プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年10月25日

【お詫び告知】豊子と奈々福が美舟を鍛える会最終回について

10月31日(月)「豊子と奈々福が美舟を鍛える会」@カメリアプラザ和室19:00〜
奈々福の、美舟を鍛えながらの講義のあと、美舟で一席、豊子師匠で一席という形で先月、先々月とお送りしてまいりました。
企画として大変好評、皆様に「この企画いいね!」「いままでずっと聞いていてわからなかった浪曲の仕組みがよくわかるよ!」ととてもよろこんでいただいて、私も嬉しかったのです。
来週の最終回、手首骨折で弾くことはままならないものの、豊子師匠が美舟の、指導と、ご心配をおかけしたお客様へのご挨拶だけには、来ていただける予定になっていました。

が。

「アンタ、焦らないでおくれよ。あたしはいまリハビリで精一杯!」

………ええええええーっ!

ということで、豊子師匠はいらっしゃらないことになってしまいました!
お客様には心よりお詫び申し上げます。
実際、ハビリに邁進して1日も早く舞台復帰を目指しているお師匠さんの気持ちを優先したくもあります。
「今日はここまで手首曲がったよ」
という報告を楽しみに、復帰の予定を探っておりますが、この際、のんびりゆっくり、リハビリしてほしい気もちもあります。

どうか、どうかお許しくださいませ!
当日は奈々福が美舟を鍛えつつ、美舟の三味線で二席務めさせて頂きます。

とりあえず、撥を持つことのお許しが出るのが11月23日くらいだそうです。
なので、来月いっぱいは豊子師匠にのんびりリハビリしていただこうと思っております。
従って、11月後半の予定も更新しております。

どうかご理解賜りたく、またその間をつないで奮闘する、奈々福とさくらと美舟を応援してくださいまし!
posted by ななふく at 13:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨晩の、「椿太夫の恋」良かった!です。
美舟さんとのコンビが、新しい奈々福さんを見せてくれたって
気がします。
伸びの有る力強い声音、何となく三味線がついてくる感じ?
ついて来いよと言った、リーダーシップを感じる奈々福さんの踏んばり。
浪花節って、持ちつ持たれつだけじゃないって、職人さんのOJTって凄い!
(ちょっと、独り善がりですかネ)

豊子師匠の鈴が鳴るような、三味線との共演も心地良いんだけど、
昨晩の、奈々福姐さんの余裕の踏んばりも素晴らしいと思いました。
Posted by mark政 at 2016年10月28日 11:27
mark政さま
いつもありがとうございます。27日も来ていただいてありがとうございました。二人必死でしたが、なんとかなってホッとしています。でもホッとする間もなく、舞台は続きまして、引き続き美舟を鍛えていかなければなりません。気持ちはともかく彼女の体が悲鳴をあげなければいいなと思いつつ。今後ともよろしくお願い致します。
Posted by ななふく at 2016年10月30日 14:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック