プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2016年01月03日

新年を迎えました。

季節や、節季のことなど完全に飛んでしまった年末ではありましたが、新年が来ました。
新しい年に臨む気持ちも整わぬまま、です。
今日が仕事はじめ、そして恒例の一門の新年会でした。
まずは、気持ちを整えたく、浅草神社の脇の、被官稲荷神社にお参りすることから始めました。
浅草寺も、浅草神社も大行列の大にぎわいなのですが、
この被官さまは、静かです。
KC4H0512.jpg
「被官」とは出世を意味するそうですが、新門辰五郎が伏見稲荷を勧請してつくった社で、そう思うと、石松金毘羅代参とも縁があり、なにより、小沢昭一さんが信心されていた。
お札を買って、それから寄席へ。
木馬亭初席、満員御礼。お客様が心を寄せてくださっている。
ありがたいことでした。

心は落ち着きどころを見出せぬまま、でも、すでに決まっていることが数々あり、既成事実に引っ張られるようにして進み始めている、気がします。

昨年、5回シリーズでやりました「浪曲破天荒列伝」、お蔭様で好評をいただいたので、調子にのってもう一回「番外編」をします。実は一番破天荒な人、幕末から明治にかけて千人斬の男遍歴をやってのけた実在の歌人の人生。小沢信男さんの原作を奈々福が四席の浪曲にまとめたもの。一挙口演は四年ぶりです。
これが2月13日@木馬亭です。
001.jpg

そのあと、4月にもう一本企画公演。奈々福大尊敬する「スゴ声」の女流の師匠方にご出演いただく会を企画しました。東京の澤孝子師匠! 大阪から三原佐知子師匠! 名古屋から天中軒雲月師匠! 本当にすばらしい声節の師匠方の、まさに夢の競演(饗宴)の会です。開口一番に最年少浪曲師の国本はる乃ちゃん、そのあとに奈々福が一席、そして大先輩お三方という構成。そして奈々福は、雲月師匠の曲師も一席務めます。「スゴ女流!〜圧倒的な、あまりに圧倒的な」四月九日(土)@木馬亭 十三時開演 予約4000円

と、二つやったあとで。
今年もう一年、自分に負荷をかけ、飛躍したいと思っております。
具体的には、「新作」の連続公演をやろうと思います。「え、浪曲に新作なんて、あるの?」とよく言われます。やはり古い芸だと思われているのだなあ。数々作り、また演じてきた新作の中から選び、また豪華ゲストをお迎えして、全四回、今回も私たちのお城・木馬亭にて行おうと思います。六月、八月、十月の、平日夜で調整中。また最終回は、十二月二十四(土)に、「銭形平次捕物控雪の精 長編浪曲一挙口演」を四度めになりますが、やろうと思います。
二月に「悲願」、十二月「銭形」。
長編一挙は一番キツイ。それを二本。
そのことでもっと進みたい、もっと深めたい。豊子師匠に相談したら、一言「いいよ、やろう!」……なんという心強い。稽古を重ね、今まで以上に、一席一席面白いものに、心映えの深いものに。どうかお付き合いいただきたいと思っております。

浪曲以外の活動も、力を入れたいと思います。
武春師匠は、つねに、「外の世界を見る事」の重要性を言っておられました。
浪曲師なのだ。それはどこまで行っても浪曲師なのだから、浪曲以外の引き出しを増やすことこそ、浪曲に生きて来る、とおっしゃっていました。その言葉を胸に反芻しつつ。
昨年、世界最古の神話「イナンナの冥界下り」を、お能の安田登先生の一座で十一月に上演しました(@セルリアンタワー能楽堂)。「イナンナ」は二月十六日@日本デザインセンター、四月十三日@西浅草・西徳寺と、公演が続きます。銀座公演のチラシはできてる。
db13a6d1-s.jpg

「イナンナ」のあとに取り組むのが、泉鏡花の幻想三部作の中で最高傑作と言われ、上演困難と言われた「海神別荘」。
やはりお能を軸としたコラボレーションで上演します。
原作は大変美しい幻想的な世界です。伝統芸能のコラボ公演は非常に勉強になります。能、狂言、人形、浪曲……日本の伝統芸能の修業をしたものたちは、「息を合わせる」ことを知っていて、能と浪曲が、「合う」のです。「海神別荘」も、必ずや、不思議で面白い舞台になると思います。
「海神別荘」三月五日(土)十五時開演@カメリアホール 全席指定 前売り5000円 予約問合せ:カメリアホール 03-5626-2121
チラシ案表2 (2).jpgチラシ裏最終.jpg

2月には、5泊6日で中国へ行ってきます。日中文化交流協会の企画で、「馬街書会」という、毎年、春節のあと、中国全土から「語り芸」の芸人が、わらわらわらと数百人、麦畑に集まって、お客さんもいっぱい集まって、麦を踏みながら芸を披露するという、600年続いている催し……これ、想像できます?
それを見たあと、中国版の浪曲ともいえる、「評弾」という芸の、芸人を養成している学校@蘇州を見学。
蘇州ははるか昔に行って、二度目だなあ。
中国の語り芸を堪能してきます。……えっと、たんに旅行者として芸を見に行くつもりなんですが、
「え? 奈々福さん、きものと三味線持っていかないの?」……さて、どういうツアーになることやら。

今年の抱負、目標……を、今日聞かれました。
私は長期的なビジョンというのは全然ないのです。一席一席、目の前に来てくださったお客様が、心ほどいて異時間を楽しんでいただけるような浪曲を演じたいのみです。
それが、積み重なって、進歩していければいい。
去年より稽古時間を増やしたいと思います。新しいものも作りたいし、もっと身体能力を高めたいです。
「この世界で苦労することのできる幸せを思え」
……8年くらい前。豊子師匠が大けがをして、私がしょぼくれきっていたときに、武春師匠が言ってくださった言葉。
好きで選んだ道で、苦労ができることは、幸せ。
今年も頑張ります。



posted by ななふく at 01:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432025918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック