プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年12月31日

私的2016回顧録

毎年、年末には私的回顧録を書くのですが、大みそかの今現在、あまり嬉しく回顧できずにいます。

2年続けた木馬亭での全9回(+番外編の「悲願千人斬の女」一挙口演や「スゴ女流」をまぜれば11回)が、お蔭様で盛況に終わりました。
ご来場賜りましたお客様に心よりお礼申し上げます。
メディアでもいろいろ取り上げていただき、
年末には「東京人」2月号大浪曲特集があり。
舞台数も今までで一番多かったです。
奈々福、勢いづいてるね!と、ありがたく、嬉しいお言葉をかけていただいております。
でも個人的には、なんとツライ一年であったことよ、と思います。
二か月に一度、木馬亭をいっぱいにする、というのも私としては低くないハードルで、その疲れもありますが。
……いろんなことが多すぎました。

でも、通例にならい、今年のおさらい。
覚えた演題。
「英国密航」
「松山鏡」
「亡霊剣法」(伊藤桂一原作 玉川奈々福作)
「助五郎の義侠」(伊藤桂一原作 玉川奈々福作)
「祖師谷大蔵のカネゴン餅」(「小田原の猫餅」のパロディ。奈々福作)
「助六と松鶴屋」(←愛山先生に教えていただきました。二度とやることはないと思いますが)
「赤垣源蔵徳利の別れ」
それ以外に「浪曲百人一首」をきちんと一席まとまったものにしたり、「豊子と奈々福の浪花節更紗」のニューバージョンやったり。

企画公演は8回。
2月「浪曲破天荒列伝番外編」悲願千人斬の女 長編浪曲一挙口演@木馬亭
4月「浪曲スゴ女流!」@木馬亭
6月から12月「ぜんぶ新作。奈々福のほとばしる純情浪曲」全4回@木馬亭
9月「浪曲タイフーン!」@カメリアホール
10月「愛山ゆずりの会」@カメリアプラザ和室

企画公演とは違うけれど、3月に第二回の「天保水滸伝ツアー」を東庄町のご協力のもと開催しました。
また、昨年同様8月から「ガチンコ浪曲講座」全7回を、月イチで続行中。
これは、来年も、同じ形で継続予定です。

語り公演。
お能の安田登先生にお声掛けいただいて、能の語り+仕舞、浪曲の語り+三味線を軸にした伝統芸能のコラボ公演を数多くやらせていただきました。
いまや、私の仕事の中の、一つの柱になっています。
2月「イナンナの冥界下り」@銀座・デザインセンター
3月「海神別荘」@カメリアホール これは面白かった!
4月「イナンナの冥界下り」@竜泉・西徳寺 響きのいいお寺のご本堂で、荘厳な感じでした。
6月「海神別荘」狂言バージョン@二期倶楽部 ヒップホップダンスと能の舞のコラボが超よかった!
9月には銚子で、360度海の見える丘で、安田先生と、P・K・ディックと竹久夢二を語る公演。
10月は漱石没後100年で、「夢十夜」「吾輩は猫である」などを随所で語らせていただきました。
10月「海神別荘」狂言バージョン@王子・北とぴあつつじホール
12月「イナンナの冥界下り」新バージョン@セルリアンタワー能楽堂
コラボといえば、1月に開催した「のう、じょぎ、ろう!」@すみだトリフォニーホールは、好評で来年3月1日にも演題を変えて、再度上演されます。
作家・姜信子さんの企画で、説経祭文の渡部八太夫師匠とも共演。
来年1月7日に、本格的コラボ作品「八百比丘尼」を、馬喰町のART+EATで上演予定です。
人形師の百鬼ゆめひなさんと「椿太夫の恋」を再演。
パンソリの安聖民さんとの公演もありました。

ツアー。
熊本、福岡、佐賀、広島、徳島、松江、静岡、神戸、大阪、仙台、登米……などなど。
2月には中国にも行きました。来年も行く予定!
天満天神繁昌亭には、2月と11月に出演させていただき、とても光栄でした。
本当に勉強になりました。

メディアにも、今までで一番取り上げていただいたと思います。

忘れがたい公演。
大阪心斎橋劇場での、豊子さくら親子会。曲師主催の会で、あんなにあたたかく大盛況になったこと。
また、そこで浦太郎師匠が演じられた「野狐三次」のすごさには、もう、言葉を失いました。
私自身の公演では、小倉充子さんのご縁で、なんと日本橋三越のあの天女像の下で浪曲できたこと。
天保水滸伝ツアーで、岩井滝不動の境内での浪曲。山に向かい、岩に向かって精一杯の声をはる気持ちよさ。
アガリ時間が深夜の三時半だった、サディスティックサーカス@ディファ有明での、早乙女宏美さんとの「黒塚」。

そして、なにより忘れがたいのが、12月7日の「噂の玉川奈々福キネマ更紗」@深川江戸資料館ホール。
二年前の「銭形平次雪の精」の稽古から、ずっとずっと私の動きを、東京のみならず地方の公演まで、カメラを抱えて追い続けてくれた、田島空監督の、膨大な、本当に膨大な記録が、1時間の映画になって、上演されました。
これって、どれだけ大変なことでしょうか。手弁当で、思いだけで。
こんなことをしてもらえる芸人が他にいるだろうか。
田島さんには、ただただ感謝しかありません。
彼女をがっかりさせない、芸人でありたい。
いえいえ、いままでの私を支えてくださった皆様を、がっかりさせないように頑張らなければ、の思いを新たにしております。

武春師匠急逝による代演のプレッシャーから始まった今年は、10月に豊子師匠の手首骨折という大ショックがあり、
その豊子師匠のかわりに入門一年ちょっとの沢村美舟を引っ張って、秋から冬をなんとか乗り切りましたが、
乗り切れたと言っていいのかどうか。
美舟はこの状況下でよく頑張ったと思います。
私はショックから体調を崩し、大舞台に万全で臨めなかったときもあり、忸怩たる思いも残ります。
幸い豊子師匠の経過は順調で、ご本人はとってもお元気で、2月からまた私の三味線を弾いていただく予定です。

嗚呼、修業が、足りん! 
三遊亭円生師の言葉に、芸の道とは、砂山を登るようなものだというような言葉があったと記憶しますが。
ほんとでげすな。
今年も大変、お世話になりました。
どうか来る年も、お付き合いいただきたく
来年はいままでとまったく違う、面白い企画を2月頃に発表します。
よろしくお願い致します。
よいお年をお迎えくださいませ。

奈々福拝



posted by ななふく at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック