プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2017年02月02日

3月の予定!

3月の予定です。

1日(水)のう、じょぎ、ろう!@すみだトリフォニーホール19:00〜
能:安田登(下掛宝生流ワキ方) 槻宅聡(森田流笛方)「道成寺」の語り、ほか
女義:竹本越孝(浄瑠璃) 鶴澤寛也(三味線)「傾城阿波の鳴門」十郎兵衛住家の段
浪曲:玉川奈々福(浪曲) 沢村豊子(曲師)「仙台の鬼夫婦」
全席指定3000円 
予約問合せ:トリフォニーホールチケットセンター 03-5608-1212 
内容詳細はこちら。
のうじょぎろう.jpg
★一昨年、木馬亭で奈々福企画で開催したものでしたが、すみだトリフォニーホールとご縁をつないでくださる方があり、企画を買って主催してくださり、好評につき再度の公演が決まりました。日本を代表するみっつの語り芸が同じ舞台で聞けるという稀有な公演。最後には、六人並んでの座談会もあります(これが一番好評なのかも。寛也さんが突っ走る予定)。今回のテーマは「おんなの一念」。

2日(木)NHK浪曲十八番放送@NHK−FM11:20〜(再放送は3日午前5:20〜)
玉川奈々福「風説天保水滸伝 飯岡助五郎の義侠」(原作:伊藤桂一 曲師:沢村豊子)
★豊子師匠の放送復帰第一回です。昨年つくった新作を、録音させていただきました。

4日(土)曲師の会@道楽亭14:00〜
出演:玉川奈々福 沢村さくら 真山隼人
木戸銭:予約2500円 当日2800円
予約:道楽亭 03-6457-8366 予約フォームはこちら
曲師の会.jpg
★豊子師匠のお弟子さん、沢村さくらさん。国友先生のところで一緒に厳しい稽古に耐えた修業仲間であり、関西に行ったときにはお世話になってます。そのさくらさんが関西で主催して大好評の「曲師の会」の東京編。浪曲における三味線の妙について解説実演。奈々福も三味線を弾きます。浪曲は、関西の真山隼人くんと奈々福の一席ずつで、いずれも曲師はさくらさんです。

5日(日)玉川奈々福のほとばしる浪花節@大田文化の森ホール16:30〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
大田文化の森運営協議会主催全館イベント
文化祭「はっぱまつり」特別イベント
木戸銭:無料 定員250名
2015年3月「そうだ浪曲に行こう!」で大好評だった奈々福さんの浪曲を、もう一度聴きたいという声にお応えして特別イベントで実施します。浪曲2席とトークコーナー有り

6日(月)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:港家小そめ 東家一太郎 澤惠子 玉川奈々福(仲入り)天中軒涼月 一龍齋春水(講談)大利根勝子 澤孝子(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
木馬亭三月.gif
★3月の定席は、1日に浪花亭友歌が久しぶりの出演、7日が関西から真山隼人・沢村さくらコンビの出演。いろいろ変化があり、楽しみです。奈々福出演日も、いい顔づけ! この日の曲師は沢村美舟です。お待ちしております。

7日(火)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:富士実子 港家小ゆき 玉川ぶん福 富士路子(仲入り)真山隼人 宝井梅福(講談) 玉川奈々福 東家浦太郎
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
★この日の曲師は豊子師匠です。

7日(火)奈々福×吉坊二人会「みちゆき」第二夜「滑稽と狂気が織りなす旅路」@木馬亭19:00〜
出演:玉川奈々福「慶安太平記 善達三島宿」(曲師:沢村豊子)
   桂吉坊「深山隠れ」(お囃子:恩田えり)
濃ゆいトークあり。
木戸銭:予約3000円 当日3500円(全席自由)
予約:おひつじ亭090-3206-5871 akagi@f-1994.co.jp
みちゆき二回.jpg
★上方落語の桂吉坊さんとの二人会、第二夜。濃厚であることは、保証します。善達はあまりやる機会ないけど、かるく三人ほど殺す、破戒僧の話。

8日(水)シャクフシハナシ@代官山晴れたら空に豆まいて@19:00〜
出演:柳家喬太郎(落語)玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村豊子) 一龍齋貞寿(講談)
★喬太郎師匠にお誘いいただきました。宣伝するまでもないかもしれませんご予約お早目に。詳細はこちらを。

10日(金)渋谷らくご@ユーロライブ20:00〜
出演順:瀧川鯉八、柳家ろべえ、玉川奈々福(曲師:沢村美舟)、古今亭文菊
チケット・料金などは右サイトへ。http://eurolive.jp/shiburaku/
★毎度刺激的なシブラク。文菊師匠の前かあ……三番目って難しいんだよなあ。

11日(土)浪曲と古河の地酒を楽しむ会@古河市・料亭和田家18:00〜
出演:玉川奈々福 玉川太福 玉川みね子
★師匠生前より、もう足掛け十五年続く会です。今年の新酒は、種類が増えているそう。楽しみ、たのしみ!!!

12日(日)玉川奈々福 銀座でちょっと浪花節「椿太夫の恋」@銀座コンチェルティーナ
第一部13:30〜
第二部16:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
各回とも全席自由2000円(お飲み物・茶菓子付)20 席限定
予約:TEL: 090-4752-8040 mail@konzertina.jp
コンチェルティーナ.jpg
★クラシック用の小さな美しいサロンで「銀座でちょっと浪花節」も、三回目になりました。今回はお席亭からのリクエストで「椿太夫の恋」。自分からすすんで選ぶ演題ではないのですが、お客様には大変好評みたいなんですよねこのネタ……。

16日(木)春の文化体験プログラム はじめての浪曲@芸能花伝舎
第一部 16:30〜
第二部 19:00〜
講師:玉川奈々福 港家小ゆき 沢村豊子 沢村美舟
各回30名 チラシをご覧ください。
春の文化体験.jpg春の文化体験裏.jpg
★芸団協主催の新宿区の文化講座で、浪曲レクチャーします。小ゆきさんに手つだっていただきます。

23日(木)川柳川柳みんなで祝おう86歳の誕生日@新宿二丁目アイソトープラウンジ19:00〜
出演:川柳川柳 立川左談次 快楽亭ブラック 玉川奈々福(浪曲) 春風亭ぴっかり
木戸銭3500円(全席自由1ドリンクつき)打ち上げ別途3000円
予約問合せ:道楽亭
0323senryu.jpg
★川柳師匠のお誕生日会に、なぜか呼んでいただきました。大変光栄です。ブラック師匠とは超お久しぶりで、嬉しいです。

24日(金)ランチタイム浪曲会@新宿歌舞伎町ハイジア
無料公演です。詳細未定 奈々福1席

25日(土)安田先生と夢十夜 恵比寿にて16時より詳細未定

25日(土)都内某所にてクローズドの会

26日(日)新之助上布展示会にて一席@新御徒町 古民家ギャラリーしあん
★近江の、すばらしいきもの生地・新之助上布。昨年も展示会で一席やらせていただきましたが、近江の師匠が浪曲好きで、今年もご指名いただきました。詳細決まり次第アップします。

28日(火)毎週通うは浪曲火曜亭!@日本浪曲協会広間19:00〜
出演:玉川奈々福 富士綾那
木戸銭:1500円(茶菓つき)
★火曜亭は、5月で5周年を迎えます。発案は、武春師匠です。お客さんも定着し、生の声、レトロで親密な空間で、若手にとってもいい修業の場になっていると思いますし、私も火曜亭は楽しみなのです。茶話会は酒話会と化していますが、それも毎回差し入れくださる方々がいらっしゃるおかげで、和と輪を広げられているとおもっています。

posted by ななふく at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック