プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年10月09日

豊子師匠の怪我につきまして。

豊子師匠の怪我につきまして、ご心配をおかけしております。
右の手首を、骨折されました。

6日定席のとき、お出番で、三味線の定位置につこうと、三味線を持って床几に上がろうとして、足を踏み外し、
お師匠さんいわく「三味線を守ろうとして」右の手首に全体重がかかるような形で転倒してしまったようです。
私はその場におりませんでしたが、木馬亭でだったので、すぐに前座さんがお師匠さんを病院に連れて行ってくれました。

私は電話で一報を聞き、すぐに木馬亭へ駆け付けました。
ちょうど病院から帰って来る豊子師匠と木馬亭の裏で出会い、首から三角巾下げて腕にギプスをはめられている姿を見て、抱きしめて、二人でわあわあ泣いてしまいました。
ほんとうに、胸がつぶれるような思いでした。

ところが泣きやんだご本人いたってハイで、
「こんなふうに転んだんだよ!」と、楽屋で何度も実演するありさま。
もう、やめてよ……どこを怪我したと思ってるのよと、怒りたくなってくるほど。
本当に気が気ではありません。
でも怪我をした当日の、これは高揚状態のなせるわざで、夜痛みが出て眠れなかったり、翌日熱が出たりするのではと大変心配したんですが、翌日。
「ぐっすり眠れたよ」
と、ケロリ。家にいられなくて木馬亭定席に遊びにきて、また「こんなふうに転んだんだよ!」
……勘弁してくれ。
まあ、おとなしく家にいるということのできないお師匠さんなので。

でも、大けがです。お医者さんの診断では、ギプス固定5週間とのこと。
ただ、手術をすれば、快復は早いとのこと。

周囲の、詳しい方のご意見やアドバイスを聞き、お師匠さんとも相談したうえで、手術を受けていただくことにしました。
だって、怪我の直後から転んだアリサマを実演するような人、五週間「手を動かすな!」って、不可能。
手術なら、術後すぐにリハビリを始められるそうです。
今週、手術が決まっております。
はい、付き添います。

お客様には大変ご心配をおかけして申し訳ありません。
お医者さまにお会いして、詳しいことや、完治までの見込みをこれから聞いてきますが、
とりあえず、今月の私の舞台、22日の東庄町と23日の渦は、玉川みね子師匠に弾いていただき、
それ以外は、豊子師匠の弟子の沢村美舟が弾かせていただきます。

それ以外は……美舟に弾かせる? 
4月にデビューしたばかり、まだ舞台を、9回しか弾いたことのない子に!? 大丈夫なの!?
と、思われると思います。
豊子師匠と私と二人がかりで、一年半、一生懸命に教えました。
昨日、大倉山記念館の私の独演会の舞台。
二席立て弾きするのもはじめてなら、そのうち一席は、初めて弾くネタ!
それにも関わらず、なんとか頑張りました。
豊子師匠の手を、息を、未熟ながらも少しずつ身につけてきています。

浪曲には「下手の相三味」という言葉があります。
手が回る。いろんな手が弾ける、ことが浪曲の三味線の極意ではありません。
相手の呼吸が読めること。手のうちがわかり合えていること、息が合わせられること。
そういう意味では、稽古を重ねた時間が、上手下手よりもものを云います。
豊子師匠が完治・復帰するまで、私にも美舟にも大きな試練の日々となります。

心労と重圧でへろへろになっている私であるのに、
今日の豊子師匠ったら、美容院に行って、髪を切ってもらって美人になっちゃって、
お客様からいただいたお菓子だの梨だのお見舞いだのを見比べてにこにこしてました。
人生において、陽気であること、未来を予測しないことの強さを、感じております。

各方面にいろいろとご迷惑をおかけいたします。本当に申し訳ありません。
お師匠さんの三味線の上で遊ばせてもらうような舞台とは違う、二人必死の舞台となるかと思いますが、
精一杯、務めますので、どうかよろしくお願いいたします。

2016/10/09 玉川奈々福


posted by ななふく at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック