プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年12月09日

「噂の玉川奈々福キネマ更紗」上映会が無事に終わって……。

「噂の玉川奈々福キネマ更紗」、たくさんのご来場、ありがとうございました。
終わって、ちょっと呆然としております。
完成品を見たのは、皆さんと一緒、当日の上映でした。
前日に田島監督から来たのは、ナレーションの入っていない、映像だけのもの。
でも、当日見たら、また編集が変わっていた。
で、完成品の、ナレーションがなんと弟弟子だった(これがまた、うまかった)。
映像を見ながら、
これが自分のことなのか、あすこに映ってるのはほんとに自分なのか、
と戸惑い、
こんなとてつもないことをしてもらったお礼を、どう田島監督に言っていいのか、
気持ちが定まらずあわあわしているうちに舞台に出て行ったら、
すっかり豊子師匠にかき回され……。

でも、お客様に、豊子師匠がお元気なのを見ていただいて嬉しかったんですよ!
そして久々にきものを着て舞台に立った豊子師匠が嬉しそうに華やいでいたこと!
お客様の暖かかったこと!

皆様の思いに一番応えることは、ここで美舟をおもいっきり引っ張って、ちゃんと「金魚夢幻」を演じることだ、と、そこだけは頑張り。

一人でも多くの方に見ていただきたいドキュメンタリーだったので、来ていただいてうれしかったです。
本当に激動であった二年、ずっと寄り添ってくれた田島さんの作品、
浪曲というのがどういう芸能であるのかを、わかっていただくのに、最適なものに、きっとなると思っていました。
そして、激動の私たちを見つめる田島さんのまなざしが、とても優しいものであることも、わかっていました。
だから、事前に見ていなくても心配していなかった。
それから、映像をどう切り出すかの腕については、もともと田島さんは映像演出の人、
この映像(https://www.youtube.com/watch?v=FLqBjz4W34g
を見て驚愕し、すんげいっ!と思い、だから万全、信頼してた。
実際、なんとリズミカルで、よどみのないつくりであったことよ。

ただ、私は本人なので客観的には見られません。自分に見えるのは自分の欠点ばかり。
奈々福だらけのこの映画が、本当に喜んでいただけるのかどうか、ほんと、わからなかった。でも、映像見ながら笑ったり涙ぬぐったりしてくださっている皆様の様子に心底ほっとして。
そして、会の中では、田島監督、というか、もう姉のような存在のたじねえに何の感謝も伝えられないままに、私は最後まで呆然として、終わってしまいました。

こんなことをしてもらえる芸人、ほかに、いないだろうと思います。
冥利に尽きるとはこのことなのだと思いつつ、本当に、私のことなんだろうか、という信じられないような気分なのです。
あわあわしてないで、明日からもしっかり地に足つけて、頑張らなければ。

いま、「しまった、見逃した!」って思って居る方、おられますよね。
なんか、他の会場でもできないかなあ。
どなたか、上映会をうちでも、うちでも、って手を挙げていただけませんか?
たじねえと一緒に参りますので。

記念写真ぱちり。
豊子師匠が抱いているのが、田島空監督。とんでもない人です。
キネマ更紗記念写真.jpg
posted by ななふく at 09:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444732503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック