プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
ななふく本舗ONLINESHOP開店! こちらでも扱います。
ジャケット.jpg

クラシコムインタビュー
https://kurashicom.jp/6882

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2010年07月17日

気どるな、力づよくめしを食え!!!

今日は豊子師匠のおうちでお稽古をしていただきました。
来月のおはようライブでネタおろしする演題を、初めて三味線に乗せてやらせていただきました。それから、今月お寺でやる予定の演題。びしっと二席。
汗かいて、腹に力入りました。
梅雨明け富士山.JPG
梅雨があけましたね。富士山の影絵が美しく見えました。
よのすけ.JPG
小倉充子さんの代表作「ざるそば」の暖簾がかかった、小粋な町の蕎麦屋。
独酌.JPG
独酌。斬九郎という長野のお酒。男らしい味わい。肴は塩と……。
みんなの大衆めし.jpg
この本。オトモダチのエンテツさんと、瀬尾幸子さんの最新刊。
エンテツさんの標語は、「気どるな、力づよくめしを食え。」
そう。旺盛な食欲と、それを満足させるために発揮される創造力と、気取らず食べる幸せがみっちり詰まった本。
この本を肴に、これからがっつり、食べます。
「ちょっと遅れる、ごめん!」とオトモダチからメール。
もうすぐ来るでしょう。稽古して、カラダ使ったあと、親しいオトモダチと食べる晩飯。幸せだねえ。
暑い夏を乗り切るために、食欲よ。

7月25日(日)観蓮会 浄土蓮想@鎌倉材木座・光明寺(鎌倉市材木座6-17-19)
出演:玉川奈々福(曲師・沢村豊子) 
新野順子・松村真知子(朗読「蜘蛛の糸」「浄土賛歌」)
浄土宗吉水流詠唱
引聲念仏
16:30開演 前売2,500円 当日3000円
予約問合せ:浄土宗大本山光明寺教務部 0467-22-0603

7月30日(金)31日(土)佐賀「次世代リーダー養成塾」講師

8月1日(日)浪曲 玉川奈々福の世界
@カンティーナ赤坂(福岡市中央区赤坂2-3-28)
出演:玉川奈々福(三味線・玉川みね子)
17時開演 料金:2500円(ワンドリンクつき)
予約問合せ:092−712−0745

8月7日(土)玉川奈々福のおはようライブ ほとばしる浪花節!@浅草木馬亭
出演:玉川奈々福(曲師・沢村豊子)
新演目「赤穂義士銘銘伝 俵星玄蕃」他一席
10:00開場 10:30開演
木戸銭:500円(朝一番の笑顔付!)
問合せ:プロジェクト福太郎090-7001-6867

8月7日(土)木馬亭定席@浅草木馬亭


posted by ななふく at 19:58| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あねご様(*^_^*) 覚えてるかなあ…大学のクラスメイトの淳ちゃんですよ〜☆
頑張ってるね〜(^O^)
25日の公演☆N氏とI氏とY氏と私たち夫婦と伺います(*^_^*)
楽しみにしてるね☆
Posted by たき じゅんこ at 2010年07月18日 11:35
ひゃあ、じゅんこちゃんじゃないかー! なつかしい。元気ですか。皆さん来てくれるんですか、ひゃあひゃあ、緊張するなあ。とにかく、大きなお寺で、古代蓮の花盛りの池の真ん中でやるということで、蓮の花を見るだけでも十分価値ありますから、楽しんでください。会えるのを楽しみにしてます!
Posted by ななふく at 2010年07月18日 14:55
ななふくさん、夏バテしないよう、がっつりくって、がんばってください。今回の瀬尾さんのレシピは、がっつりくうのによいものばかりです。

瀬尾さんは、ななふくさんたちの浪曲が初浪曲でしたが、楽しかったとよろこんでいました。誘ったかいがありました。

また行きます。
Posted by エンテツ at 2010年07月20日 17:15
おお、エンテツさん!
なんかあの本は、夏バテする今こそ、嬉しいですよ。元気になる肴でしたよ。エンテツさんの文章も嬉しくてね、日本人のスタミナ好きとかね、豆腐ぐちゃぐちゃにして食うとかね、わっしわっしと食べようという元気が湧いてきますよ。カラダあってのモノダネですもの。理屈より、身体だ!
Posted by ななふく at 2010年07月20日 17:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。