プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
ななふく本舗ONLINESHOP開店! こちらでも扱います。
ジャケット.jpg

クラシコムインタビュー
https://kurashicom.jp/6882

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2010年11月08日

奄美の支援に多少なりとも……。

「東庄ふれあいまつり」のことを、東庄町の岩田町長さんがブログに書いておられて、ツーショット写真が載りました。岩田さんは、私の亡くなった父親にちょびっと似てる。
とても魅力的で、精力的な町長さんです。
http://iwatatoshio.com/archives/262

さて、夏に奄美で浪曲会を企画してくださったMさんが、「奄美の支援に参加したい」と私がブログに書いた言葉を受けて、チャリティ浪曲会を企画してくださいました。この浪曲会の収入はすべて奄美大島に寄付する予定です。どうぞいらしてください。以下、Mさんの言葉より。

10月20日からの豪雨により、奄美大島は壊滅的な被害にみまわれ、100億円以上という膨大な被害となりました。東京においても、各区や各団体等が義援金寄付の呼びかけを開始しています。
 今夏の8月、名瀬公民館にて浪曲好きな人や浪曲を知らない若い人にも、生浪曲のすばらしさを実感してもらうイベント「見て、聴いて、元気になろう!生浪曲@奄美大島」を開催、多くの人に喜んでいただきました。
 その際、出演してくださった浪曲師、玉川奈々福さんが「大好きな奄美大島のために、支援活動をしたい。」とブログに発信してくださったのを知り、夏の公演のお礼に、チャリティー浪曲で支援の恩返をしたいと考えました。
 東京近郊在中の鹿児島県立大島高等学校22回卒同窓会、関東新北風(ミーニシ)会のメンバーに呼びかけ、玉川奈々福さんと共に、奄美大島復興支援に少しでも役立ちたく“奄美大島 豪雨支援チャリティー浪曲“を企画しました。


奄美大島 豪雨支援チャリティー 浪曲会
■日時:2010年12月11日(土)
■場所:亀戸文化センターhttp://www.kcf.or.jp/(カメリアホール)6F和室
■時間:開場 18:30〜
    開演 19:00〜
■出演:玉川奈々福(曲師・沢村豊子)2席
■木戸銭:3000円(寄付金となります)
■予約問合わせ:支援チャリティー浪曲 実行委員会
 連絡先 03-3429-5263 森まで
(夜7時以降、日中は留守電へ)  
 Mail : roukiyokuamami@gmail.com 

それからそれから。奈々福がいま、超必死になって取り組んでいるのが、「銭形平次捕物控 雪の精」。
先日お客様から、昭和54年に木馬亭で国友忠先生がこの演題を演じられたときのパンフレットをいただきました。
パンフレットとともに、そのときの国友先生がいかに素晴らしかったかも、伺いました。
「凄かったんだ! あとにも先にもないような名演だったんだよ!」
でもって、当日期待しているよと……嗚呼! 奈々福はどうしたらいいんでしょう。
押しつぶされそうになりながら、でも毎日毎日、少しずつ、聞き、覚え、口を慣らしていっています。
ふつう、では、できない演題です。
量的にまず、通しで二時間近くある。
内容的にも、名人・国友先生の、技術の粋の集まったような演題ですから、難易度高い。
ああ、なんで「やってみたい」なんて、気の迷いで豊子師匠に言っちゃったかなあ。
泣きそうになりながら、でも、この演題を演じられるなんて、なんてすごいことだろうと、
一方でワクワクドキドキしつつ。
ここ一番の力瘤、天上の先生に、どうか力を貸してください、と祈りつつ、
お客様にも、どうか奈々福の「必死」を支えてくださいと、ご来場をお願い申し上げる次第です。

定席のとき、外題付けだけ、豊子師匠のお三味線に合わせてやってみました。
「アンタ、国友節の呼吸は、先生のとおり、ぴったりとっているね」
お師匠さんの言葉を力に、頑張ります。

「銭形平次捕物控 雪の精 長編浪曲一挙口演の会」@木馬亭
12月23日(祝)17:30開場 18:00開演
出演:玉川奈々福(曲師・沢村豊子)
木戸銭:全席自由 前売り2500円 当日3000円
予約問合せ:プロジェクト福太郎 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867





posted by ななふく at 21:22| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私のブログを紹介していただきありがとうございます。タイトルの通り、「浪曲は こころのふるさと・・・」という想いです。
いろいろな事に明るく前向きに挑戦されている奈々福さん。お会いすると私も元気が出ます。
夢と志を持つことが、前に進む一歩に繋がります。
また、お会いできる日を楽しみにしております。
私も、情熱を持ち挑戦し続けます!!
Posted by 岩田 利雄 at 2010年11月13日 10:39
うわあ! 岩田町長さんの書き込みだ!
ありがとうございます。
先日は大変お世話になりました。ブログのタイトルが、「浪曲」であることに驚き、嬉しく、拝読させていただいております。玉川を名乗る私にとって、東庄は、芸の上での故郷です。東庄町の皆さんに自慢していただけるような芸人になりたい! 精進いたします。でも、行くたびいい町だなあと思います。歴史があって、物語があって、古いお祭りがあって、新しいお祭りもあって、いずれも老若男女こぞって参加していて、農業が盛んで……年末に向けて大変ですが、どうかどうかお体お大切になさってくださいませ!
Posted by ななふく at 2010年11月13日 15:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック