プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年12月07日

銭形平次捕物控 雪の精。

昨年は、「浪曲破天荒列伝」全五回。古典の中の破天荒な人たち。
そして今年、新作浪曲のシリーズ「ほとばしる純情浪曲」を今までに三回。
浪曲の本拠地・木馬亭にて、二年にわたる連続シリーズを開催してきました。

今回がその最終回になります。

「え、浪曲にも新作があるの?」……新作の連続公演は、トライアルなことではありました。
でも、新作という新しい血を巡らせて、浪曲をアップデートしていかないと、という思いもあり。
なにより、私は私の新作が、作品の中の人物たちが、好きなのです。
新作をつくるということは、自分の価値観を訴えることだ! 
自分の価値観をお客様と共有できるのかどうか、賭けのようなシリーズでした。そして今回最終回。

「銭形平次捕物控 雪の精」。
……と、タイトルを口にしただけで、私はじんわりと心がにじんでしまう。
この作品だけは、奈々福の自作ではありません。
野村胡堂先生の時代小説を、浪曲師・国友忠先生が許可を得て浪曲化された「銭形平次」シリーズの中の一作品で、前後編2時間の大作。
私が、一番の傑作と思っており、沢村豊子師匠にとっても特別な作品です。
冬の夜の切ない物語、人の情けの細やかさが描かれたこの物語を、国友先生の相三味線を長年務められた豊子師匠と二人で、過去三回、上演してきました。
二人で二時間。一つの物語を描き切る。
集中力と、互いへの信頼、描きたい世界を共有できること。
これがあるからできてきたことです。
ところが、去る10月6日、沢村豊子師匠が右手首を骨折するという大アクシデントに見舞われました。
……大ショック。
豊子師匠を抱きしめて泣きました。お師匠さんも泣きました。
体は二つ、心は一つで演じる浪曲にとって、曲師に倒れられるということは、
半身をもがれるようなものです。
奈々福、完全に体調を崩しました。でも、舞台は待ってくれません。
骨折されて以来、師匠の代役として、奈々福の舞台を務めることになったのは、
入門してまだ一年半の、沢村豊子の弟子・美舟です。
4月に初舞台を終えて以来月に一度、奈々福の定席を弾くのがやっとだった三味線弾きが、
秋の大舞台の続く奈々福の曲師を務めることになりました。
彼女にとってもどれほどの驚きと負担だったことか。
39度の高熱を発して目もうつろな子を叱咤激励し、稽古し、叱り、励まし。
美舟もそれに応え、おでこに冷えピタシートをはりながら、弾く、弾く、弾く……という日々が続きました。
次の舞台のために稽古、稽古。そして、舞台、舞台。
二か月で、美舟は驚くような成長を見せております。

豊子師匠は順調に快復されて、もう三味線の稽古も始めておられますが、ゆっくりリハビリを続けておられ、復帰は、早くて2月とご自身で決めておられます。

「銭形平次捕物控 雪の精」。
私にとって思いの強いこの大作も、
そういうわけで、美舟が務めさせていただくことになりました。
稽古をし、がっつり組んで、演じさせていただきます。

浪曲にとって三味線は命。私は豊子師匠という名人に恵まれ、育てていただいてきましたが、
いつのまにか育てる立場になりつつあります。
未熟な三味線相手の舞台は、力が倍、要りますが、
ひと撥多い、ひと撥少ないと、豊子師匠の手を熟知する私が、
豊子師匠を目指す美舟を指導しております。
渾身とは、ほんとうに、ほんとうに、このこと。
……武春師匠が亡くなられ、責任ある舞台が増え、激動であった今年の、
そして二年続けてきたシリーズの、総決算のような舞台。
どうか、聞いてください。

ぜんぶ新作。奈々福のほとばしる純情浪曲!最終回「銭形平次捕物控 雪の精」長編浪曲一挙口演
ほとばしる5美舟.jpg
■出演 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
■日時 12月24日(木)18:30開場 19:00開演@浅草 木馬亭
■会場 木馬亭(台東区浅草2-7-5)
■木戸銭:全席自由 前売・予約3000円 当日3500円
■予約 プロジェクト福太郎 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867
posted by ななふく at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444675283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック