プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年07月29日

沢村豊子一代記。

あれは、中国地方での旅で、公演先へ移動する、ローカル線の鈍行電車の中でだった、ように記憶しています。
「アンタはさ、姜さんや、安さんたちと、仲良しだろ?」と、突然、豊子師匠が言いだしたのです。
その言い方が、いつものたわいないおしゃべりとはちょっと違う感じだったので、な、なにを言い出すんだと、ぎょっとしました。

姜さんは、作家の姜信子さん。
2005年に私が初出演した「ナミイと唄えば」(本橋成一監督作品)という映画の原作者で、以来、深いお付き合いが続いている、私にとっては盟友のような人。
安さんは、パンソリ唱者の安聖民さん。姜さんの紹介で、2012年に出会いました。
パンソリは韓国の語り芸。パンソリは半島で育ち、浪曲は列島で育った、ともに相方の鳴り物と二人で物語をつむぐ、姉妹のような芸。
知り合ったとき、ちょうど初めてのヘイトデモが新大久保で行われていた。
私たちは、芸でそれを乗り越えようね、つながっていようねと、それ以来、毎年一緒に公演をしている、
彼女もやはり私の大事な友人です。

「アンタがさ、姜さんや、安さんと仲良くしてて、ああ、奈々ちゃんは、大丈夫なんだなって思ったんだよ」
え、お師匠さん、大丈夫って、なにが?
――芸の世界には、在日の方々はたくさんいらっしゃいます。豊子師匠は、十一歳で入門して以来、浪曲の幕内にいて、さまざまな場面や、人の感情を見てきたのでしょう。私には、なんでもかんでもぱあぱあしゃべるお師匠さんが……私はちょっと身構えました。

「韓国っていうところに、行きたいんだよ。アンタ、連れてってくれないかなあ」
お師匠さん、どういうこと?
「アタシのお父さん、話したことあるだろ?」
うん。
――福岡で生まれて、佐賀で育った豊子師匠のお父さんは、もと節劇(浪曲と大衆演劇が合わさったもので、特に九州である時期まで盛んでした)専門の浪曲師でした。声があんまりよかったから、友達から妬まれて、お茶に水銀入れられたことで声が止まってしまって、浪曲廃業して、行商の呉服屋さんになった、とお師匠さんからきいていました。
お師匠さん、そのお父さんだよね?
「そうだよ。お父さんの友達で、やっぱり浪曲師だったキムさんていう人がいたんだよ。お父さんと兄弟みたいに仲良くしていて、私にとってはもう一人のお父さんみたいな人なんだよ。でもね、故郷に帰れなくて死んじゃったんだよ。キムさんの故郷に、アタシ、行きたいんだよ」
そこから、うわああああああああっと、堰を切ったようにあふれでた豊子師匠の思い出話。入門する前の話だから、70年近く、お師匠さん、だれにも言わずに秘めてきたのです。正直、仰天した。くらっくらした。というか、これを、話せると思う相手が、70年間、いなかったのか……。
「年のせいかねえ。キムさんのことがやたらと思い出されて、キムさんの代わりに、キムさんの故郷へ行ってあげたいんだよ」
……えらい宿題をもらったものだ。
私はこれを、盟友・姜信子に相談しました。姜信子はぽんと胸を叩いた。どういう苦労をしてくれたのか、彼女は私に言わないけれど、手を尽くして、韓国はソウルでの仕事をつくってくれました。なおかつ! 豊子師匠のほそぼそとした記憶や情報から、キムさんの故郷を、なんと、探し当ててくれた!
そうして、2015年の12月、私とお師匠さんと姜さんは一緒に韓国に行き、ソウルで公演をし、ソウルよりずっと南にあったキムさんの故郷を訪ねたのです。
ああ、一つの思いを遂げた、お師匠さん、よかったねと、ほっと顔を見合わせて、帰国の途につく直前に、私たちのもとに届いたのが、
武春師匠の訃報だった……。
武春師匠が亡くなったんだよ、ということを、私からお師匠さんに伝えられてよかったと思う。
そこにいてあげられたから。
そのときのお師匠さんの顔、忘れられない。

胸に刻むっていうのは、深い痛みを伴うことです。この旅に至るまでのことと、旅が終わるまでのことは、私の胸に深く刻まれています。

その前から、姜信子さんとは、一緒に公演旅行を何度もしていました。旅をするとき、つねに豊子師匠のそばにいて、ずうっと豊子師匠の話を聞いてくれていました。この韓国旅行のことがあってから、これは豊子師匠の中にうずもれている話が、きっともっともっとあるに違いないと、姜さんは豊子師匠のもとに通い、それこそ膨大な時間をかけて、豊子師匠の話を聞いてくれました。

そうして書き上げた、聞き書き。
本にまとまりました。
タイトルは『現代説経集』。
え、沢村豊子一代記じゃないの?
いえ、豊子師匠一代記も入っています。写真もたくさん入って。
姜さんは、名もない声を拾う人です。権力者の声は増幅され喧伝され、名もないものたちの声は奪われる。それは、現代の状況を見ても、よくわかります。
名もない声を拾って、語り継いできたのが、浪花節のご先祖たち。たとえは説経節、祭文。
そして、姜さんも、それを聞くことで、拾いあつめる人。
その現代の説経たらんと、編んだ本のなかに、かなりの文量で、「沢村豊子一代記」が入っています。
奈々福と豊子師匠の出会いも、姜さんと安さんと奈々福の出会いも。

豊子師匠ファンの方々にぜひとも読んでいただきたい。
ただ、私はこれを冷静には読めないのです。

姜信子「現代説経集」
https://www.amazon.co.jp/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%AA%AC%E6%95%99%E9%9B%86-%E5%A7%9C-%E4%BF%A1%E5%AD%90/dp/4906791808/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1532869053&sr=8-1&keywords=%E5%A7%9C%E4%BF%A1%E5%AD%90
posted by ななふく at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。