プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2009年10月01日

浪曲Dramatix!!

DVD「浪曲Dramatix―浅草木馬亭の浪曲師たち―」につきましての情報が「月刊浪曲」に掲載され、お問い合わせをいただいております。
このたび、木馬亭で収録した浪曲19席を収めたDVDが発売されることになりました。
実に、実に恐縮ではありますが、奈々福の浪曲も収録していただいております。
大先輩たちに混じって、未熟で身の縮む思いですが、ありがたいことと思っております。
DVDは全5枚です。
構成は以下の通り。

1、国本武春「紺屋高尾」(曲師・沢村豊子)、玉川桃太郎「越の海勇蔵」(玉川裕子)、春日井梅光「越後獅子祭」(佐藤貴美江)、東家三楽「名工二代」(渡辺京子)
2、藤田元春「良弁杉」(玉川みね子)、木村若友「慶安太平記」(豊子)、二代目東家浦太郎「弥作の鎌腹」(伊丹明)、五月一朗「乃木将軍伊勢参り」(五月歌絵)
3、港家小柳「両国橋最後の勢揃い」(明)、三門柳「小仏峠の雪」(明)、澤孝子「徂徠豆腐」(貴美江)
4、富士路子「権太栗毛」(豊子)、天津ひずる「恋の絵図面」(貴美江)、月子改メ五代目天中軒雲月「若き日の小村寿太郎」(豊子)、富士琴路「深川情話」(明)
5、玉川奈々福「平手の駆けつけ」(豊子)、大利根勝子「梅山家の縁談」(みね子)、国本晴美「忠治関宿」(豊子)、葵わか葉「花吹雪野猿の図」(豊子)。

各3000円(税込)。解説付き。

以下「月刊浪曲」よれば。
「演者の熱演はもちろんのこと、呼び込み風景や演者の口演に合せて撥をさばく曲師の迫真の表情なども収録されていて、目で見て楽しめる工夫もされている。ベテランから若手までがそろい、木馬亭の臨場感をそのまま味わうことができる」

これを、10/30の「五代目天中軒雲月襲名披露豪華顔見世浪曲大会」に合わせ、発売開始するとのことです。
でもって、年末には五枚をセットにしたBOXを発売予定。これには特典映像「浪曲師物語」として、木馬亭席亭・根岸のおかみさんのインタビュー、浪曲師・曲師インタビュー、楽屋風景、浪曲新種族・もぎたてカルテットなどを収めたDVD一枚がつきます。私はこれが見たい黒ハート
こちらのBOXは特典映像収録DVDが入って六枚セット、さらに解説も冊子となって、定価15000円(税込)。
12月27日に木馬亭で催す「木馬亭40周年記念公演」にて、発売開始する予定です。

木馬亭や浅草イサミ堂などで常時発売する他は主に通信販売になるとのこと。
製作・発売、問い合わせは株式会社秀真(03・5391・1035)」

でもって、奈々福はなにやってるかというと。
新作づくりにくるぢんでおります〜〜〜。
今回はむずかしいい〜〜〜〜っ!!
11/7の「高畑勲アニメ作品に挑む講談&浪曲の会」@武蔵野芸能劇場
のためです〜〜〜。スタジオジブリ作品の「平成狸合戦ぽんぽこ」を浪曲にしなくちゃならないんです〜〜〜。
なんで映画になってるすっばらしいモンを、浪花節にするんでいっ!?
のたうちまわって、お稽古もしてません〜〜〜!
珍しく、胃痛(涙)。 
ああ、無事にその日を迎えられるのか、奈々福に明日はあるのか(ちょっと大げさ)。
posted by ななふく at 21:06| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 とうとう全貌が明らかになってしまいました。年末の物いりな時期に・・・1万5千円。。。。

 木馬亭のあの!昔の喫茶店にあったような「照らし」のようなコーナーに並ぶのですね・・・それだけでもワクワクします。

 「夜ばし麦」を売りに出るか、元で要らずの「厄はらい」にでも出るしかないか・・・・。


※ あの方の名前が、ないのが寂しい・・・・。
Posted by マックス at 2009年10月01日 23:48
ななふく姉さん、こんにちは。
虎造大ファンの新九狼(しんくろう)と申します。
かつて虎道の名前で書き込ませていただいたことがあります。

DVD「浪曲Dramatix―浅草木馬亭の浪曲師たち―」大変面白そうですね。

ご存知かもしれませんが、虎造大ファンの元NHKアナウンサーの八木健さんが発起人になられて「虎造節保存会」が本年設立されました。私も理事としてお手伝いさせていただいています。虎造節浪曲カラオケDVDも作成・販売しています。
http://www.kokkeihaikukyoukai.net/torazou/index.html

その虎造節保存会が第一回虎造節全国大会を「木馬亭」で来秋開催するのですが、その日程が決まりましたので、こちらで告知させていただきます。

--------------------------------------
第一回浪曲虎造節全国大会

日 時:平成22年9月23日(木・祝)
場 所:東京浅草・木馬亭
主 催:虎造節保存会
問合せ:虎造節保存会
〒791-2103 愛媛県砥部町高尾田1173-4
tel090-5140-8826 fax089-957-1155
メール torazoubushi@mbn.nifty.com
--------------------------------------

曲師は澤村豊子師匠が引き受けてくださっています!
私も唸ってみたいです。

ななふく姉さんも出られませんか?
よかったら周りの方にも教えてあげてください。
Posted by 新九狼 at 2009年10月02日 21:14
またご存知かもしれませんが、水路の発達した大阪はかつて水の都と言われました。近年大阪の水辺の賑わいを取り戻そうという気運が高まり、虎造師匠の『三十石舟』で有名な八軒家浜船着場も復活開港しました。この八軒家浜で虎造師匠の浪曲コンテストを開く活動を実況するブログを開設いたしました。

「桜の花が咲く頃大阪八軒家浜で虎造浪曲コンテストを開こう。」
http://ameblo.jp/osaka-torazo/

もしお時間があれば訪ねてみてください。
また気に入ったら周りの方にも教えてあげてください。
テーマは「浪曲による社会貢献」です。
Posted by 新九狼(しんくろう) at 2009年10月02日 21:16
マックスさん
はい。木馬亭ロビーのあのショウウィンドウに燦然と飾られることでしょう(笑)。
新九狼さま
風呂屋に行けば誰かが「石松三十石船」をうなってる……そんな景色が復活したら面白いですね。いまでも断然人気の高い虎造先生ですから、浪曲ルネッサンスのために、保存会が活発に活動されることを期待しております。
Posted by ななふく at 2009年10月02日 21:57
ななふく姉さん
コメントありがとうございます。

私も銭湯で唸ったことがありますが、のぼせて大変でしたよ。
銭湯で誰かがうなっている光景もいいですが、クラブに行けば若者が虎造節で踊ってる...そんな光景が出現したら面白いです(笑)。
Posted by 新九狼(しんくろう) at 2009年10月02日 22:53
「平成狸合戦ぽんぽこ」は二度見ましたが、このアニメが15年前に制作された意義は、大きいと思います。
私は乱開発、自然破壊に対する警鐘的映画と見ました。今でこそ「ダム建設中止」や「鞆の浦埋め立て差し止め」などの景観保全、自然保護の流れになってきていますが、15年前はそうではなかった。それゆえ、このアニメに、おそらくエコロジストであろう高畑監督の先見性とやさしさを見出しました。
必死で抵抗する狸たちが、ベトナム戦争のベトコンのようであり、全共闘の学生のようであり、百姓一揆の農民のようであり、なにか物悲しかったです。でも私の一番好きなアニメですね。
奈々福さんは、この映画を浪曲にするのですね。いいものを作ってください。期待しています。ものすごく聴きたいです。
Posted by よしりん at 2009年10月03日 21:10
よしりんさま
いい映画、だからこそ、浪曲化するのが難しいです。なぜ浪曲にするのか。浪曲だからこそという表現がありうるのか……。
Posted by ななふく at 2009年10月04日 01:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック