プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2015年12月04日

感無量……。

2004年の「徹底天保水滸伝」全五回。2005年の「浪曲英雄列伝」全五回。
弟子が師匠をプロデュースするという逆さまごとをしてまで、師匠を、浪曲を聞いてほしかった。
大成功で終ったあの連続公演から十年。

師匠が、いなくなりました。
先輩方が、だいぶ、少なくなりました。

浪曲は面白い!
それを言うためには、自分自身を恃むしか、もうない。芸人として二十歳になったことでもある。
……う〜〜〜ん、ハードル高いよな。でもやらなくちゃな。
で、いまの私の浪曲に込める思いはなにかと考えました。
「破天荒であれよかし!!!」
というわけで五回お送りした「奈々福の浪曲破天荒列伝」
最終回を大盛況で打ち上げることができ……正直、感無量です。
天上の師匠に、報告したいです。

開口一番は、伸び盛りの若手男子に一席やってもらいました。
三回目までは弟弟子の玉川太福。いま、すごく頑張っています。
四回目に、年季明け披露をしたばかりの澤勇人。
最終回には、弟弟子と同期の、東家一太郎。お、頑張っているな、いい節だな。

そして尊敬する師匠がたを、ゲストにお迎えしました。
松尾貴史さん、松元ヒロさん、立川談四楼師匠、橘右之吉師匠、春風亭昇太師匠。

奈々福が申し上げたのは破天荒な人たち躍動する五席。
「天保水滸伝」より「平手の駆け付け」
「清水次郎長伝」より「お民の度胸」
「寛永三馬術」より「曲垣と度々平」
「甚五郎旅日記」より「掛川宿」
「赤穂義士伝」より「俵星玄蕃」
いまの私の精一杯でございました。

でも、この企画をやりながら、私は浪曲になって本当によかったと、この芸への確信を深めました。
やっぱり三味線との丁々発止は、こたえられません。
いつも打ち上げで疲れもみせず、うっすい焼酎で耳のさきっちょまでピンクになってころころ笑っている、
わがいとしの豊子師匠に心底感謝。

また、いくら私が精一杯がんばったところで、支えて下さるお客様がいなければ会は成り立ちません。
全五回制覇の方々もいらっしゃり、ほんとうに強く強く支えていただきました。
心からお礼申し上げます。

来年も、実は二か月に一回、木馬亭にての企画公演を懲りずにやります。
まずは、2月13日(土)の「浪曲破天荒列伝番外編 悲願千人斬の女」長編浪曲一挙口演@木馬亭。
そして4月9日(土)の「スゴ女流!」@木馬亭。澤孝子、三原佐知子、天中軒雲月といった「スゴ声」「スゴ存在感」の大先輩たちの競演。奈々福と最年少浪曲師国本はる乃が露払いをそれぞれ一席つとめます。
詳細は、追って。

今月残りは、まだ試練も課題も収録もいろいろあるんですが、まずはこれに来て来て来て〜〜〜!

10日(木)奈々福・太福の浪曲浮かれナイト 清き流れの玉川姉弟会@らくごカフェ19:00〜 
奈々福「団十郎と馬の足」太福「自転車水滸伝〜サドルの最期」
私は蔵から久々の演目を引っ張り出し、太福はネタおろしではないかと思います。
前回より、合間に、二人でトークを入れております。二人で公開でしゃべること、まず、ないです。
前売り1800円 当日2000円 らくごカフェ rakugocafe@hotmail.co.jp 03-6268-9818
玉川奈々福・太福の浪曲浮かれナイト13.jpg

11日(金)ふたりらくご@ユーロライブ18:00〜
出演:古今亭文菊 玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
木戸銭:当日券=大人1,200円/学生900円/高校生・落研600円/会員1,100円
前売券=大人1,000円/学生700円/高校生・落研400円/会員900円
会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員 当日券は開演1時間前より販売
全自由席(178席)券面記載の整理番号順に入場
◆電話による前売り予約 (平日10:00〜18:00):0120-240-540(カンフェティチケットセンター)
posted by ななふく at 17:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430690752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック