プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2013年01月31日

安聖民との浪曲パンソリ談義

「浪曲からパンソリへ パンソリから浪曲へ 半島と列島を結ぶ芸能の道、路上の声」
夜の部完売いたしましたーー!
昼の部、お席まだございまあああああああああああっす!

パンソリの安聖民さんと、FB上での会話。面白いので転載。

奈々福:パンソリは節は決まっているのかな。浪曲は演者により全く違う。とはいえ、全く自由なのではなく、節には形があり段取りがある。だから師匠について修業してない人の節は一発でわかる。

聖民:節。うーん…演者によって違うというのは、同じ歌詞でも演者によって違う旋律で歌うということですか?

奈々福:そうです。同じ演題、同じ歌詞でも違う。でも、浪曲は、パンソリほど演題を共有していないので、テキストや演じかたも、演者ごとに違ったりしますけれど。まず、節付けのしかたが、演者ごとに違う。もちろん、師匠のまんまに演じる演者もいますが、浪曲の理想は、「自分の節」を作ることなので。

聖民:パンソリも、一流の演者になると、自分で師匠が歌っていた旋律とは違う節回しを作ります。私はまっだまだですが・・・。旋律の流れをパンソリではソリキルといいます。ソリは音or声、キルは道という意味です。ソリキルはある程度決まった型があります。そして、パンソリの場合はやはり伴奏が太鼓だということもあり、旋律もさることながら、リズムが大事です。

奈々福:ああ。なるほど。そんな話も、当日できるかしら。したいですね。浪曲の三味線は弦楽器であると同時に、打楽器でもあります。やはり、リズムです。

聖民:三味線ってそうですよね・・・。羨ましいです。ソリはKeyを保つのがとても難しいから・・・。パンソリは、節=テモク、啖呵=アニリといいますが、アニリで演じることに入り込んで興奮し、Keyが上がってしまうと次のテモクで死にそうになります・・・というか、その後の展開が・・・。上がってしまったKeyは落とせないので、自分で自分の首を絞めにかかるという・・・(涙)

奈々福:なるほど!音程支えてくれるものがないと、大変だ!

聖民:浪曲は場面によって使う節に型はありますか?パンソリの場合は悲しい場面には界面調(ケミョンチョ:短調)の旋律、チニャンヂョ(18/8)やチュンモリ(12/4)のリズム…とだいたい決まっています。例外もありますが…。浪曲も節リズムに名前はついていますか?

奈々福:ついていますよ。外題付(冒頭の節)は、まず「きっかけ節」で始まります。それからリズムのある節、「関東節」「アイノコ節」「キザミ」……関東節の中にも「関東節の地節」「憂いの関東節」「阿部川町の節」などがありますし、アイノコ(浮かれ節)も演者によってバリエーションがあります。悲しい場面は、「愁嘆」「憂い」という節を使うことが多いですが、私たち関東節では「憂いの関東節」という、コードはメジャーだけれど、なんとなく憂いの漂う節を使います。風雲急をつげる場面では「セメ」。あと「言葉ゼメ」とか、いまはほとんど使う人のいない「説教」「四つ間」「観音」「勘違い」。また、演者独自に開発した「約節」などもあります。 安さん(18/8)とか、(12/4)とかがわからない。どういうリズムか、当日、教えてほしいなあ!

聖民:なるほど!節の名に数がたくさんあってびっくりしました。パンソリは曲調(いわゆるメジャー、マイナーの区別)が大きく羽調(ウヂョ:長調)、界面調(ケミョンチョ:短調)の分かれていて、細かい節回しには〜モク(〜喉)という名前がついています。これはたくさんあります。例えば、いわゆるビブラートは「トヌン モク(震える喉)」とか・・・。当日、少し例を挙げたりして観客の皆さんにご紹介すると楽しいかも・・・^^ リズムについても!

奈々福:浪曲は、メジャーマイナーがはっきり分かれていなくて、節の中でも行ったり来たりします。「モク」に興味あるなあ。やってみてほしいなあ! 私がパンソリワークショップ受けたいぞ!

聖民:メジャーマイナーですが、パンソリでも行ったり来たりしますよ。私も「きっかけ節ってこんな感じ・・・」みたいなレクチャーを受けてみたいです!

2月9日(土) 浪曲からパンソリへ パンソリから浪曲へ
出演:玉川奈々福=浪曲。曲師:沢村豊子  
   安聖民(アン・ソンミン)=パンソリ。コス(太鼓)*李昌燮(リチャンソプ)
   道案内人=姜信子
笑いたっぷり昼の部@木馬亭13時〜
木戸銭:3000円(全席自由)
予約問合せ プロジェクト福太郎 tamamiho55@yahoo.co.jp 090/7001/6867
posted by ななふく at 22:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック