プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2017年02月06日

今年の渾身企画発表。奈々福の語り芸パースペクティブ!

今年の奈々福のメイン企画を発表します。この企画は、仕込みが大変でした。

玉川奈々福がたずねる「語り芸パースペクティブ」〜この国の物語曼荼羅 全11回〜

伝統芸能の、ふしぎなほどに多い国。なかでもとりわけ、「語り芸」の多い国。
視覚優位の現代で、聴く力、想像する力を要する芸が、
日本ではかほど多様に受け継がれ、現代に生きています。
今聞きうる語り芸の、第一人者をお招きし、実演を聞きつつ、
それぞれの芸がどのような土壌から生まれ、どんな特色を持ち、
担ったのは、享受したのはどういう人々であるのかを伺い、
多様な語り芸それぞれの特質を、浮かび上がらせようと思います。
通して聞くことで、「語り」が担ってきたものを見渡し、
未来を考え、この国の芸能の土壌の豊かさを実感していただきたいと思います。
奈々福は、通年で聞き手を務めます。
ぜひ通年でご参加ください(パスポート割引あり)。

第一期 日本芸能総論、節談説教、説経祭文、ごぜ唄
日本芸能総論      篠田正浩(映画監督)             2017年4月17日(月)
節談説教        廣陵兼純(説教師・満覚寺住職)釈徹宗(相愛大学教授)5月26日(金)
説経祭文+ごぜ唄     渡部八太夫(説経祭文)・萱森直子(ごぜ唄)     6月14日(水)

第二期 義太夫節、講談、女流義太夫、能
義太夫節      豊竹呂勢太夫(人形浄瑠璃文楽太夫)・鶴澤藤蔵(三味線) 8月15日(火)
講談        神田愛山(講談師・東京)旭堂南海(講談師・上方)    8月25日(金)
女流義太夫     竹本駒之助(義太夫・人間国宝)鶴澤寛也(義太夫三味線)9月26日(火)
能楽        安田登(下掛宝生流ワキ方)槻宅聡(森田流笛方)     10月30日(月)

第三期 上方落語 江戸落語、浪曲、そして語りの芸の来し方、これから
上方落語       桂九雀(上方落語)小佐田定雄(落語作家)       11月15日(水)
浪曲         澤孝子(浪曲師 曲師:佐藤貴美江)稲田和浩(浪曲作家)12月18日(月)
江戸落語は「語り芸」か?  三遊亭萬橘(落語家)和田尚久(演芸研究家)   2018年1月29日(月)
語りの芸の来し方、これから 安田登(能楽師)×いとうせいこう(作家)    2018年2月19日(月)

場所:カメリアプラザ和室(江東区亀戸 カメリアプラザ6F 定員60名)
   第二回のみ、カメリアホール(江東区亀戸 カメリアプラザ3F 定員400名)
開演時間:各回とも19時開演
料金:通年パスポート30000円(11回分) 各回参加 3000円(第二回以外は自由席)
2月15日より、通年申し込み開始。
3月1日より、第一期各回予約開始(通年で満員になった場合は、お断りする場合もございます)
6月1日より、第二期各回予約開始
9月1日より、第三期各回予約開始 
予約問合せ:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867

……というのが企画概要です。
この間、いろんな方にお会いしてお話をうかがいましたが、
こんなに語り芸の種類が多く、消えずにのこっていて、
しかも多くの芸人が国に保護されず実演収入で生きていて……って、こんな国、
世界のどこにもないそうです。
ということは、その芸人たちを聞いてお金を払い、芸を支える観客がいる。
驚きの国の驚きの実態を、芸能史ごと、掘り起こします。
も〜こんなすごい方々を個人主催で呼べちゃうことが嬉しくってしょうがないっ!!!
これは、好きな回を一回選んで聞く企画じゃないです。
全回、聞きに来て下さい。

とりあえず、第一期の内容説明です。

第一回 日本芸能総論(にほんげいのうそうろん)
各論に移る前に、総論です。篠田正浩監督登場。
この方をお呼びできることを誇りに思います。
監督の『河原者ノススメ―死穢と修羅の記憶』『路上の義経』拝読して、仰天しました。
トンデモナイ本です。すごい芸能論です。網野善彦さんを読んで以来の衝撃でした。
日本の芸能の始原から見渡しつつ発する「芸能とは何か?」という監督の問いを、この国の「語り芸」はどのようなところから起こったのか、という部分にしぼり(いや、たぶんしぼれないと思いますが)、縦横に語っていただきます。
篠田正浩(しのだ まさひろ)
1931年岐阜県生まれ。53年早稲田大学文学部卒業と同時に松竹撮影所に入社。60年、「恋の片道切符」で初監督。大島渚、吉田喜重らとともに松竹ヌーベル・バーグと呼ばれる前衛的な名作品を次々発表。「心中天網島」「沈黙」「はなれ瞽女おりん」「瀬戸内少年野球団」「鍵の権三」などで受賞多数。著書に『河原者のススメ』『路上の義経』等がある。

第二回 節談説教(ふしだんせっきょう)
超アコガレの、廣陵兼純先生をお呼びできる! 
その喜びに、奈々福はこの回のみ、カメリアホール(キャパ400人)を押さえちゃいました(無謀)。
奈々福が過去聞いた中で最高の声節、そして、語り芸としての愛嬌、あたたかみ、懐の深さ……素敵な素敵な廣陵先生を、
一人でも多くの方に聞いていただきたいです。解説は最強の、釈徹宗先生。この回は、奈々福聞き手にならなくても盤石。
節談説教とは
浄土真宗独自の言葉で、高座の説教師が、話す文句(説教)に抑揚(フシ)とリズムを付けて、法話をするものである。こういった布教の形は古くはインドや中国でも見られ、日本でも布教伝来と共に行われたと考えられ、講談、落語、浪曲などの演芸につながった。これを行う説教師は、昭和期においてなお、寺をめぐり旅しながら浄土真宗の教えを説いて回った。
廣陵兼純(ひろおか けんじゅん)
1937年石川県輪島市生まれ。浄土真宗大谷派満覚寺住職。1960年から昭和の大名人範淨文雄師に5年間随行。1965年、師の死去にともない独立。以後全国を布教して今日に至る。節談説教の第一人者であり、能登節の貴重な伝承者である。
釈徹宗(しゃく てっしゅう)
1961年大阪生まれ、浄土真宗本願寺派 如来寺第19世住職、相愛大学人文学部教授(比較宗教学)。NPO法人リライフ代表として、認知症高齢者のためのグループホーム『むつみ庵』、ケアプランセンターも運営する。『死では終わらない物語について書こうと思う』など、著書多数。

第三回 説経祭文(せっきょうさいもん)瞽女唄(ごぜうた)
大変貴重な回になります。江戸初期に一度絶えた説経節、江戸後期に説経祭文として再生し、それが浪花節の源流ともなりましたが、昭和にやはり衰退、それを研究しつつ再興を試みられる八太夫師匠と、ごぜ唄継承者の萱森直子さんにご登壇いただきます。
説経祭文とは
その源流は、室町の頃より語りつがれてきた「説経節」にある。 だが、説経節は江戸初期に衰退、 代わって山伏姿の辻芸人が法螺貝や錫杖を片手に「祭文」 として語るようになる。江戸後期、 その山伏祭文に薩摩若太夫が三味線を合わせ寄席芸「説経祭文」として再生。主な演目は「山椒太夫」「 小栗判官」「信徳丸」「葛の葉」「刈萱」等。先の大戦を境に衰え、 1960年代に断絶。それから30年後、渡部八太夫により再生の取り組みが始まる。
渡部八太夫(わたなべ はちたゆう)
東京生まれ。小学校教員として東京の地芝居「二宮歌舞伎」の復活に関わり、子供歌舞伎創設のために邦楽(長唄、義太夫、説経節)の道に入る。 1997 年「小栗判官一代記」で初舞台。2005 年薩摩派説経節家元十三代目若太夫を襲名。 2011 年 文弥人形 猿八座の座付き太夫となる。現在は、古説経、古浄瑠璃の復活上演のため、佐渡文弥節を研究するとともに、説経祭文の現代的再生に取り組んでいる。

「越後ごぜうた」とは?
瞽女(ごぜ)と呼ばれた盲目の女性芸人たちがうたい継いできた芸能。飾り気のない荒々しい響きと「目で見る」事に頼らないがゆえの自由さが生み出す「迫力」……越後の地でのみ生き続けてきた民謡やはやり歌などさまざまなジャンルを取り込み、涙も笑いも、縁起担ぎや祝い唄も、何でもありの豊かな娯楽芸だが、その要となるのが「祭文松坂」。長い物語を一定のリズムの三味線に乗せてしみじみと展開してゆく。
萱森 直子(かやもり なおこ)
「最後の瞽女」とよばれ「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」保持者として国から認定された長岡瞽女、故小林ハル(2005年105歳で死去)に師事。
小林ハルの伝えた3種類の節回しで祭文松坂を唄い分けることができる唯一の唄い手であり、師のすすめにより高田瞽女・故杉本シズを通して高田系瞽女唄も習得するなど、広範な演目を伝承。長岡、高田、両系統の瞽女唄を直接伝授された唯一の伝承者でもある。
 
全11回パスポート 料金:30000円(11回分)発売開始2月15日
申し込み方法:玉川奈々福後援会(口座名:玉川奈々福後援会:00190-8-789889)に代金をお振込みいただき、入金後、パスポートを郵送させていただきます。
第一期各回発売開始 3月1日 
予約問合せ:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp 090−7001−6867

まずは、15日から通年パスポートのご予約開始。ご予約お待ちしておりますねーーー!
posted by ななふく at 21:15| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小沢さんが喜んでいると思います。
Posted by マックス at 2017年02月10日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446724737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック