プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2017年06月25日

えらいぞ私の喉。

今月は旅が多い月です。
月ハナから、那須、静岡、小山、近江、京都、そしてこの週末の銚子東庄という旅を終えて、いまさっき帰宅しました。
明日からは今月最後の旅、青森一泊二日。
その間に、吉坊さんとの二人会「みちゆき」、語り芸パースぺクティブの「説経祭文、ごぜ唄」、西本願寺で「親鸞聖人御伝記」、能狂言オペラダンスなどのコラボレーションで世界最古の神話を上演する「イナンナの冥界下り」など、ハードルの高いお仕事がいくつか重なりました。

月末に喬太郎師匠をうならせるためだけに作った新作ネタおろしを控えて、
いまだ気を抜ける状況ではありませんが。

吉坊さんとのみちゆきは、三回目にして、ようやく、なんとなく、二人馴染んだ気がしました。
語り芸パースペクティブは超絶面白かった。惜しむらくは鼎談の時間短すぎ。説経の本地モノの解説を八太夫師匠にしてほしかったんだけれどなあ。
西本願寺公演は、満杯のお客様で、背にご本尊、前にご門徒という緊張状態でしたが「親鸞聖人」楽しかった。ご注文でつくった新作ですが、これはご門徒さん以外の場所でもできるのではないかと、横浜の独演会でもかけてみました。……どうかな、イケるかな?
そして、「イナンナの冥界下り」。重量級の経験でした。

古代編は、能、狂言、オペラ、ヒップホップ、電子音楽のコラボ。いままでに上演したさまざまな「イナンナ」の集大成的な感じです。最も能的であったのではないかと思います。驚いたのは、同じ舞台の上で初めて聞いた太鼓の激しさ。心身が打たれる気がしつつ、感動的でした。
能舞台というのは、音が舞台の中でまわるようなつくりになっており、舞台上で聞く音は、客席で聞く音と全然違います。笛と太鼓に打たれていると、音に誘われてココロがあくがれいずる……ということがあるような気がしました。
未来編は、イナンナ役にアムスを中心に世界的に活躍するダンサー・湯浅永麻さんをお迎えし、「イナンナ」と非常にシンクロする、いとうせいこうさんの近未来小説「親愛なる」をモチーフに使わせていただきつつの形。湯浅さんの踊りに度肝を抜かれました。人形であり、弥勒菩薩であり、グレゴールザムザ!!!
……見なかった方には、わけ、わかりませんよね。見た方は、わかっていただけると思います。
そしてヲノサトルさんが加工してくださった奈々福のロボ声。
なにより私にとって大きな経験であったことは、声から感情を排せ、と言われたこと。
情を語るのが、浪曲師、だぜっ!!! 情を排せ、だとう???
そして、舞台にいながら微動だにせず、存在感を消しているようにしなければならなかったこと。
……やってみました。「音」として声を出してみました。そしてみじろぎせずにいたので、股関節がおかしくなりました。
舞台の上には、舞う永麻さん以外は、安田先生、奥津さん、杉澤先生、太鼓の大川さん、お笛の槻宅さん……能楽師の方ばかり。そういう訓練受けてないの、奈々福だけ。
命じる安田先生もいい度胸なら、やっちゃうこっちも、いい度胸です。
しかし、超・面白かったぞ!!!
さあ、ヨーロッパへ。来年2月欧州公演です。

そして、本日帰宅して、ひとこと。

よく持ったぞ、気力体力、そして、私の喉!

「イナンナの冥界下り」本番当日、稽古3時間+本番3時間。
前日には独演会があり、そのあとイナンナの稽古だった。
この舞台では声の出し方が浪曲と全然違い、本番終わった時点で声がれしてました。
翌24日は早朝に家を出て銚子で浪曲一席含む一時間半の講演→東庄で二席の独演会。
そして今日は、南海先生との二人会で、二席。

本日はゆっくり湯につかって、ネタさらいながら寝ましょう。
明日も朝早くから八戸に出発、中学校で浪曲です。ワークショップつき。

青森で新ネタ、覚える!




posted by ななふく at 20:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック