プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2017年03月30日

5月の予定!

5月、びっくりするほど暇です。そういえば去年も5月、ぎょっとするほど空いたなあ。
去年は慌てたが、ま、そんなこともこの先もあろう。
実演一本で暮す浪曲師。そんな稼業なんです。
というわけで、したかったこといろいろ、その間にしようと思います。
愛しの廣陵先生をお招きする、語り芸パースペクティブ第二回「節談説教の会」もあるし。

3日(祝) 浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:富士実子 東家孝太郎 玉川奈々福 大利根勝子〜仲入り〜木村勝千代 神田鯉栄(講談) 三門柳 富士路子
入場料:2000円(25歳以下半額)
☆GWです! 定席もイケイケです。お休みの日ですから、みなさん、いっぱい来てくださいね。
おお、この日は関東節が三本も入る。青葉若葉に風薫る季節にさっぱりさわやかな関東節もよいものです。
5月定席2.gif

5日(金・祝) 浪曲定席木馬亭 特別企画 福太郎没後十年玉川一門会@木馬亭12:15〜
出演:玉川太福 ぶん福 奈々福 こう福〜仲入り〜「音源コーナー」 福助 イエス玉川
入場料:2000円(25歳以下半額)
☆私の師匠、二代目玉川福太郎が急逝して今月で丸十年が経ちます。素晴らしい声節でお客様を魅了し、弟子を育て、 誰からも愛された浪曲師を、弟子一同総出演+福太郎の兄弟子・イエス玉川でしのびます。イエス玉川がトリを務めるほか、福太郎の音源を聞く特別コーナー「よみがえる福太郎 傑作音源さわり集」(ご案内役 奈々福・太福)を特別に設けます。木馬亭を、師匠への思いでいっぱいにしたい。生前を知っている方にも、ご存じない方にも、うちの師匠の魅力をお伝えしたいと思います。どうかいらしてください。
5月定席.png

9日(火) 毎週通うは浪曲火曜亭!@日本浪曲協会広間19:00〜
出演:玉川奈々福 富士実子(曲師:沢村美舟)
木戸銭:1500円(お茶お菓子つき)
☆武春師匠の発案で始まった「毎週通うは浪曲火曜亭!」が、5月で5周年になります。人気が上昇中、お客様増えてます。仕事帰りに一時間、二席軽く浪曲を聞いて、そのあと演者を交えた茶話会でおしゃべりして、というスタイルが、気楽で親しみやすくていいのかなとおもっております。沢村美舟、この日、火曜亭デビューです。
火曜亭.gif

13日(土) もー吉ライブだ浪花節 福太郎没後10年!@神楽坂・もー吉18:00〜
出演:玉川奈々福 玉川太福(曲師:玉川みね子)
木戸銭:6000円(食事+飲み放題つき)
申し込み:もー吉 03-5261-2128
☆師匠・福太郎は山形県人です。飯田橋の山形料理の店もー吉でのライブは、師匠生前に始まりまして、今回で十二回目になります。この場所で聞いた師匠の超絶「最上川舟唄」、忘れがたい。今年もみね子師匠と弟弟子と頑張ります。どうぞ宴会ご一緒に!
2017-03-30 もー吉ライブ 001.jpg

16日(火)渋谷らくご@ユーロライブ 20:00〜
出演:詳細未定。追ってアップします。シブラクの曲師は美舟ちゃんです。
こちらのサイトに、掲載予定です。http://eurolive.jp/shibuya-rakugo/

21日(日)第九回祖父江省念忌説教大会@名古屋・有隣寺
☆浄土真宗有隣寺さんは、節談説教の第一人者であられた祖父江省念先生のお寺。祖父江先生のことは、小沢昭一さんの「日本の放浪芸 節談説教」でご存じの方もおられるかと思います。先生は平成8年にお亡くなりになり、お寺はお孫さんであられる佳乃さんが住職として継いでおられます。そこで行われる説教大会に、浪曲を入れていただくことになりました。大変光栄です。このお寺さんには、お説教をききに、小沢さんを始め、桂米朝師匠、枝雀師匠、永六輔さん等も通われたとうかがっています。なんと奈々福、初・名古屋で公演。朝から大会は開かれていて、奈々福は13時ごろ予定。三味線は豊子師匠。どなたでもご来場いただけるそうです。

23日(火)【緊急企画につき大拡散希望】5月23日(火)「沢村家のおんなたち」@木馬亭19:00〜 
沢村さくらの写真展があります。撮ったのは写真家の小林正明さん。「日日是浪曲 曲師・さくらの世界」@キャノンギャラリー銀座(18日〜24日)その開催を記念して、こんな会を企画しました。
題して「沢村家のおんなたち」。
浪曲を支える曲師。その道は険しく長い。それを生きる三人の女たち……
そして、彼女らに支えられ、手のひらの上で転がされる、浪曲師たち。
さくらが美舟を鍛え、豊子が奔放にトークし、たぶんわたくしといえども制御不能になるでしょう。
関西から、隼人くん参戦!
曲師陣:沢村豊子(曲師歴69年) 沢村さくら(曲師歴15年) 沢村美舟(曲師歴1年ちょい)
浪曲師:玉川奈々福(豊子の手のひらで15年)真山隼人(さくらの手のひらで1年ちょい)
木戸銭:全席自由3000円 予約:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp
緊急企画.jpg

26日(金)奈々福がたずねる語り芸パースペクティブ 第二回節談説教@カメリアホール19:00〜
出演:廣陵兼純(説教師・満覚寺住職) 釈徹宗(相愛大学教授 如来寺住職)
ご案内役:玉川奈々福
☆4月から始まる、今年の奈々福のメイン企画です。全11回で、いま聞きうる語り芸の第一人者の実演を聞き、なおかつ、その芸のことについてうかがう企画。
第二回から、一つ一つの芸能に斬り込んでいきますが、今回は芸能といっちゃいけないんです。「お説教」。
芸ではありません。でも浄土真宗のこのお説教が、なんと浪曲に似ていることか。
落語、講談、浪曲の母胎となったもので、廣陵先生はその第一人者の説教師でいらっしゃいます。
齢八十歳でいらっしゃいますが、すんばらしいお声! 
そして、能登弁で語られるお説教の、なんとあたたかくオカシクやわらかく、人の心をほどくものであるか。
日本の、語りの、こころがまさにここにあると思っています。しみじみと、拝聴したい。
そして、それについて最良の解説をしてくださるのが、釈徹宗先生です。
語り芸の歴史についても大変造詣が深くいらっしゃる先生のお話も大変楽しみ。
私としては、この企画を自分でできることが、もうくらくらするほど嬉しく、一人でも多くの方に聞いていただきたいのです。なんという贅沢!!!
入場料:3000円(全席指定) 予約問合せ:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp

28日(日)浪曲広小路亭「二人で読む慶安太平記」@上野広小路亭13:00〜
出演:玉川奈々福「牧野の駒攻め」
 木村勝千代「善達京上り」
 〜仲入り〜
 木村勝千代「吉田の焼き討ち」
 玉川奈々福「善達三島宿」
木戸銭:予約1500円 当日2000円
予約:日本浪曲協会 03-3844-1611(受付時間:10時〜19時) info@rokyoku.or.jp
☆由井正雪の乱を扱った「慶安太平記」も、「天保六花撰」にならぶ、木村派の御家芸です。私は初代木村重友の末弟子でいらした国友忠先生からいただいて二席もっています。そして、木村派の勝千代さんも、二席もっておられるので、じゃあ、連続読みをやろうか、と。これは珍しい企画です。とんでも人物活躍伝です。
http://rokyoku.or.jp/index.php?%E5%BA%83%E5%B0%8F%E8%B7%AF%E4%BA%AD
posted by ななふく at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック