プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2008年12月21日

岐阜→上野。ロードは続く。

朝、まだ暗いうちに起きて、昨日は岐阜へ。
三年続けて呼んでいただいている瑞浪市稲津地区の落語と浪曲の会。昨年同様、三笑亭夢太朗師匠とご一緒させていただきました。
12月とは思えない暖かさ、晴れ渡った空の下。
今年は去年以上に、公民会いっぱいのお客様でした。
年末の忙しい時期なのに。
この会のお客様は、毎度思いますが、本当に聞き上手であたたかい。
一席目の「陸奥間違い」、あんなに笑ってもらったの、初めてかも。
去年の「シンデレラ」が良かったよと言っていただいたので、二席目は、ハマるかどうか心配しつつも、新作「金魚夢幻」を。
ところがここでハプニング! 演題に入ったところで、マイクが突然ふっつり切れる!
300人近く入っている公民館。しかも二席目。
マイクなしはツライかな〜と、一瞬動揺したのですが、もう、
このお客様のためなら、ノド、切れてもいいや!
逆に腹据えて、思いっきり腹筋使って声出しました。
お客さんもさすが! ハプニングが起こったとたん、前のめりになってくれるのがわかりました。
金魚でリーマン破綻でアラブでオークションなのに(ご存知ない方にはナゾですね)。
ぐうっと集中して、よく笑ってくださって。
この会の、世話役をしてくださっている、三代目の先生このかた玉川一門を贔屓にしていただいているN先生は、若き日のご自身の奥様とのラブ揺れるハートの思い出が蘇ったみたいで、終演後「あれは僕の話かと思ったよ!」と。奥様があわててましたが、何より嬉しい反応でした。
そして、夢太朗師匠の高座を袖で拝聴できたのも、嬉しいこと。
夢太朗師匠は、ちょっと、うちの師匠と似ておられる気がします。
準備をしてくださった、稲津のみなさま、本当にありがとうございました!
終わって、帰りの新幹線。二席がっつり支えてくださったみね子師匠と、「ほっとしたね」と祝杯。
ちなみにみね子師匠はワンカップ大関。奈々福は、エビスビール(ちょっと贅沢)。尽きぬおしゃべり。楽しい時間でした。

でもって、今日は東京での仕事おさめ。
若手浪曲広小路亭の三味線です。
純粋に曲師を務めるという仕事は久しぶり。
出演は、玉川太福・玉川ぶん福・富士琴美・東家若燕。
もうお一人のお三味線は、玉川祐子師匠。
当然、妹弟弟子を弾くんだと。ところが、寄席に着くや。
「姉さん、太福と、もう一人は琴美姉さんを弾いてください」
オーマイガッ! ぶん福。私を誰だと思っている。関東節の奈々福だぞ。いきなり言われて関西節が弾けるか。
威張るな奈々福。できないのは、私の罪よん。
ああっ、琴美さん、お客様、ごめんなさい〜〜〜〜(涙)!
ネタおろしを助けて盛り立てるどころか、足引っ張ってしまいました〜〜〜(涙)!

でも、初めて弾かせてもらう琴美さん。足を踏ん張って腹の底から声出して、ステキでした。うらやましいような、いい声節。弟弟子も、頑張っていました。顔をぴかぴか光らせながら、一生懸命。
そうだ。思い出した。私は師匠を弾いているときに、曲師ってのは幸せだと思ったんだった。特等席で、浪花節を味わうことができる。師匠を浴びることができる、と。
自分の不出来をタナに上げてナンですが、今日もナカナカ、曲師は楽しかったです。

ああ〜〜ん。ちょびっとへろへろ。でも、休んで元気にならなくちゃ。明後日はまた朝早く出かけて、群馬県前橋市での、大利根勝子師匠のお仕事の、前座。勝子師匠とご一緒、その上初めての場所なので、このお仕事も楽しみです。
今日は冬至。おか〜さんが、お風呂に柚子を入れてくれました。あごまであったまって、朝鮮人参エキス飲んで、寝ます。
posted by ななふく at 22:23| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日の広小路亭には、浪曲を聴きに行くというより、曲師奈々福を拝見に行きました。奈々福さんの三味線を聴くのは初めてのこと、成る程、弾き方も掛け声もみね子師匠によーく似ておられますねぇ。土のにおいのするみね子師匠、華麗な豊子師匠も好きですが、爽やかさっぱりの奈々福三味線も、今後是非また聴かせて下さい感嘆符三味線も関西節・関東節両方の三味線を聴き、今回の日記を拝読し、浪曲・浪曲師・曲師との関係が、理解出来る良い機会でした。若燕さんを聴くのも今回初めて、ビンゴ大会のぶん福さんの楽しい歯科医進行、番号を引く太福さんと、こちらも楽しかったです。
Posted by 亀鶴 at 2008年12月22日 10:38
亀鶴様
どぅああ(冷汗)。袖から、御姿を見ておりましたが、本当に、昨日はひれはれほれ……なんと申し上げてよいやら、冷や汗かきました。関東節なら、ある程度弾きこんでますが、低調子は、特にバラシという最後の追い込みの節で、演者を盛りたてることが、まだ私の腕ではできず、もう、平身低頭です。でも、みね子師匠に似ていますか。似るといわれると、うれしいです。楽しんでいただけたのなら、よかった(ホッ)。
Posted by ななふく at 2008年12月22日 13:18
http://www.genkey.jp/traffic-sight.html

近くにあります。温泉 元気ランド。
Posted by なべ at 2008年12月22日 20:06
なべさん! ご来場賜っていたとは! ありがとうございました。貴重な情報まで。日帰りでは無理でした(涙)。でも、私、上毛電鉄のファンになりました。いやあ、いいわあ。上毛電鉄!
Posted by ななふく at 2008年12月23日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111524159
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック