時〜@NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」周防正行(映画監督)×玉川奈々福(浪曲師)
再放送 1月26日予定

http://www4.nhk.or.jp/switch-int/

posted by ななふく at 00:15| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Switchインタビュー達人達拝見しましたよ❗️
とても貴重なお話を聞けて嬉しかったです。
また横浜で浪曲が聞きたいなぁって思っています。
Posted by 野口裕子 at 2019年04月30日 11:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。