プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年08月17日

「奈々福なないろ」……浪曲をはばたかせたい!

帰国以来、豊子師匠が超ご機嫌です。
機嫌悪いことを、ちょっと予想していたのです(一か月半もアタシを放置するなんて! と怒ってもしかたない状況)。
奈々福がかえってくるまでに、三味線も撥も調整しておくのだと、みね子師匠を駆り出して、三味線屋さんに行ったり、撥屋さんに行ったり、
……いない間に、いったいいくら使っちゃったんだか、私ははらはらしているのですが、
帰ってきたら奈々ちゃんを弾くのだと、いろいろ準備して待っていてくれたその気持ちに、もう、泣きます。
先日、一席弾いてもらったと、ふっとお師匠さんが言いました。
「アンタを弾くのは、やっぱり面白いよ」
名人であり、私を育ててくれた人でもあるお師匠さんに、そんなこと言われたら、もう、もう、冥利です。

つくづく、一人の芸ではないこと、そして譜面のない即興性を命とするところが、浪曲の醍醐味であり、困難でもあります。

浪曲という芸は、なんというか、ちょっと乱暴な言い方かもしれませんけれど、
精巧に組み立てる細工のようなものではなく(そういう浪曲もあります。それを否定しませんし、大好きです!)、
その場その場の偶然性によってくるくると色の変わる、つむじ風のようなものではないか、という気が、最近はしています。
外国で浪曲をやって、その場によって、自分がくるくる変わってしまうことに驚き、感興が乗ったときにぐわん、とドライブがかかるのを何度も感じながら、その意を強くしました。

この浪曲というものの、くるくる色の変わる不思議さを、企画意図にできないだろうか。

「奈々福なないろ」。新しい会を始めます。

浪曲の会ですが、浪曲をさらに自由にはばたかせ、その可能性や、見せ方の方法を広げることを意図した会です。
毎年恒例の、亀戸のカメリアホール公演を、今年からこの企画で開催していこうと考えております。

初回は、「傀儡師(くぐつ)と奈々福」。
人形師の百鬼ゆめひなさんを迎えて、人形と浪曲で、一つの世界を描く試みをしてみたいと思います。つまり、人形浄瑠璃のような形式を、文楽人形ではなく、ゆめひなさんの等身大人形で、義太夫節ではなく、浪曲でやってみようということです。

人形を扱う傀儡師(くぐつ)は、原初の芸能のひとつです。浪曲ともども、社会の底辺から生まれた芸能同士です。
ゆめひなさんのサイトはこちら。人形がとにかく、魅力的です。全部彼女自身による手作りです。

ゆめひなさんとは今までに、泉鏡花の「海神別荘」「天守物語」、小泉八雲「雪女」、夏目漱石「夢十夜」……など、さまざまな舞台をご一緒してきましたが、今回はアレクサンドル・デュマ・フィスの「椿姫」を翻案した、奈々福オリジナル浪曲「椿太夫の恋」を、ゆめひな人形が演じ、奈々福が、うなります。
そして、今回の見もののひとつは、情念世界を舞う人形に、譜面もなしに、その場面の感情・感覚で音をつけていく、名人・沢村豊子の三味線。浪曲の節に合わせるのではなく、人形の舞に、即興で三味線をつけていくのです。
場面の感情を感じて、それがそのまま三味線の手になっていく、なんていうことは、豊子師匠だからできることです。

そのほかに、通常の形での浪曲、またゆめひなさんのオリジナル作品もあります。

ぜひ、見ていただきたいと思います。チケットは、奈々福手持ちでいいお席がまだまだ残っております。
どこかでつかまえて、チケットゲットしてくださいませ。

「奈々福なないろvol.1」〜傀儡師(くぐつ)と奈々福〜

プログラム
開口一番 天中軒景友(曲師:沢村美舟)
浪曲 玉川奈々福「おたのしみ」(曲師:沢村豊子)
ゲストコーナー 百鬼ゆめひな(オリジナル作品)
〜仲入り〜
コラボ演目「椿太夫の恋」(人形:百鬼ゆめひな 浪曲:玉川奈々福 三味線:沢村豊子)
奈々福なないろ表.jpg奈々福なないろ裏.jpg


2018年9月15日(土)
13:30開場 14:00開演
入場料・全席指定 前売3000円 当日3500円
於:亀戸 カメリアホール(JR総武線で秋葉原から4駅8分「亀戸」駅下車 北口徒歩2分)




posted by ななふく at 00:35| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お帰りぃ。港家華柳丸(私的には好みではない)を聴いていたら、どんな人なのかググっていたら、注目できるようなものが2件だけアップされてきました。そしたら、ここが一軒。あとは、あの「違▼カセット」を売っていた親父のところで数百本も買ってしまった人のブログでした。そのうちまた。
Posted by マックス at 2018年08月18日 11:41
マックスさん、ご無沙汰です!無事帰国しました。
Posted by ななふく at 2018年08月22日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。