プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年10月22日

学校で、浪曲。

ときどき、学校で浪曲というお話をいただきます。
私の場合、いわゆる「学校寄席」に顔付けていただいたことはなくて、
単独で、浪曲実演してくださいとか、ときには、ワークショップを含めてやってくれないか、
というお話が多いのです。

今までに、小学校も中学校も高校も大学も行きました。
東京近郊のこともあるし、地方のこともあります。
学校によって、地域によって、クラスによって、人数によって、様相は毎回全然、全然、違う。

こないだは山形の高校で650人入った体育館で二時間、古典と新作二演題とおしゃべりでした。
つい先日は、静岡県の小学校で、六年生の、午後の二時限をつかって、浪曲実演とワークショップ。
一校は50人。もう一校は100人。
今週は埼玉の小学校と中学校に行きます。300人くらいだそうです。
一時間いただいているけど、一時間じゃあ、短いなあ。

子どもは、もっとも手ごわい観客です。
浪曲会に来てくれるお客さんは、聴こうという意思をもって足を運んでくださる。
良かった悪かったの評価は別として、聴きたい意思はある。
子どもにはその動機が、基本、ない。

だから二時間、基本閉じてる心身を開いてお腹いっぱい浪曲を楽しんでもらうに至るまでには、
腕力を使います。
声も脳みそも知力も気力も、振り絞る。
いろいろおしゃべりして、子どもたちに質問してしゃべってもらって、
実演も聞いてもらって、声出してもらって、最後には、短い浪曲を実演してもらう。
へとへとになるんだけれど、そうして子供たちがみるみる変わっていくのを見るのは、何より面白い。
静岡の小学校で、校長先生がおっしゃいました。
「あんな生き生きしている子どもたちは、通常の授業では見ない。子どもたちを開いてくださってありがとうございました」。

教育環境が、厳しくなってきているんだろうなあというのは、感じます。
とある中学校に行ったときには、私が舞台に上がろうという直前、先生が生徒たちに
「お前ら、笑うなよ!」と大きな声で怒鳴った。
生徒も凍りついただろうが、私も凍りついた。
これから、「浪曲シンデレラ」やって、おもいっきしゆるんで笑って開いてもらおうってときに!!!

これは子どもの話ではないんですが、私が出会った女性。
大事な伴侶を亡くされ、悲しみのあまり、本を読むこともできなくなってしまったとおっしゃっていました。
ふとしたことから、私の浪曲を聞いてくださるようになり、物語に身を浸すことで、ちょっと元気になる、と言ってくださった。
まだ長編は無理だけれど、少しずつ本が読めるようになってきた、と。
身体に困難を抱えているお客様から、奈々福の浪曲を聞くと、元気になる、薬より効く、と言っていただいたこともあります。
聞いてくださる方が元気になってくれるのなら、私はそのためにどんなにか身を尽くすぞ、そのために浪曲を全力でやるぞ。
私自身、師匠が亡くなったときに、浪曲を聞くことさえいやになって、これは浪曲続けられないかとさえ思ったのに、
自分自身が浪曲を演じ、浪曲の物語に身を浸すことで、少しずつ救われたのです。

きっと、物語には、心身を再生させる力があるんです。

そういう時間を、子どもたちに過ごしてほしい。想像の世界に心を遊ばせる時間をすごしてほしい。
どうかのびやかに、どうかのびやかに……。

学校に行く仕事。いっぱいしたいなあ、と思う、今日この頃なのでありました。

呼んでくださる方法はさまざまで、
各県の文化財団のアウトリーチ事業だったり、
学校のOB会の主催だったり、
地元の篤志家の方々のお力だったりします。

ちなみに、学校がお金を負担しないでも、芸人を呼ぶことのできるシステムがあります。
文化庁の、「文化芸術による子どもの育成事業」。
実際にこれを使って毎年呼んでくださっている学校もあります。
書類書く手間はありますけれど。
http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/kodomo/
学校の、お気持ちある先生に届きますように。

来月は学校、ないなあ。
再来月は九州の小学校に行く。
行くよーーーー!
posted by ななふく at 00:17| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10〜20年くらい前にNHKでようこそ先輩とか言った番組があって、国本武春さんが小学生に浪曲体験授業をやっていたのを覚えている。
たしか、心が動くものを探そう、とか課題を出して、優しそうな男の子が校庭で葉っぱを拾って、元の木から一枚だけ離れて落ちて悲しいだろう、と感想を小さな声で言ったら、武春さんがそれを、嗚呼!悲しいなあぁ!と浪曲の啖呵で応じて、という場面を覚えている。
子どもたちに力を与えるいい授業だと感じた。
今、調べたら 2003年12月 の放送で もっと泣こう!もっと笑おう!浪花節だよ人生は というタイトルでした。 今の浪曲師の皆さんにも期待しています。 私も色んな人に浪曲を紹介したい。
Posted by 大友です at 2018年10月22日 22:44
子どもたちが物語に心を浸すことで、元気になってくれるような、そんな時間を持てたらなあとおもいます。そうそう、武春師匠、やっておられましたね。
Posted by ななふく at 2018年10月26日 01:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。