プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年11月15日

田島空監督のこと。

「ねえ、奈々福さん、舞台の記録ってとってあるんでしょ?」
ちょうど、二年前。あるご贔屓さまの肝入りで開いていただいた、向島の料亭での浪曲会。
もう数回目だったその浪曲会に、毎回来て下さっていた田島さんから、打ち上げの場で、そう言葉をかけられた。
「そんなのないですよ〜」
「え!?」
しばしの沈黙のあと。
「それなら……私のカメラでよければ撮りましょうか?」
田島さんは、とある企業の広報で、映像演出をお仕事にしておられる、映像のプロ。
でもって、その翌月、「銭形平次雪の精」を豊子師匠と二人で稽古している場に、田島さんはカメラを持って現れたのであった。

それから彼女はどれだけ私を追いかけてくれたことか。
都内の寄席ばかりではない、那須、宮城、神戸、大阪、熊本、佐賀。
浪曲ばかりではない、他ジャンルとのコラボの舞台や、弾き語りの舞台まで。
最初の一年間の、記録ダイジェストが、これです。
https://www.youtube.com/watch?v=5ccDvvHHOqc

嬉しくありがたいものの、すべて手弁当の活動、どうなることかと、追いかけられながらも思っていたが、一年経っても、彼女はカメラを持って「奈々福さん、撮っていい?」と満面の笑顔で現れる。
曰く、「この映像活動は、奈々福さんの活躍の幅が飛躍的に伸びるに従い予想外の展開を見せ、今なお予想外の連続に目を離せないでいる」とのことだが、活動が飛躍的にのびたかどうかは措くとして、確かにこの二年、予想外のことが次々と起こったことは確かだった。

入門20年の節目の連続公演企画を開始し、お蔭さまで盛況ではあったが、そんなさなかに、豊子師匠に弟子が入って、常に仕事に付いて回るようになった。
ちいさい声で言うと、ワタクシ的には面倒みなくちゃならない子が増えた。だって、師匠たる人があまりに放任なんですもの。私の弟子じゃないけれど、チーム奈々福に見習いっ子が入ってきたようなもんだった。
「アンタ稽古台になっとくれよ」
泣……ワタシはワタシのことで手いっぱいなんだけど、たしかに浪曲の三味線は、三味線弾ければいいのではなく、太夫と稽古しなければ稽古にならない。稽古台になって教えるようになった。
そして節目企画が無事終わった頃、初の海外公演があり、その最中に、信じられないことに……。
国本武春師匠が、亡くなられた。

奈落の底にいる気持ちで迎えた新年だった。
ところが木馬亭新春公演で、若手たちの浪曲を聞いて、どきっとした。
みんな、伸びてる。すごく、伸びてる。
尊敬する先輩たちがいらして、その先輩たちを失うたびに落ち込む、失い続けだと思ってた。
下から、まるで萌えいでる若葉にふかふかと支えられるような、あたたかなものを感じた新年だった。
二年目の連続自主公演も盛況で、順調だった。
ところが……。
なんということか、ここにきて、豊子師匠が骨折、入院、手術。
芸の上での伴侶の、不在。
半身をもがれたようなもので、私は完全に体調を崩した。
それでも高熱があろうが、喉が痛かろうが、仕事だ。そして、仕事には三味線が必要だ。
師匠不在の穴。弟子の美舟に頑張ってもらうしかなかった。
入門一年半、初舞台からまだ半年だが、この子は沢村豊子を、目指している。
豊子師匠のようになりたいと三味線を学んできて、一年半、私と豊子師匠の舞台を見続け聞き続けている。
だから、他のお三味線には要求できないこと、「豊子師匠と同じように弾いて」と、この子には、要求できるのだ。
できるわけはないけれど、目指すものが共有できるのだ。
それにしても、入門一年半の子に降りかかる、次から次への大舞台、秋の超多忙なスケジュール……。
可哀そうだった、ほんとうに。

という混乱状況のなか、田島さんは撮り続けていた。
びっくりするほどそばに居て、びっくりするような質問をし続け、カメラを回し続けていた。
でもって「奈々福さん記録するの、もはやワタシのライフワークだからっ!」とさえ言い出した。

そんな田島さんのライフワークの、途中経過記録が上映されます。
とりあえず、一回限りの上映会。浪曲の実演とトークもつき、リハビリ中の豊子師匠もトーク出演します。
まだできてないんで、私も見てません。だって、昨日もカメラ回してたし。
どんなことになるのやら。
目撃者になっていただきたいのです。
よろしくお願い致します。
セーラー服おじさんと.jpg
奈々福のスタイリスト、シオさんのパーティにて、弾き語りしたときの奈々福とセーラー服おじさんと、田島空監督。
しかし、二年つきあっているけど、田島さんて、何者???

「噂の玉川奈々福 キネマ更紗」
■日時 12月7日(水) 18:30開場 19:00開演(終演21:15予定)
■会場 深川江戸資料館2階小劇場(「清澄白河駅」下車 徒歩3分)
■構成 第一部:ドキュメンタリー上映
第二部:トーク&浪曲実演 
■出演 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)、沢村豊子(トークゲスト)、田島空
■木戸銭 前売り3000円 当日3500円(全席自由)
■予約 オフィスマツバ 050−3497−5500 rakugoyoyaku@yahoo.co.jp
上映会チラシ.jpg
posted by ななふく at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック