プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2015年12月29日

「もう、この世では、会えぬぞよ……」

「もう、この世では、会えぬぞよ……」
義士伝を数多く演じられた武春師匠が、「田村邸の別れ」「赤垣源蔵徳利の別れ」で言っておられたセリフが、ぐるぐると頭を回っております。
それが、現実になるなんて。
こんなに急に、逝ってしまわれるなんて。
倒れる前の日、お会いしたではありませんか。
まったく変わらずお元気だったではありませんか。
22日には、快方に向かわれたという知らせを受けたばかりだったではありませんか。

国本武春師匠が、24日、急逝されました。
まぶしく見続け、追いかけ続けていた方でした。
頼まれもしないのに、師匠のライブに駆け付けて手伝い、袖から舞台を見つめました。
青山の曼荼羅での定例公演(毎回ネタおろしをしていた!)。
アメリカ留学前の最後のライブは、三百人劇場だった。
下北沢の本多劇場、パルコでの連続公演……。
武春師匠渾身の舞台の記憶が強く私の中に残っています。
闘う現場を、見続けました。
私の師匠・玉川福太郎亡きあとは、ことあるごとにご相談し、ご意見を仰ぎました。
私は玉川福太郎の弟子ですが、国本武春の一番弟子でもあったと思っております。
武春師匠がいらっしゃらなかったら、果たして私はこの道を続けてこられただろうか。
いまだに、ただ呆然とするばかりです。
いらっしゃらないことが、信じられない。
神様、こんなの、嘘でしょう?

袖から、武春師匠を見つめるお客様の顔も見ていた。
お客さんの顔を、心を、あんなに明るくし、あんなにゆるませる、そんなことが、私もできるようになりたいと、思っていた。
圧倒的な、腕力。お客さんを、芸の世界へと、かっさらっていく、力。

5年前。大きな病気をされました。
社会復帰は無理とまで、お医者さまに言われたそうで、私たちはそのときも必死に、ご不在に耐えて、ご復帰を信じて待ちました。
信じていたけれど、辛かった。
見事に復帰され、木馬亭の舞台に立たれたときは、袖で大泣きした。

でも、思えば、超人的な仕事をされ、長年浪曲の旗を一人で振ってこられた武春師匠の、
ご復帰後の5年は、私たち後進のものへの、プレゼントだったのだろうと、思います。
浪曲は、極上のエンターテイメントとして今ありうるということを、全力で示し。
後進に希望を与え。
新しいファンを続々と増やし。
おかげで、ここ5年、木馬亭の入場客数は、伸び続けています。

まさに、うなるカリスマ。
同じ時をご一緒できた幸せを、喜ぶべきなのだろうと思います。
そして、その志を、受け継いでいかなければいけないのですね、武春師匠。
でも、震えるほどのこの淋しさは、どうしたらいいのだろう。

どんなにお礼を言っても言い足りません。
武春師匠がいらしたから、今の私はあります。
一番弟子であるまえに、後輩であるまえに、ファンでした。

天に向かって叫びます。
武春師匠、ありがとうございました。

武春師匠のお別れ会のお知らせです。どなたでもご参加いただけます。
【国本武春お別れ会のお知らせ】
故・国本武春のお別れ会を以下の通り執り行います。 2月3日18:00より、浅草ビューホテル4階飛翔の間にて。
会費一万円
(一社)日本浪曲協会
木馬亭
武春堂
posted by ななふく at 01:12| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 竹村厚美 at 2015年12月29日 01:56
Posted by 竹村厚美 at 2015年12月29日 02:50
こんにちは。
浪曲はめったに聞かないんですが、「大忠臣蔵〜田村邸の別れ」のメロディーが大好きで、ナイロンズ「busy tonight」と一緒に毎日何回も聞いてます。
日本の宝がまた一人失われた感じで大変残念です。
ご冥福を祈ります。
Posted by 清原ん万丈 at 2016年02月06日 06:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック