プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2015年12月31日

私的2015回顧録

覚えた演題、四つ。
「置土産」(正岡容・原作 奈々福・作)
「彼と小猿七之助」(川口松太郎・原作 奈々福・作)
「日蓮上人御伝記 七面天女」(木村学司・作)
「豊子と奈々福の浪花節更紗」(奈々福・作)

新作を三つ作りました。ほんとはもっともっと作るべきですね。
シブラクに出していただくようになってから、新作の有効性を感じています。
お客さんの層によって、本当にこちらも変わります。
そして、いま、来月24日に、武春師匠の代演をしなければならないお仕事ができ、師匠の十八番「英国密航」「松山鏡」を覚えています。
毎日、武春師匠の声に浸っています。

企画公演。
1月「天保水滸伝車読み 愛山・奈々福・太福・松之丞」@お江戸日本橋亭
4月から12月「玉川奈々福の浪曲破天荒列伝!」全五回@木馬亭
9月「浪曲タイフーン!」
……入門20年で自分に負荷をかけた企画、「破天荒列伝」が、毎回満員御礼で終れたこと、感無量でありました。
企画公演とは違うけれど、8月から「ガチンコ浪曲講座」全7回を、月イチで続行中。
これは、来年も、再来年も、同じ形で継続予定です。
あんまりみんな、浪曲の声を出すのが楽しそうで、ほろりとしますよ、毎回。
奈々福豊子151022.jpg
第四回を終えて送り出しで豊子師匠と。

語り公演。
お能の安田登先生にお声掛けいただいて、能の語り+仕舞、浪曲の語り+三味線を軸にした伝統芸能のコラボ公演を数多くやらせていただきました。その数、15回以上。
いまや、私の仕事の中の、一つの柱になっています。
演目は、「夢十夜」「吾輩は猫である」「雪おんな」「耳なし芳一」……などなど。
そして、語りを軸とした大きな公演としては、世界最古の神話を舞台化した「イナンナの冥界下り」。6月に那須の二期倶楽部で、11月に渋谷のセルリアンタワー能楽堂で公演しました。大変刺激的な経験でした。
inana4.jpg
作家・姜信子さんの企画で、姜さんの作品「さまよい安寿」も語りました。
コラボといえば、今年も安聖民さんと、九州、大阪、そして東京をご一緒させていただきました。いつかパンソリの故郷韓国で、合同公演ができればと願っています。
あ、それからアニメのアテレコも初体験しました。こちらを見てください。

ツアー。
熊本、久留米、福岡、北九州、山口、広島、神戸、長野……などなど。そして、初の天満天神繁昌亭出演させていただいた大阪ツアーは嬉しかった。
年末には、韓国はソウルでお仕事をさせていただきました。
豊子師匠は旅のお仕事が大好き。私は旅に出ると疲れて帰って来ますが、豊子師匠は旅先でどんどん元気になります。もう、やはり修業が違う!!!

ツアーといえば、一泊二日で、千葉県東庄町に「天保水滸伝ツアー」ができたのも嬉しかったです。香取神宮から入って、東庄町でいちご狩り、天保水滸伝の史跡めぐり、夜は浪曲会と、地元の方々との交流会、部屋飲み、翌日は、飯岡、銚子、そして鹿島神宮……楽しかったなあ! 来年は、3月26日に、今回は日帰りですが、ツアーを企画しております。年明けにご案内します。40名様限定です。ぜひご参加ください。
繁蔵の碑の前で奈々福.jpg
笹川繁蔵に喧嘩売ってるのか、あたしは。

メディアへの出演。
『東京人』10月号、すてきなアラハン(around100歳)特集にて、玉川桃太郎、祐子夫妻を取材。桃太郎師匠の、最後のメディア出演となりました。
『銀座百点』10月号にて、嵐山光三郎先生と対談。嬉しかった!
タウン誌『うえの』12月号に文章を書かせていただきました。光栄!
ラジオは、NHK−FM浪曲十八番の出演が3回、
テレビは、NHK「浪曲特選・夏」に出演。
新聞記事にも数々取り上げていただきました。本当にありがたいです。

忘れがたい場所での公演。
小倉充子展と江戸の芸@横浜・三渓園。
移築した古いお寺の本堂で、扉をあけ放ち、江戸型染の小倉充子さんの、新作絵羽作品が風に揺れる中、浪曲させていただきました。扉の向こうに、冴えわたる緑が見えて、風に吹かれながら……やはり半野外の公演というのは、芸能の原点のココロがざわざわとよみがえる気持ちがします。
三渓園150523-1.jpg
円覚寺龍隠庵での、安藤ご夫妻の結婚記念の宴での、浪曲。
これも、緑あふれる龍隠庵の境内の書院で、風に吹かれながら。すばらしい宴、すばらしいお客様に囲まれて、これも忘れがたい一席でした。
浅草、浄土真宗西徳寺さんでの浪曲会。
声の響きのすばらしいご本堂で、檀家さんを中心としたお客様への浪曲会。浄土真宗は、語り芸の故郷です。あまりに響きとしつらえがすばらしく、4月にこのご本堂で「イナンナの冥界くだり」をさせていただきます。
声の響きでいえば、忘れてはならないのは、雑司ヶ谷本浄寺さんの拝鈍亭。最高!
拝鈍亭2.jpg
拝鈍亭にて、豊子師匠と、真っ白おそろい。

最後の最後に、最大級に悲しいことがありました。
国本武春師匠のご逝去。
一報を聞いたときには、血が逆流する思いでした。
8年半前に、師匠・福太郎を突然の事故で失ったときの記憶も同時にまざまざと蘇り、悲しいというよりも、奈落の闇をのぞき込むような寒々しい気持ちがいまだに続いています。
いらっしゃらないことが、いまだに信じられません。
でも昨日、尊敬する先生に、おまえたちはいつまで武春を頼っているんだと叱られました。
たしかに、武春師匠に、甘えていました。
悲しみというものは、癒えることはなく、心の奥深く刻印されてしまうものですが、私には私の浪曲があり、豊子師匠を支え、豊子師匠に支えられながら、これからも頑張って行かなければならないのだと思っております。
151227-7.jpg
木馬亭大忘年会にて。紙吹雪を持って突然あらわれて、場内をかっさらっていった豊子師匠。

武春師匠は、浪曲は人間賛歌だとおっしゃいました。
私もそう思います。
生きていることは、こんなに面白く楽しく色っぽく可愛く喜ばしく、ああ、わくわくする!
よし、明日も元気に私の人生を生きよう!
……と、寄席小屋を出るときにお客様に、わずかにでも思ってもらえるような浪曲を。

粘り腰で、修業を続けます。
今年も大変、お世話になりました。
どうか来る年も、お付き合いいただきたく。よろしくお願い致します。
よいお年をお迎えくださいませ。

奈々福拝
posted by ななふく at 15:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック