プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年12月19日

『東京人』浪曲特集と『銭形』と、豊子師匠の復帰予定!

【ご案内1】雑誌『東京人』12月29日発売2月号は、なんと「浪曲特集!」
雑誌『東京人』。
私も好きで結構買っています。「東京」を題材にした雑誌ですが、全国で買えます。
この雑誌が、なんと86頁に渡る浪曲特集を組んでくださいました。
奈々福は、表紙を飾っており、巻頭で高田文夫先生と10頁に渡り対談させていただいております。
嬉しいやらびっくりするやらです。
29日発売の2月号、930円。
ぜひぜひ本屋さんでごらんいただき、また、こんな企画を組んでくれた『東京人』編集部に一票、
ということで、お買い上げいただければとおもいます。

【ご案内2】激動の二年の総決算企画。
いよいよ、24日(土)「ほとばしる純情浪曲!」最終回、「銭形平次捕物控 雪の精」です。
奈々福が初めてプロデュースというものを経験したのは、師匠・福太郎の「徹底天保水滸伝」全五回(2004年)と「浪曲英雄列伝」全五回(2005年)。
二年間の連続公演、木馬亭が毎回いっぱい、浪曲の可能性を感じた公演でした。
それを、入門20年を期に、自分を看板にやってみようと思った企画です。
昨年が「浪曲破天荒列伝」全5回。そして、今年が4月の「スゴ女流」を挟んで、「ほとばしる純情浪曲」全四回。
二年の間やってきた自主企画の、最終回です。

二時間の大作を弾くのは、豊子師匠の弟子の沢村美舟。
毎日、稽古。二人とも、ただただ精一杯です。
しかし、若いということはすごいこと。
美舟の成長とその勢い。
浪曲の未来を、この子はどんなふうにつくっていくのだろう。
そして、いろんな意味で、激動だった二年間、私自身は相当疲れましたが、それだけ得るものも多かったと思っております。
さて、雪の精、美舟が弾けるか、私が、精一杯演じられるか。
ぜひとも聞き届けていただきたいと思います。
ご来場の方々には、奈々福後援会より、心ばかりのお土産がございます。
お席まだ少しございます。お土産の数にも限りがありますので、お申し込みを!

『奈々福のほとばしる純情浪曲!』最終回「銭形平次捕物控 雪の精」長編浪曲一挙口演
■出演 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
■日時 12月24日(木)18:30開場 19:00開演@浅草 木馬亭
■会場 木馬亭(台東区浅草2-7-5)
■木戸銭:全席自由 前売・予約3000円 当日3500円
■予約 プロジェクト福太郎 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867

【ご案内3】豊子師匠完全復帰の予定!
豊子師匠が手首を骨折されたのが10月6日。まず、日常に支障ない状態までもっていくのに最低三か月、と言われてその覚悟をしてきました。
12日に手術、術後リハビリを開始し、11月2日に退院、毎日リハビリに通っています。
現時点で骨折から約二か月半ですが、日常生活的には、まだまだ支障があります。
コップすらちゃんと持てない。まだ痛みも少し残っています。
が。
なんと、三味線ばんばん弾いてます。
弾くのには一切支障がない。日常困るのに、三味線 困らない。
……こんなことってあるんですね。十日ほど前までは、まだ強く撥をあてるのはこわごわでしたが、いまもう大丈夫です。
ご本人も「以前の撥持った感じと変わらない」と申しております。
心底安心しました。それでも大事をとり、ご復帰を2月ということで相談しております。
もともと2月25日が豊子師匠の満80歳のお誕生日。その日にお祝いの会を木馬亭でしようと計画しておりましたが、これを、豊子師匠の傘寿&完全復帰祝いの会にします。
ご予約を、24日の「銭形」の会から受け付けます。
沢村豊子が、弾く、しゃべる、うなる、とにかく満載でお送りしますので、あのきらびやかな音色と、毎度の天然トークを聞きに、なによりお師匠さんをお祝いしに、来てくださいませ!

『沢村豊子 おめでとう傘寿!&完全復帰の会』
■日時 2月25日(土)18:30開場 19:00開演@浅草 木馬亭
■会場 木馬亭(台東区浅草2-7-5)
■木戸銭:全席自由 前売・予約3000円 当日3500円
■予約 ななふく本舗(年明けより、事務所名を「プロジェクト福太郎」から「ななふく本舗」に改名いたします。連絡先は変わりません) tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867
posted by ななふく at 10:44| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『東京人〜浪曲特集〜』昨日ゲットしました。可もなく不可もなくって感じでした。しかし、浪曲が特集されること自体は良いと思いました。浪曲師に関しては、偏りがある気がしました。春野恵子、菊地まどかはおろか、二代目京山幸枝若が出てこないのは、関東人が編集しているからでしょうかねぇ。四郎若、小園嬢の両師は出ていましたが・・。曲師を取り上げるのは大変いいことですね。あらためて芝清氏の偉大さを思わせられました。
Posted by マックス at 2017年01月24日 11:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445048333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック