プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年01月17日

天保水滸伝ツアーvol.2

1月の予定がはるか下に行っちゃったんで、ここに貼っておきます。1月の予定

24日に、武春師匠の代演のお仕事で、師匠の十八番であった「英国密航」「松山鏡」を演じなければならず、実は私は年末どころでもお正月どころでもありませんでした。
覚えることは、できます。
お客様の耳に、記憶に、強く残っている武春師匠の十八番を、付け焼刃でやる、ことに対する葛藤です。
それ以前に、私の頭の中で鳴っている、そして覚えるために聞いている、武春師匠の声、節、芸に立ち向かわねばならぬことへの葛藤です。
心底悲しいときに、悲しみに浸りっぱなしになれないことも辛いです。
おかげさまで毎日武春師匠を聞いているので、すでにこの世におられないことが、まだ信じられない状況でもあります。

あ……そうか。これはひとつの恵みなのかもしれない。
芸に溺れろ、溺れろ、溺れろ。他のことを考えるな、徹底的に真似せよ身体を発動させよ隙間をつくるな!
雑念を遮断するための、喝、なのかもしれない。

本当に、もう甘えられないんですね。つらいぜよ。

「松山鏡」は、もともと弾き語りで作られたもの。冒頭の歌と、最後のバラードは武春師匠の唄声と音を生かし、間を浪曲化して演じます。
「松山鏡」のバラード。

♪ 雲が流れる おまえと二人で眺める
  落ち葉舞い散り 俺達二人を取りまく
  急に振り向き はにかむお前の
  さし出すその手が やけに冷たい
  同じ時間を 幾度も二人で 過ごした
  言葉なくても お前の鼓動が聞こえる
  街が近づく お前と二人で住む街
  夢をかかえて 俺達朝日で目覚める
  もめ事 争い ケンカ重ねて
  いくつも 峠を 二人乗り越え
  だけど初めて夜明けを迎えたみたいに
  俺もお前も 朝日で未来が輝く ♪


すばらしいです。毎日聞いていて、たまらない気持ちになっています。
武春師匠は浪曲師にとどまらない方でした。大きな世界を持っておられました。

師匠の十八番、代演だからこそ演じますが、これっきりと思います。
だいたい関東節の私が関西節を演じるなんて、おこがましいし。
だからこそ、この超珍しい機会、見届けていただきたい気がしております。
影絵のジャック・リー・ランドルさんとの共演。英語字幕も入ります。

24日(日)江戸東京博物館 浪曲公演「英国密航」――進化する伝統芸能“浪曲”と影絵のコラボ!
東京都江戸東京博物館 1階 ホール
全席自由:2,000円
全席自由(高校生以下):1,000円
(税込)

えっと、それから、昨年に引き続き、今年も天保水滸伝ツアーをいたします。
今年は、日帰り。
岩井滝不動は、繁蔵と助五郎の賭場争いとなった、因縁の現場。
そこで、浪曲会をいたします。
あと、今年は助五郎さんのお墓参り。
恒例の、東庄観光ボランティアの方々のご案内による笹川の史跡めぐりと、東庄名物のいちご狩り。
そして、最後にあさひの道の駅をめぐります。
「天保水滸伝」の、物語の現場を歩けるという、夢のような企画ですのよ。
40名様限定。
0001.jpg0002.jpg

お申し込みはチラシをご覧くださいませ。

posted by ななふく at 16:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432672133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック