プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2017年01月05日

謹賀新年。2月の予定です。

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいいたします。
今日は4日。2日、3日と定席出演、今日も東池袋で、落語講談浪曲と三つの語りを聞いていただくお仕事でした。
今年は、さまざまな角度から勉強しなおす年にしたいと思っております。
2月の予定です。

1日(水)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:富士実子 天中軒涼月 玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 大利根勝子 〜仲入り〜 東家孝太郎 神田紅佳(講談) 富士路子 三門柳(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
★私たちのお城、浅草・木馬亭。この定席が、基本です。定席に、来ていただきたいのです。

2日(木)ガチンコ浪曲講座@カメリアプラザ和室19:00〜(締め切っております)

3日(金)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:富士実子 港家小ゆき 花渡家ちとせ 鳳舞衣子 〜仲入り〜 澤勇人 神田鯉栄(講談) 玉川奈々福(曲師:沢村美舟) 富士路子(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
★25歳以下半額で入る人数が、ここのところ増えています! 

4日(土)玉川奈々福後援会懇親会 
☆後援会員の皆様。ことしもビンゴゲームにすばらしい商品を用意してお待ちしております。ぜひぜひご参加ください。ご参加特典もあります。

7日(火)立川談四楼・玉川奈々福二人会@上野広小路亭18:00〜
出演:立川談四楼(落語) 玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村豊子)2席ずつ
★談四楼師匠からまたお声掛けいただきました。豊子師匠復帰されます。その前に、録音では豊子師匠、復帰しますが。

10日(金)渋谷らくご@ユーロライブ20:00〜
出演:桂三木男、玉川奈々福(曲師:沢村美舟)、立川吉笑、隅田川馬石
★1月がお休みなので、二か月ぶりになるシブラク。毎度、刺激たっぷりの場所です。この日は美舟が弾かせていただきます。

11日(土)都民寄席@江戸東京博物館ホール 13:30〜
出演:澤 勇人『左甚五郎伝 掛川宿』(曲師:佐藤貴美江)
   玉川太福『青龍刀権次 第二話』(曲師:玉川みね子)
   澤 孝子『一本刀土俵入』(曲師:佐藤貴美江)
解説:長井好弘(読売新聞編集委員)
   玉川奈々福『浪花節更紗』(曲師:沢村豊子)
会場:東京都江戸東京博物館ホール(墨田区横網1-4-1 03-3626-9974)       
JR総武線「両国駅」西口から徒歩3分 ◆都営大江戸線「両国駅」A4出口から徒歩1分
料金:入場無料(要事前申込)
申込方法:1月6日(金)(消印有効)までに、往復はがきに@住所 A氏名(ふりがな)・年齢 B電話番号 C希望日時・希望会場 D希望人数(往復はがき1枚に2人まで)を書き、返信はがき宛名面に返信先住所・氏名を記入の上、都民寄席実行委員会(〒160-0023 新宿区西新宿6-12-30芸能花伝舎2階 落語芸術協会内)へ。
※応募はがきは1枚1会場とさせていただきます。
※応募者多数の場合は抽選となります。
※車椅子席、介助犬同伴をご希望の方は、ご来場前に都民寄席実行委員会事務局へご連絡ください。
※未就学児はご入場いただけません。
主催:東京都・公益財団法人東京都歴史文化財団・都民寄席実行委員会
お問い合わせ:都民寄席実行委員会事務局 Tel. 03-5909-3081(公益社団法人落語芸術協会内)
★えらいことです。大汗かいております。トリです。何も申し上げられません。身を尽くします。

12日(日)東京人浪曲会@日本浪曲協会広間 14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)「仙台の鬼夫婦」
   東家一太郎(曲師:東家美)「野狐三次〜木っ端売り」(野口甫堂:脚色)
木戸銭:1500円
★雑誌「東京人」2月号に応募券があります。東京人の応募要項に従って、お申し込みくださいませ。

18日(土)シンポジウム「ご縁」@新宿明治安田生命ホール14:00〜
講師=釋徹宗・玉川奈々福、テーマ=「語りで響き合う仏縁」
「親鸞聖人御伝記」「金魚夢幻」の2席と、釈先生との対談。
14:00〜16:30、新宿明治安田生命ホール、
入場無料、事前申込必要(申込方法は近日公開)、問合せ先=築地本願寺首都圏開教推進部
http://tsukijihongwanji.jp/2017/01/5398?fr=top_info

21日(火)古典芸能公演(能、狂言、浪曲)@広尾・東江寺19:00〜
出演:能チーム 安田登(下掛宝生流ワキ方)、槻宅聡(森田流笛方)詳細は追って。
   狂言チーム 奥津健太郎(能楽師和泉流狂言方)奥津健一郎(子方)
   浪曲チーム 玉川奈々福(曲師:沢村豊子・予定)
木戸銭:3000円 
予約:event@inana.tokyo.jp 080-5520-1133(9時〜20時)
★公演について、安田先生がブログに書いてくださってます。三つの芸が一挙に堪能できる(だいたい同じ舞台に上がることはまずない!)チャンスです!

24日(金)ガチンコ浪曲講座最終回@カメリアプラザ和室19:00〜(締め切っております)

25日(土)沢村豊子おめでとう傘寿&完全復帰の会@木馬亭19:00〜
出演:沢村豊子 玉川奈々福 沢村美舟
木戸銭:予約3000円 当日3500円
予約:ななふく本舗 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
★一時は本当にどうなることかと思った豊子師匠の手首骨折。奈落に突き落とされた気もちでしたが、なんという回復力! 日常生活には支障があるのに、三味線弾くのに支障がない(笑)というところまで現在快復されてまして、定席は3月から復帰ですが、2月から私の仕事は弾いていただきます。というわけで、満を持しての復帰祝いの会。どうか皆様駆け付けて、一生懸命リハビリして再起まで努力されたお師匠さんを祝ってくださいませ。当日は、満80歳のお誕生日でもあります。もちろん三味線弾きますが、おしゃべりも、ご本人のうなりも、とにかく沢村豊子まつりで、お送りいたします。
豊子の会オモテ.jpg豊子の会ウラ.jpg

26日(日)浪曲雪月花@木馬亭12:00〜
出演:天中軒涼月 浪花亭友歌 木村勝千代 玉川奈々福 花渡家ちとせ 国本晴美
木戸銭:予約3500円 当日4000円
★奈々福、チケット持っております。ぜひぜひ、買ってくださいませ。雲月師匠プロデュースの公演です。浪曲を盛り上げたいという師匠の御志に応える会。とっても華やかな顔づけだと思います。久々友歌ちゃんが木馬亭出演。
雪月花.jpg

28日(火)「歌舞伎ゆかりの浪曲と芝居弁当を楽しむ会」@歌舞伎座3F「花籠」18:30〜
出演:玉川奈々福「団十郎と馬の足」ほか1席(曲師:沢村豊子)
料金:6000円(お食事つき) お申し込み 歌舞伎座サービス 03-3545-6820(FAXか郵送でのお申し込みになります。事前振込み制)
主催:歌舞伎座サービス株式会社
★お声掛けいただきまして、歌舞伎座内のお食事処にて、浪曲会です。歌舞伎座こけら落とし当時のお話の浪曲を聞いていただき、召し上がっていただくのが、当時の芝居弁当を再現したもの、という趣向の会です。
歌舞伎座.jpg歌舞伎座裏.jpg
posted by ななふく at 00:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445552907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック