プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
ななふく本舗ONLINESHOP開店! こちらでも扱います。
ジャケット.jpg

クラシコムインタビュー
https://kurashicom.jp/6882

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2020年04月23日

私事になりますが。

コロナ禍のなか、みなさん大変な思いで日々を送っておられるのではないかと思います。
心より、お見舞い申し上げます。
どうしたらこの事態をしのげるのか、前向きにとらえて乗り越える方策を見出せるのか、
考えなければならないところです。

私は、やっと、ようやく、これから考え始めるところです。

私事になりますが。
こんなさなかに、母が亡くなりました。
4月14日でした。
私の主催公演で、木戸番を長らくしておりましたので、お客様で顔を知っていただいている方も多く、「わたしは奈々福さんのお母さんのファンだ!」とおっしゃる方もいらしたので、お知らせさせていただきます。

昨年正月早々に病気がわかりました。
家族で一番健康的な生活をしていた人ですので、本当に驚きました。
その月末に手術をし、経過はよく、春には一緒に染井の桜を楽しみ、だいぶよくなった初夏には、フランス料理を食べに行き、家事もこなし、おだやかに療養しておりましたが、十月に病気の再発がわかりました。
再発の知らせを、ブダペストで聞きました。
呆然、でした。異国にいて、そばにいてやることもできなかった。
帰国後に、
「もう、遠くには行かないで」
と言われたことばが、ぐさっと胸に刺さった。
どんなに不安だっただろう。
それでも希望を捨てず、昨年は病中で行くことができなかった、奈々福の銀座観世能楽堂公演に、今年こそ行くことを目標に療養を続けておりました。
基本、薬の投与のための一日二日の入院以外は、自宅療養。
お正月が無事迎えられたことを喜び、うちで過ごせることを喜んでおりましたが、少しずつ体力がなくなり、少しずつできないことが増えていきました。
お気に入りのソファに横になりながら、私が家事労働するのを眺めつつ、そこはそうだ、あそこはどうのと言っておりましたが、三月中旬に、呼吸が苦しい、病院に行くと言い出し、慌てて母を病院に連れて行きました。
コロナ禍のこの時期、院内感染を避けるために、病院は面会全面禁止。
治らぬ病で入院するということはつまり、息あるうちには会えないかもしれない、ということを意味します。
私は病院のロビーで、車椅子の母にすがって、人目もはばからず号泣していたらしいです。あとから駆けつけた妹がどん引きするくらい泣いていたらしいです。
あまりに泣くので、主治医の先生が。
「あの、一日十分なら、面会許します」
浪曲師の感情表出は、相当インパクトがあったのだろう。
この時期、面会を許すとは、医療従事者の方々に大きなストレスをかけてしまうことです。それを、主治医の先生は許してくださいました。
信頼する先生と、よくお世話くださる看護師、リハビリ療養士の方々が母を支えてくださいました。私も毎日のように通いました。

このコロナ禍を、前向きにとらえるならば。私に、時間があったことです。
母のそばにいられました。
いや、入院してからは辛かった。一日十分なんて、辛かった。
本当はずっとずっと付き添ってあげたかった。
まだまだできたはずのことはあった。
母に寂しい思いをさせた瞬間もあった。もっと楽にさせてやることもできたはず。
「もう、よくならない。悲しい……」
と涙をこぼされたときには、もう、どうしてあげてよいのかわからなかった。
悔いはいくつもいくつも残ります。
まだ76歳でした。こんなに早く……母も悲しかっただろうと思います。

家族のために、本当によく働いてくれる母でした。
よくこれだけ家事仕事をするものなあと、我が母ながら感動することもありました。
「丁寧に暮らしているもの!」
と言った言葉を覚えています。
「家族の潤滑油になる人がいてもいいんじゃない?」
箪笥の中には、母が縫った浴衣、つくったレース編みのテーブル掛けの数々、刺繍のバッグ、コート……どうしたらいいんだというくらい手作りのものが出てきます。
戸棚の中には何十年も記録し続けた家計簿やお付き合いの記録。
子どもたちのご飯は基本、すべて母の手料理でした。味噌は自家製。
うちは両親とも、家庭環境に恵まれずに育ち、たぶん家族に対する強い思いが両親ともにあったのだと思います。
私の幼い頃、親族のことで喧嘩した両親。父が母に手を上げたことがありました。そのとき切った母の啖呵。
「暴力で人の心が変えられると思うなら変えてごらんなさいっ!」
強烈に覚えているなあ。

私が浪曲になることには大反対でした。家の中で三味線弾くことをものすごく嫌いました。
母の母、私の祖母の一番上の兄が、浪曲で身を持ち崩した人だったせいもあると思います。
でも、私が新聞や雑誌に載ったりすると、世間に認められているらしいと認識したらしく、少しずつゆるんできました。
木戸を手伝うと言い出し、洗濯しながら、「〽利根の川風〜」と鼻歌でうたうようになり。
「ねえ、今日はなにやるの?」
と聞かれたときにはびっくりした。
「『仙台の鬼夫婦』か『茶碗屋敷』」
「ああ、あれ、面白いもんね」
母の気に入りは、「仙台の鬼夫婦」「茶碗屋敷」「陸奥間違い」「金魚夢幻」。
「お姉ちゃんの浪曲はおもしろいわよ」
私が二足の草鞋でいっぱいいっぱいになっていたとき、わざわざ私の横に来て。
「お願いです。会社を辞めてください」
浪曲大反対だった母が、そういいました。

小さな葬儀を済ませ、少し、落ち着いたところです。
この一年四か月、ずっと持続的緊張状況にありましたので、まだ心が固まっちゃってる自覚がある。母がいなくなってから、十分には泣けてない気がします。

がらんとした家で、やっと自分と自分のまわりのことを考え始めています。
いまだ新型ウィルスの流行は終息しそうにありません。
母がいるうちは、母の看護以外の時間を、家事と単行本の執筆と、稽古だけに使っておりました。頭がそれ以上はまわらなかった。
まだ単行本は書き終わっておりませんが、そろそろ、今後のことを考えはじめています。
アフター・コロナの世界は、それ以前とは変わってしまうかもしれません。
それを想像し、それでも人と人とのつながりを大切にしつつ、生き抜いていく形を探らなければ。

心配なのは、危機的状況による、人心の荒廃。
そのためにも、社会のセーフティネットとして、芸能はあらねばならぬはずです。

豊子師匠もみね子師匠も、元気にしておられます。
外出自粛以降も、他の人には会うのを慎み、豊子師匠のおうちにだけは通っています。
私は稽古がしたいし、豊子師匠は人としゃべらないと精神の均衡が保てないので。
奈みほもまみも元気です。
彼らも他の人と会うのを慎み、豊子邸に稽古に通っています。
平常時よりよほど稽古している(笑)。
みね子師匠もたびたび豊子師匠の様子を見に来てくださいます。
なんて恵まれてるんだ、豊子師匠(笑)。
そして、実演の舞台がなくて淋しいんだろうなあ、師匠方から電話がかかってきます。
昨日は秀敏師匠から電話がかかってきた。
「奈々福さん、アンタ元気?」
はい、元気ですと答える前に、電話口で、この次の舞台のときはこのネタやろうと思うのよって、電話口でうなり始めたのには参った(笑)。

さあ、いろいろ考えよう。

私を応援してくださっているお客様にとって。
私にとって。豊子師匠や弟子たちにとって。
そして、浪曲にとって。
よりより形を、これから考えます。
浪曲の灯が消えてしまわないよう。
相当の危機感があります。この危機感を、浪曲界の誰と共有できるだろう。
考えます。
posted by ななふく at 11:37| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

5月の暫定予定

5月もまったく見えない状況ですが、ざっくりと挙げておきます。すでに中止の決まっているものは挙げません。詳細は追って。

5月の定席木馬亭は、木馬亭開場50周年を祝い、7日間毎日企画公演で組んでおりましたが、定席は開催しますが、企画そのものは先延ばしをします。現在、番組を組みなおしておりますが、奈々福のいちおう出演予定は、1日と7日です。正式に決まり次第、アップします。
7日間、発案から、出演者全員の都合と、企画内容を擦り合わせて、大変苦労して組んだ一太郎さんが、お気の毒すぎます。
なんとか5月の定席が無事に開けますように。→国の緊急事態宣言を受け、中止になりました。木馬亭が開場したのは、50年前の5月。まさに50周年を祝う月だったので、大変残念です。

10日(日)「赤坂で浪曲14周年記念興行」@赤坂・カルチャースペース嶋 14時〜→7月19日に延期になりました。
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)、玉川太福(曲師:玉川みね子)、国本はる乃(曲師:沢村豊子)

12日(火)NHKハイビジョン特集「森山大道 その路地を右へ」@BSプレミアム9:00〜
2009年に撮ったものの再放送です。寺山修司の書いた浪曲「新宿お七」をうなる場面が、入ってます。
13日(水)の午前10:45〜からも放送があります。

16日(土)三遊亭白鳥独演会 白鳥ジャパンVol.7 in横浜@横浜にぎわい座13:30〜→延期日程が合わず、企画としては中止になりました。
☆白鳥師匠からのご指名で「流れの豚次伝」より一席、浪曲にてご披露予定。ぎゃ〜〜〜。

19日(火)イカれてイカした音楽会@ムーブ町屋ムーブホール18:45〜→延期になりました! 詳細追って。
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子) 遠峰あこ
☆道楽亭とおひつじ亭の共同企画。あこちゃんと奈々福のご趣向アリ。

23日(土)もー吉ライブだ浪花節!@神楽坂・もー吉→延期になりました。秋の予定です。
出演:玉川奈々福 玉川奈みほ(曲師:玉川みね子)

26日(火)毎週通うは浪曲火曜亭@日本浪曲協会広間19:00〜→火曜亭は6月末まで中止となりました。
出演:玉川奈々福 東家恭太郎(曲師:沢村豊子)

28日(木)行徳名人会〜いろどり特選会@行徳文化ホール18:00〜→延期になりました。延期日程未定。
出演:柳家喬太郎 春風亭一之輔 玉川奈々福(曲師:沢村豊子) 柳亭小痴楽
https://www.tekona.net/gyotoku/event_detail.php?id=1077

30日(土)群馬県にてクローズの会。→中止になりました。





posted by ななふく at 12:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。