プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2017年06月06日

7月の予定!!!

暫定ですが更新しておきます。

1日(土)『佛道と藝道〜佐々井秀嶺 with 玉川奈々福』@新宿角筈区民ホール 3F 19:00〜
出演:佐々井秀嶺(僧侶) 玉川奈々福(浪曲師 曲師:沢村豊子) 司会:高山龍智(僧侶)
全席自由:3000円 ご予約は以下サイトより https://tiget.net/events/11544
仏道芸道.jpg
☆インド仏教最長老であり、一億人の信者を率いる最高指導者である佐々井秀嶺師は、もと浪曲師です。その方と、奈々福の邂逅。長いこと、お説教を拝聴したいと願っていたところ、昨年突然のご縁で、師が木馬亭を訪問くださり、浪曲を聞いてくださいました。そこからのご縁で、この会が実現しました。浪曲を演じるほか、師の説教、また対談があります。仏道と芸道……いや、光栄すぎるというか、超楽しみというか、超怖いというか……心臓ばくばくものの企画です。

今から五十年以上前、浪曲を愛したひとりの青年僧が日本を飛び出した。その人の名は、佐々井秀嶺(1935年生まれ)…。みずからを「世紀の苦悩児」と呼ぶ彼の生きざまは、まさに破天荒。恋に苦しみ人生に悩み、自殺未遂三回、放浪の果てに転がり込んだ寺に拾われ、やがて僧侶の道を志す。1965年、師匠山本秀順の薦めでタイへ留学、二年間の修行を経て仏教の故国インドへ渡り、かの国でヒンドゥー教による差別に苦しむ民衆、いわゆる「不可触民」と出会う。1987年インド国籍取得。2009年に帰国するまでただの一度も日本の土を踏まず、インド最下層民衆の解放と仏教改宗運動に身を捧げて、現在に至る。そんな彼を今も支えているのは、日本庶民の心・浪花節。自身も青年時代に東屋流浪曲を学んだ佐々井は、2016年来日の際、東京浅草の木馬亭にて「浪曲界のシンデレラ」こと玉川奈々福と邂逅。

3日(月)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:富士実子 港家小ゆき 玉川奈々福 浜乃一舟(仲入り)澤惠子 神田松之丞(講談)天津ひずる 澤孝子(出演順)
全席自由2000円(25歳以下半額)
☆この日の曲師は美舟さんです。「奈々福さん、7月も一緒ね♡」一舟師は、奈々福を奥さんにしてくださるそうです。楽屋におられるともうお話が楽しくて!!!そして三味線も節もおしみなく教えてくださいます。

4日(火)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:国本はる乃 木村勝千代 玉川奈々福 大利根勝子(仲入り)東家一太郎 田辺銀冶 玉川こう福 東家浦太郎(出演順)
全席自由2000円(25歳以下半額)
☆この日の曲師は豊子師匠です。勝子師匠とご一緒! 嬉しい。

7日(金)明治大学にて天中軒雲月師の曲師

8日(土)「曲師・玉川祐子95歳! 今日も元気に」@道楽亭13:00〜
出演:玉川祐子 玉川奈々福 港家小ゆき(曲師:玉川祐子 玉川みね子)
木戸銭:3000円 ご予約は道楽亭:03―6457―8366
☆浪曲界最長老曲師は本年御年95歳ですが、信じられない元気さとチャーミングさ!今回は祐子師匠が、弾き、歌い、うなり、漫才をします。漫才の相方は玉川奈々福、奈々福と小ゆきも一席ずつ。トークあり、座興ありの95歳のリ・サ・イ・タ・ル。見逃せません
祐子師匠の会.jpg

8日(土)「玉川奈々福がたずねる語り芸パースペクティブ番外編 ■浪曲とパンソリ■」@日本橋社会教育会館19:30〜
出演:浪曲:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
パンソリ: 安聖民(アン ソンミン 鼓手:李昌燮(リ チャンソプ)
道案内人:姜信子(きょうのぶこ/カン シンジャ)
木戸銭:前売3000円・当日3500円 ※全席自由
ご予約:道楽亭 03―6457―8366
☆日本の語り芸最新モデル【浪曲】、韓国を代表する語り芸【パンソリ】かたや三味線、かたや太鼓。音を相手に物語を語る、姉妹のような二つの芸。
列島の浪曲、半島のパンソリ、
地べたに立って、低きところから声をあげ、物語を歌い語る「声」たち。
今年の奈々福渾身企画「語り芸パースぺクティブ」の番外編として開催します。
浪曲パンソリ表2.png浪曲パンソリ裏 (2).png

10日(月)浪曲日本橋亭「夏の浪曲女子会スペシャル!」@お江戸日本橋亭13:00〜
出演:国本はる乃「真柄のお秀」玉川奈々福「浪曲シンデレラ」富士琴美「お里沢市物語」三門柳「一本刀土俵入り」
木戸銭:予約1500円 当日2000円
予約:日本浪曲協会 03-3844-1611
auto-QD61I1.gif

11日(火)九段某所でクローズドの会

15日(土)渋谷らくご@ユーロライブ14:00〜
詳細はこちらにアップされる予定です。
http://eurolive.jp/shiburaku
当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円
前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円
5枚回数券(6か月間有効/窓口でのみ販売)大人10,000円/学生7,500円/会員9,000円
ご予約・お問い合わせ:ユーロライブhttp://eurolive.jp/shiburaku

18日(火)半蔵門でクローズドの会

22日(土)鶴川落語会「権太楼たっぷり!その三with奈々福」@和光大学ポプリホール鶴川(小田急線鶴川駅徒歩3分)13:30〜
出演:柳家権太楼 玉川奈々福(浪曲)曲師:沢村豊子
一般:前売3200円 当日3500円 学生:前売1200円 当日1500円
予約:090-9974-0972 tsururaku@yahoo.co.jp
☆権太楼師匠とご一緒! 緊張……でも嬉しい。頑張ります。

23日(日)兼好∞シーズンII @スタジオフォー(都電荒川線新庚申塚駅徒歩3分)15時〜
出演:三遊亭兼好 玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
料金:前売3,000円 当日3,500円 ご予約:rakugoen3355@yahoo.co.jp
兼好奈々福.jpg
☆兼好師匠とご一緒させていただくのは、六年前、武春師匠が病気で倒れられ代演することになった国立小劇場の企画以来かと思います。とても楽しみで嬉しいです。このチラシの切り絵、兼好師匠おんみずからですよっ!びっくりしました。

28日(金)NHK東西浪曲大会@イイノホール(東京都千代田区内幸町2−1−1)18:00〜
出演:京山幸枝若、国本はる乃、澤孝子、玉川太福、天中軒雲月(五十音順)
【コーナー出演】 玉川奈々福 ほか
入場は無料ですが、入場整理券が必要です。
郵便往復はがき(私製を除く)の
【往信用裏面】に、郵便番号・住所・名前・電話番号
【返信用表面】に、郵便番号・住所・名前
を明記してお申し込みください。平成29年7月5日(水)【必着】
※「往信用裏面」と「返信用表面」には同一の郵便番号・住所・名前をご記入ください。
https://pid.nhk.or.jp/event/sp/PPG0301782/index.html
☆今年もNHK東西浪曲大会を開催していただきます。奈々福は今年もバラエティコーナーの企画台本司会です。これから頑張って台本書きます。
posted by ななふく at 23:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5月半ばに転勤してきました。久しぶりに7月にどこかでお目に掛りたいと思います。浅草か? 既になんたらカケスの土産を用意しております。
Posted by マックス at 2017年06月13日 19:49
マックスさん メールください。
Posted by ななふく at 2017年06月20日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック