プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2015年12月10日

浪曲の有名演題がわかった気になる解説その5「俵星玄蕃」

「浪曲破天荒列伝」で毎回つけた解説。お客様にわかりやすく聞いていただくためでもありましたが、自分のためでもありました。最終回の解説、アップしておきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〽槍は錆びてもこの名は錆びぬ。男玄蕃の心意気。赤穂浪士の蔭となり、尽くす誠は槍一筋に、薫る誉の元禄桜……。
三波春夫先生の長編歌謡浪曲「俵星玄蕃」。戦後歌謡史に、燦然と輝く金字塔です。
作詞は、北村桃児。三波先生のペンネーム。「雪を蹴立てて、サク、サク、サクサクサクサク……『先生!』『蕎麦屋か!』」……忘れがたい名台詞も、三波先生によって書かれ、完璧に構築された世界です。
赤穂事件の概要を、ご説明申し上げる紙幅はないので、とりあえず三波春夫著『真髄三波忠臣蔵』(小学館文庫・絶版!)を古本屋さんで探して読んでください。一番わかりやすい解説書です。元禄十四(一七〇一)年三月の松の廊下の刃傷から翌年十二月十四日の吉良邸討入りまでの「本伝」を軸として、赤穂四十七士の「銘々伝」や、その外側のエピソードが「外伝」としてさまざまに伝えられているわけです。
で、肝心の俵星。四十七士の一人ではありません。な、なんと、架空の人物!
これも三波春夫先生のご著書から引用させていただきましょう。
「私の十八番、長編歌謡浪曲の主人公・俵星玄蕃の初出は、文化二年(一八〇五年)に『江戸名釈看板 雪の曙 誉れの槍』という題名で語られています。浪曲では、名人と謳われた桃中軒雲右衛門が明治から大正時代にかけて口演していました。
 赤穂浪士ではない俵星に、なぜ共感が集まるのかと考えてみると、この人の姿を借りて、忠臣蔵の人々に満腔の敬意と讃辞を送る、大衆の声だったのです」
事件からおよそ百年後の時点で、講談で語られていた物語のようですね。三波先生は、大石神社編の『赤穂義士事典』を読まれたのだと思います。宝蔵院流槍術指南。両国で道場を開きながらも浪々の身の上。赤穂義士が討入りの際、吉良邸に駆け付け、助太刀を申し出て、大石内蔵助に断られる。で、仕方なく両国橋のたもとで仁王立ち、邪魔する奴は容赦しないぞーーーって……、立ってるだけ。
でも、その人に、私は色気を感じる。天下一の腕を持ちながら世に出るあてもなく、鬱屈を抱える彼が、赤穂事件を知ったときに、浪士に寄せる感情を想像します。おのれの場を見いだせない彼は心を、義士に託す。その相手が、蕎麦屋を装い吉良の屋敷を探る杉野十平次。
杉野の正体を見破る玄蕃の視線。二人の腹の探り合い、そして表立った言葉にせずに、互いを思いやる様に、なんともいえない人間の色気を感じます。
二人とも、一途な心の持ち主だ。とうとい、おろかものだ。浪曲の中で躍動させたい。
前席は気鋭の東家一太郎による、銘々伝中の傑作「安兵衛道場破り」。私の「俵星」は、二代目玉川勝太郎演のものを受け継ぎ、三波先生テイストも、ひそかに加えました。奈々福にはめずらしく、笑いどころひとつもありません。
でも、懸命にこの人を演じたく思っております。
posted by ななふく at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430996437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック