プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年01月30日

悲願千人斬の女、の心意気。

今日は、すみだトリフォニーホールで「のう、じょぎ、ろう!」の公演でした。
日本の音楽つき語り芸(叙事曲)の代表、謡と、義太夫節と、浪花節を聞いていただく公演。
おかげさまで大盛況で終えることができました。

今日は「悲願千人斬の女」を抜き読みしました。
あらためて。
この浪曲、大好きだ。自作の新作だけど。

小沢信男先生の評伝が原作。
それに惚れ抜いて、どうしても声に出して演じたくて、奈々福が四苦八苦しつつ、四席の浪花節にまとめたものです。
2006年につくりました。初めて一挙口演をしたのは、翌2007年の4月。
来月、久々に一挙口演をします。
2時間、一人、いや、豊子師匠と二人。毎度、体力勝負。
大河ドラマを、一人で語り切るようなものです。お客様をどう飽きさせず二時間ぎゅんぎゅん引っ張るか。

幕末から明治にかけて、「千人斬の男遍歴」をやってのけたという、実在の歌人のお話。
千人斬伝説の女性は二人いて、一人は下谷同朋町の、「紋ちらしのお玉」。
この人は、ご縁のあった男性の家紋をかたっぱしから玉の肌にほり込んで、背中から尻から股から、紋だらけになって、ついに千人の悲願達成。
湯からあがったところなど、肌が桃色に輝いて、まるで後光が射すよう、隣近所のおばちゃんたちがそれを見て卒倒したそうな。
そして、もう一人が、私の演じる浪曲の主人公、松の門三艸子。
下谷数寄屋町名主の娘と生まれ、歌人を目指したものの、実家没落後自前で深川芸者に打って出た人。
明治十二年、数え48歳のときに、千人斬の大願成就を祝って、ご存命のご関係各位に赤飯配った人。
すげー。

幕末明治の動乱期。江戸に生きた人々は、ご一新後は、いわば「負け組」です。
一度負けた人生を、彼らはどう生きたのか。
一人の女性の心意気と、彼女に惚れ抜いた一人の男の、人生を描きます。

男が、去り際に言う一言。
「あんまりなことなんて、この世にゃ、掃いて捨てるほどあるじゃねえか」
今日、このセリフを言いながら、腹の底からこみあげてしまい、感情を抑えるのに苦労しました。
そう、世の中は、あんまりなことだらけだ。
だから、この瞬間を、生き切るしかないのだ。

男は、こうも歌いあげます。
〽もしも運命があるならば、生まれ変わった次の世も、
きっと私はおまえに出会い、おまえに惚れてしまうのだろう

……さだめは、あるのだろう。私自身、さだめに導かれている気はします。
物語を通して、描きたい心意気があります。
楽しんでいただけるよう、力を尽くします! 
残席僅少。どうかお早目にご予約を!

2016-01-30 悲願オモテ 001.jpg2016-01-30 悲願裏 001.jpg
13日(土)浪曲破天荒列伝番外編「悲願千人斬の女」長編浪曲一挙口演@木馬亭14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
全席自由3000円(当日3500円) 予約問合せ:プロジェクト福太郎tamamiho55@yahoo.co.jp


posted by ななふく at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック