プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年01月13日

十年前に書いた武春師匠讃。

十年前。とあるお仕事で、「国本武春論」を書いてくれとのご依頼をいただきました。
武春師匠の独演会のパンフレットに掲載する、と。
……これ、仰天ですよね。
後輩が、大先輩の独演会のパンフレットに、その先輩を評する文章など書けようはずもないっ!!!
当然、断る。
「でも、武春師匠のこと尊敬しているでしょ? 書いてよ」
……といわれて、おずおずと。雲の上の大先輩へ、尊敬を込めて書きました。
青山で行われたその独演会には、小沢昭一さんもお見えになっていて、ご挨拶をしたら、「ちょうどアナタの文章読んでたところよ」と、ニッコリ。
十年前。小沢さんも、うちの師匠も、まだこの世におられた。十年……遠い昔のようです。
毎日、毎日、喪失感を、武春師匠の音を聞き続けることで埋めています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「ワタシの希望の星」 text by 玉川奈々福  

 私が浪花節を続けていく中での、大きな希望が武春師匠の存在です。
 おずおずと浪花節の世界に入ってからずっと、武春師匠が次になにをされるか、背中を見つめながらおいかけてきました。
 武春師匠を初めて知ったのは、実は浪曲からではありません。
 浪花節の定席小屋、浅草木馬亭二階は、大衆演劇の殿堂「木馬館」。私はそこの常連でした。
 ある日、贔屓の劇団の若手役者が踊る背後のBGMが気になりました。
 ロックだけど、歌手の声節に尋常じゃなくパンチがあるコミックソング調の曲。
 その役者さんに「あれ、誰の曲?」と聞いたなら「えっとねー、クニキ、クニキタケハル」。
 ……漢字が苦手な役者さんから得た「クニキタケハル」というキーワードを頼りに、探して見つけたのが「ロックンロール福助」というCD。十数年前のことです。
 ほどなく私は、日本浪曲協会主催の三味線教室第一回の場に紛れ込み、その場にいらしたのが武春師匠。
 CDジャケットでは、大きなサングラスで目元を隠されていたので、素顔を拝見したのは初めて。「二枚目の目だ……」と思いました。
 翌年私は師匠・玉川福太郎に入門し、十年以上が経ちましたが、武春師匠のお話をうかがった機会は、そう多くありません。でも、お許しを得て客席から見させていただいた数々の舞台……どんなに浪花節の可能性を感じさせてもらったことか。そしてそれ以上に、数少ない機会に語ってくださった言葉……その端々から武春師匠が、長い年月お一人で、「浪曲とは何か」「何故いま、浪曲なのか」「いかに観客とそれを共有できるか」を考え抜いてこられた時間の堆積を感じ、感銘を受けたのでした。
 さるお客様が、武春師匠の高座に感動され、私に手紙をくださいました。それを、武春師匠にお伝えしたところ、こんなお返事をいただきました。
「ありがとう。でもきっとそれは、『私が』ではなく『浪曲』という芸が凄いのだと思います。それについては嬉しくもあり悔しくもあり……」。
 カッコよすぎます。武春師匠。



posted by ななふく at 19:45| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国本武春伝とか壮大な物でなくても、奈々福さん目線で武春師匠との思い出を浪曲に仕立てて下さいませ。そのうちもう少し気持ちが落ち着かれたら…
Posted by にこりんボ at 2016年01月15日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432520438
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック