プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2017年02月28日

語り芸パースペクティブ個別回のことと、節談説教の会のこと。

「語り芸パースペクティブ」、多数のご予約を頂戴いたしまして、本当にありがとうございます。
チラシにて、第一期の個別回の予約開始を三月一日と記しましたが、
すでに通年パスポートのご予約多数、現在キャンセル待ちもかなりの数にのぼっており、個別回のご予約はいただけない状況になっております。
ご了承ください。

唯一、これからご参加いただけますのが、第二回の節談説教の会です。
この回のみ、ホール開催ですので、定員が400! まだまだ余裕がある状況です。

何故この会のみ、ホール開催か、ということについては、この日のblogに書きました。
ぜひとも、貴重な機会に、廣陵先生のお説教と釈先生の解説を聞いてくださいませ。
すべての語り芸の母胎です。

これにつきましては、間もなく3月1日より予約開始をいたします。
以下の段取りになります。
●必ず、メールにてお申し込みくださいませ。
●お客様の、お名前・ご住所・メルアド・お電話番号をお書き添えいただき、お申し込みください。
●ななふく本舗からの返信にて、お振込み方法を申し上げます。すみやかに代金をお振込みくださいませ。
●入金確認にてご予約確定になります。確認後、4月上旬に、指定席券を郵送させていただきます。お申し込み順に前方の席を按配して送らせていただきます。
どうかよろしくおねがいいたします。


posted by ななふく at 23:55| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒゲのたけです。
今回の話題とは関係ありませんが悪しからず。
ご無沙汰,昨年12月,国立小劇場(文楽)の客席で挨拶させて頂きました。
昨日2月28日のラジオ,ニッポン放送「あさラジ」のリスナーのコーナーで姐さんの御名を耳にして驚きました。五七調の流麗な文章を,パーソナリティが楽しそうに読むのを,心地良く聞きました。あの時間帯は通勤時にかかるので,雑音が多いため,録音して夕食時に聞いています。そのため,一日遅れになりまして失礼。
残念なことは,パーソナリティ始め周りの人は姐さんのことをご存じでなかったということです。高田先生ならすぐ反応したのにね。
Posted by ひげのたけ at 2017年03月01日 12:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック