プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2019年03月18日

第11回伊丹十三賞をいただきました。

第11回伊丹十三賞、をいただくことになりました。
http://itami-kinenkan.jp/award/award11.html?fbclid=IwAR0oJLCZ4y0bs6ER_ZxbCU0g3ddIcJqY44Pt40Nk2L4FiH0jkmXZlgVecMg
すでにたくさんのメッセージをいただきまして、私の受賞をこんなに皆さんに喜んでいただけることを、本当に嬉しく思っております。
ありがとうございます。

お知らせを聞いたときには……何を言われているかわかりませんでした(笑)。
人間は、新しい情報が入るときに、推測しながら評価判断しておりますね。
まったく予期せぬ情報が入ってきたときに、私の脳みそは判断不能になりました。

受賞理由を教えていただきました。
「現代の観客のこころを動かす語りの芸と、浪曲にあらたな息を吹き込む卓越したプロデュース力に対して」
うわあ。
伊丹十三という方は、恐ろしくマルチな才能を持った方でいらっしゃいました。
俳優、作家、エッセイスト、デザイナー、映画監督、お料理も上手で遊びも上手。
「お葬式」も「マルサの女」も見たけれど、「タンポポ」という映画が大好きだったなあ。
だからこの賞は、「この道一筋!」ではない、一色ではくくれない多才にして多彩な活動をされる方々に送られるのだ、ろう……というか、
歴代受賞者の方々を見て仰天した!
とんでもない方々ばかりです。
一応、挙げましょうか。

第1回(2009) 糸井重里
第2回(2010) タモリ
第3回(2011) 内田樹
第4回(2012) 森本千絵
第5回(2013) 池上彰
第6回(2014) リリー・フランキー
第7回(2015) 新井敏記
第8回(2016) 是枝裕和
第9回(2017) 星野源
第10回(2018) 磯田道史

……で、第11回が奈々福。受賞者ラインナップとして、おかしいです。
でも、ご縁のある方々が多いのも嬉しい。
第一回の糸井重里さん、先日ほぼ日で「ほぼ日学校長」河野通和さんと対談したばかり。
第三回受賞者の内田樹先生は、MTK(もっと玉川奈々福を関西に呼ぶ会)の最高顧問でいらっしゃいます。
第五回受賞者の池上彰先生は、一緒の年に京都造形芸術大学の夏季集中講座の講師をさせていただいたことがあって(もちろん奈々福は浪曲の講座でした)、ご一緒にご飯食べたときに、会社辞めること相談したご縁があります。
第七回受賞者の新井敏記さん、私のこと覚えてくれてるかなあ。編集者時代に企画ご相談したことがありました。

もとい。受賞理由を読み返す。
観客のこころを動かす語りの芸……がある、と評価していただいたこと。涙。
浪曲にあらたな息を吹き込むプロデュース力……プロデュースを評価していただいたことは嬉しいなあ。
しかも、浪曲にあらたな息を吹き込む、と。
絶滅危惧状況にありながらも、浪曲はとんでもない芸であるから、あんな見せ方したら、こんな見せ方したら素敵になる、
それにもっと浪曲を知りたいからこそ、他の芸能についても知りたいと、コラボやら、「語り芸パースペクティブ」やら、
あんなことこんなことを興味に任せてやってきたことを、見てくださったことが素直に嬉しいです。
浪曲にいま、新しい風が吹きつつあります。
それがもっと気持ちよく吹いてくれるように。
浪曲を志して入ってきた若手が、のびのびと育ってくれるように、力を尽くしていきたいと思っております。

2019年3月18日 玉川奈々福
posted by ななふく at 23:36| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

ないしょ話と5月の予定。

今年は、神輿になる。かついでやろうという方々がいらしたなら、かつがれてみる、年。なんですが。
まだ内緒なんだけど、言えることだけ言っちゃう。
6月に、某メジャーレーベルから、歌手デビューすることになりました!
うっわあああああああああ、びっくり。
いやまさかこんな展開になるとは思わなかったですよ。歌は封じられていましたから。
歌うのは「刀剣歌謡浪曲」と銘打たれたものです。
あ、でも浪曲じゃなくて、ちゃんと歌です。……ということまでは言ってよろしいと会社に言われたんで言っときます。

随時更新しますが、暫定で5月の予定を挙げておきます。

【完売御礼】5月1日(水)奈々福版 浪曲熱海殺人事件@紀伊国屋ホール19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
ゲスト;柳家喬太郎
熱海殺人事件.jpg
☆な、なんと、発売初日に完売でした。「熱海」で「喬太郎師匠」ゲストとくればねえ。それにしてもです。ああ、大変、どうなることやら、頑張ります!

2日(木)芸能巡礼 vol.00 「芸能原始時代の幕開け〜徳島編」@代官山 晴れたら空に豆まいて19:00〜
【出演】玉川奈々福・長岡マイル・越路よう子 あわうた(映画試写会)
【前売】¥3000 【当日】¥3500(共に1ドリンク別途)
【開場】18:30 【開演】19:00
★1部 TALK(玉川奈々福・長岡マイル・越路よう子) 〜浪曲  玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
19:45―20:00 休憩
★2部 映画「あわうた」(長岡マイル監督作品)試写会〜TALK(玉川奈々福・長岡マイル・越路よう子)
予約:3/29より予約開始。03-5456-8880(15時〜22時)@ご希望の公演日Aご予約の枚数Bお名前Cご連絡先をお電話にてお伝えください。その際、整理番号をお伝えいたします。それでご予約は完了です。 サイトからの予約も可能です。
これは、これから始まる私の壮大な構想の、プレイベントです。構想が成るか成らぬかは現状ではわかりませんが、そのためのワンステップです。徳島になぜ私がこんなに惹かれるのか。
徳島には、浪曲において、また芸能において重要な要素が、詰まっており、私はそこに巡礼の旅に出たい、そこで浪曲をしたいと思っているのです。そして、私が惹かれる理由を多くの人に共感していただき、おいおい芸能聖地巡礼の旅をつくりたいと思っています。それの共犯者(笑)にして、キーパーソン、歌手でプロデューサーの越路よう子さん、徳島在住で徳島を撮り続けておられる映像作家の長岡マイルさんと、ディープ徳島話と、今後の構想をおしゃべりしようと思います。もちろん浪曲もやります。でも徳島ネタはまだ持ってないから、なんか違うヤツ。


3日(金・祝)玉川福太郎十三回忌追善公演@木馬亭18:00〜
出演:イエス玉川 玉川福助 玉川こう福 玉川奈々福 玉川ぶん福 玉川太福
曲師:玉川みね子 沢村豊子
料金:全席自由3000円
主催:玉川福太郎一門会 tamamiho55@yahoo.co.jp
0001-2.jpg
☆師匠・福太郎が亡くなりまして、丸十二年が経ちます。一門と、福太郎の兄弟子であるイエス玉川の出演により、師匠を偲びたいと思います。師匠をしのぶ座談会や、音源を流すコーナーもあります。

4日(土)浪曲定席木馬亭特別企画公演「明治大正の人物伝」@浅草・木馬亭12:15〜
出演:東家恭太郎 国本はる乃 玉川奈々福「悲願千人斬の女」 鳳舞衣子〜仲入り〜天中軒涼月 講談一席 玉川福助 東家三楽
(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)ご予約不要

6日(月・祝)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:天中軒景友 港家小ゆき 東家孝太郎 玉川奈々福〜仲入り〜花渡家ちとせ 講談一席 富士琴美 東家三楽
(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)ご予約不要

9日(木)「奈々福の、レアネタ」@ミュージックテイト西新宿19:30〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
木戸銭 予約:2500円 当日:2800円
予約問合せ:ticket@musicteito.co.jp/TEL:03-5332-6396まで
(※電話は11:00〜19:00までです。 営業時間外は留守番電話)
509奈々福-1.jpg
☆作ったものの、覚えたものの、すっかり蔵に入れてしまっている演題を磨きなおしてみる企画。今回は正岡容原作 奈々福作「置土産」を磨きなおしてみます。そのほかに一席務めます。

10日(金)ガチンコ浪曲三味線講座@カメリアプラザ19:00〜
☆ご予約締め切っております。

11日(土)渋谷らくご@ユーロライブ14:00〜
出演:台所おさん 玉川奈々福(曲師:沢村豊子) 瀧川鯉八 古今亭文菊(出演順)
ご予約・お問い合わせ:ユーロライブ

12日(日)神楽坂まちぶたい@神楽坂会場:毘沙門天・講釈場
      12:55〜13:10 @回目
      14:30〜14:45 A回目
      16:05〜16:20 B回目
☆ここのところ毎年出演させていただいている神楽坂の大きなイベントです。さまざまな芸能が神楽坂を行き来するなか、毘沙門天の講釈場で、20分ほど浪曲をやります。3回。イベント詳細はこちらを見てください。http://kaguramachi.jp


15日(水)22:00〜24:15スカパーCh.542 寄席チャンネルにて、「清水次郎長伝 お民の度胸」周防正行vs.玉川奈々福対談 「仙台の鬼夫婦ロングバージョン」再放映
https://bangumi.skyperfectv.co.jp/P/?uid=i15226648&bk_url=https://my.skyperfectv.co.jp/timetable/monthly/sitype/3/serviceid/542.html
☆2月9日(土)の銀座・観世能楽堂での独演会の高座が、寄席チャンネルにて放映されます。「鬼夫婦」ロングは、貴重。再放映18(土)22:00、19(日)12:00、28(火)23:00にもあるそうです。

16日(木)ガチンコ浪曲三味線講座@カメリアプラザ19:00〜
応募締め切っております。

18日(土)左祭〜左甚五郎一代記@イイノホール14:00〜
出演:柳家喬太郎「竹の水仙」玉川奈々福(曲師:沢村豊子)「狸と鵺と偽甚五郎」柳家三三「七腰太夫」神田愛山「陽明門の間違い〜完全版〜」
木戸銭 全席指定4500円
イープラスにて3月23日正午より発売開始
予約・問合せ らくご@座 03-3911-5015
左祭.jpg
☆昨年に引き続き、左祭やります。今年は「偽甚五郎」で!すごい顔付け、ラインナップ!

19日(日)奈々福華芝居 第二幕 〜玉川奈々福独演会〜@ながめ余興場13:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
開口一番:天中軒景友(曲師:伊丹明)
会場:ながめ余興場(みどり市指定重要文化財 群馬県みどり市大間々町大間々1635)
最寄駅 赤城駅(歩15分):東武伊勢崎線、大間々駅(歩7分):わたらせ渓谷鉄道
※東京・浅草駅より、東武特急「りょうもう号」に乗車、赤城駅まで1時間50分。
入場料:2,000円(但しチケット完売の場合、当日の取扱は行いません)
チケット発売:2019年4月14日(日)
@県内プレイガイド
ベイシア文化ホール(前橋市日吉町1-10-1)
A上州話芸研究会(メールのみ)
お名前、郵便番号、住所、連絡先、枚数、を明記して
gunma41105@yahoo.co.jp まで。
主催:上州話芸研究会 070-6420-1320(留守番対応)
ながめ余興場.jpg
☆昭和12年に建てられた姿のまま維持保存されている、古い芝居小屋、「ながめ余興場」。
廻り舞台や花道もある本格的な造りで、玄関は歌舞伎座を模したと言われる唐破風です。
そして「ながめ」の名が示すとおり、劇場玄関からの高津戸峡の眺めは絶景。
レトロな雰囲気たっぷりのすばらしい劇場での、二度目の奈々福独演会。
遠足がてら、浪曲と芝居小屋と眺めを楽しみに、御運びくださいませ!

20日(月)ラジオ深夜便「にっぽんの音」出演@NHKラジオ深夜便午前4時台〜
出演:玉川奈々福 パーソナリティ:大藏基誠(能楽師狂言方)
☆楽しいおしゃべりでした。互いに、伝統ある芸能の道を行くもの同士の共感もあり。基誠さんと、ちょびっとコラボもしました。

20日(月)〜24日(金)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭13:00〜
〜桂かい枝第13回繁昌亭大賞受賞記念ウィーク〜
奈々福は13:45〜アガリ予定 曲師:沢村さくら
天満天神繁昌亭 チケット購入等は、こちら https://www.hanjotei.jp/
☆一週間大阪です。月曜日から金曜日までは、繁昌亭昼席に出させていただきます。

20日(月)「玉川奈々福師匠に学ぶ浪曲事始め」@真宗 常光寺くすの木ホール(御堂筋線東三国駅)18:45〜
お稽古料:3500円
定員:20名
申し込みフォーム:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfI6_IGlndtqK2VCQjcIM8wMKTONJG4wex5L-dr2_HUKQcWAw/viewform …
浪曲事始め.jpg
☆MTK事務局から、大阪でもガチンコ浪曲講座ができないかとご相談いただきました。でも大阪ではなんというたおやかな「浪曲事始め」などというタイトルで。でもびしびし行く予定です。

23日(木)第四回 吉坊・奈々福二人会@天満天神繁昌亭18:30〜
出演:「天神山」ほか一席 桂吉坊
「亀甲縞の由来」ほか一席 玉川奈々福・(曲師)沢村さくら
「開口一番」桂文五郎
木戸銭:前2700円 当3000円 (全席指定)
繁昌亭窓口・チケットぴあPコード597‑700
問:事務局tel:06-6131-5173
吉坊奈々福4.jpg
☆なんと、吉坊さんとの会が大阪でもう4回目になりました。うれしーありがたい!
開演時間は、前回と同じですね。帰れなくならないように、繁昌亭の追加料金とられずに済むように頑張ります。

25日(土)玉川奈々福独演会@瑞泉寺vol.2
出演:玉川奈々福「豊子と奈々福の浪花節更紗」他1席(曲師:沢村豊子)
14時半開場、15時開演。16時半終演予定。会場/瑞泉寺本堂(京都市中京区木屋町通り三条下ル石屋町114-1)
椅子席です。入場料2000円※お支払いは当日窓口にて。
14時半開場後、早い順にお席についていただきますので、早い目にお越しください。
80席限定。ご予約お早めに。
★お申し込みお問い合わせ info@zuisenji-temple.net
瑞泉寺.jpg

26日(日)「玉川奈々福のキネマ&ライブ」@淀川文化創造館シアターセブン ホール14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子) 田島空(映像作家)
入場料:3500円/当日4000円 懇親会:1500円
「噂の玉川奈々福キネマ更紗」上映&トーク&浪曲「たーへるあな・とよこ」
申し込みフォーム:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe_WrLXO79vr89Wkm4_ml0dmENzVKZncrheeZPJuH2jWD0jLw/viewform …
キネマライブ.jpg本チラシ画像.jpg

☆というわけで昨年の映文連アワード審査員特別賞を受賞した「噂の玉川奈々福キネマ更紗」の上映会が、MTK主催で大阪で実現することになりました〜パチパチパチ! 東京での上映会同様に、田島監督とのトーク、また浪曲一席が入りますが、この浪曲が、豊子師匠の人生を皆様方にご披歴する「沢村豊子解体新書 たーへるあな・とよこ」という新作浪曲です。この浪曲は例のごとく、間で豊子師匠がイレギュラーにしゃべり始める可能性が大で、それを私がコントロールできるかが、大変な鍵なのであります。よろしくねんねん♪
posted by ななふく at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

4月の予定。

取り急ぎ予定のみにて。

1日(月)定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:天中軒すみれ 港家小ゆき 玉川奈々福 富士琴美〜仲入り〜東家孝太郎 神田山吹(講談) 天中軒雲月 三門柳(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
4月木馬亭.jpg

3日(水)定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:天中軒景友 国本はる乃 玉川奈々福 浜乃一舟〜仲入り〜東家孝太郎 神田紅純(講談) 玉川こう福 天中軒雲月(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)

4日(木)NHK・FM浪曲十八番放送 玉川奈々福「彼と小猿七之助」(川口松太郎原作 玉川奈々福作)曲師:沢村豊子
11:20〜NHK・FM(4月より、浪曲十八番の再放送はなくなりました)

4日(木)「奈々福・太福『龍鳳』浪曲会」小山・龍鳳(中華レストラン) 18時30分〜
出演:玉川奈々福、玉川太福、曲師:玉川みね子
会場:中華レストラン「龍鳳」(小山市羽川487−6)
木戸銭:3000円(ラーメンと餃子付き)+2000円で飲み放題
ご予約:0285-23-5504(龍鳳)

6日(土)奈々福のおはようライブ ほとばしる浪花節@木馬亭10:30〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)ネタおろし「松山鏡」一席相務申し上げます。
木戸銭:500円(朝一番の笑顔付)
☆武春師匠が弾き語りで演じておられた「松山鏡」。ラストのあのバラードは天下一品で、それゆえに手がつけられないと思っておりましたが、いいお話を眠らせておくのはもったいないので、きちんとした浪曲の形に仕立て直して受け継ぎたいと思います。
46.jpg

6日(土)クローズの会@小平

7日(日)収録

8日(月)談四楼奈々福二人会@上野広小路亭18:00〜
出演:立川談四楼(落語)玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村美舟)
前売り2000円 当日2500円
予約:上野広小路亭 03-3833-1789
☆毎年恒例となっている、立川談四楼師匠との畏れ多くも二人会。今年もお声がけいただきました。各2席。

10日(水)第五回燈虹塾「ほとばしる浪曲〜江戸を語る〜」@竜泉・西徳寺14:00〜
玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
入場料:1000円 全席自由 当日午後1時より整理券配布します。入場制限をかける場合もありますが、ご了承ください。

12日(金)立川生志落語会 ひとりブタじゃん@横浜にぎわい座19:00〜
出演:立川生志(落語「ぞろぞろ」他)ゲスト:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
全席指定:3100円
【チケット購入】横浜にぎわい座(チケット専用045-231-2515)
チケットぴあ Pコード : 491-395 ローソンチケット Lコード : 38504
☆立川生志師匠にお声がけいただきました。ゲストで一席申し上げます。

15日(月)ガチンコ浪曲三味線講座@カメリアプラザ
☆応募締め切っております。

16日(火)映画「チベット ケサル大王伝 最後の語り部たち」トーク出演@アップリンク吉祥寺12:00〜
☆大谷寿一監督作品「チベット ケサル大王伝 最後の語り部たち」の上映後トークに出演します。映画上映は、10時半からで、トークが12時からです。これはぜひ見てほしい映画です。昨年7月に訪問したキルギスで出会った「マナス」という、民族の英雄を語る、神授型の芸のことを、ブログに書きました(http://tamamiho55.seesaa.net/article/460310838.html)が、ケサル大王伝も同様の神授型の語り芸です。ある日、物語が降りてくる。そして翌日から語れるようになる、という。ところが、中国政府の方針により、チベット文化の破壊が進む今、文化、そして自然とともにあった語り部たちも今後出ないであろうと言われています。これは大変貴重な記録です。で、映画の中に、曲垣平九郎まがいの馬術が出てきます。あ、これかっ、「敵がくれ」はっ!!!
公式サイト:https://joji.uplink.co.jp/movie/2019/1656

16日(火)「毎週通うは浪曲火曜亭!」@日本浪曲協会広間19:00〜
出演:玉川奈々福 澤雪絵(曲師:沢村豊子)
木戸銭:1500円(茶菓付)
火曜亭3-5月.jpg

17日(水)収録

18日(木)奈々福・太福 清き流れの玉川姉弟会@らくごカフェ19:00〜
出演:玉川奈々福 玉川太福(曲師:玉川みね子)
木戸銭:予約2000円 当日2200円
予約:らくごカフェrakugocafe@hotmail.co.jp 03−6268−9818(平日12時〜18時受付)
☆らくごカフェでの会、10年経ちまして、今回より、木戸銭をちょびっと上げました。だいぶお席埋まっております。
どうかよろしくお願いいたします。

20日(土)東京自由大学連続講座「異界の声、常世の歌」
第1回「宗教と芸能の魂〜浪曲の来た道」14:00〜16:30
玉川奈々福×鎌田東二(浪曲1席と対談 曲師:沢村豊子)
14:00〜15:00 浪曲とおしゃべり
15:00〜16:00 鎌田東二 玉川奈々福対談
16:00〜16:30 質疑応答
会場:あおぞら銀行オアシスルーム
受講料:一般2500円、会員2000円、学生1000円、学生会員500円

21日(日)スカパーCh.542 寄席チャンネルにて、「清水次郎長伝 お民の度胸」周防正行vs.玉川奈々福対談 「仙台の鬼夫婦ロングバージョン」放映21:00〜23:15
https://bangumi.skyperfectv.co.jp/P/?uid=i15226648&bk_url=https://my.skyperfectv.co.jp/timetable/monthly/sitype/3/serviceid/542.html
☆2月9日(土)の銀座・観世能楽堂での独演会の高座が、寄席チャンネルにて放映されます。「鬼夫婦」ロングは、貴重。

24日(水)二人天保水滸伝@木馬亭19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)玉川太福(曲師:玉川みね子)
天保水滸伝とは?(解説その一) 太福
奈々福「風説天保水滸伝 飯岡助五郎の義侠」(伊藤桂一原作 奈々福作)
太福「繁蔵売り出す」(芝清之作)
奈々福「鹿島の棒祭り」(正岡容作 畑喜代司脚色)

25日(木)二人天保水滸伝@木馬亭19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)玉川太福(曲師:玉川みね子)
幕末侠客の時代(解説その二) 奈々福
太福「笹川の花会」(正岡容作)
太福「蛇薗村の斬りこみ」(正岡容作)
奈々福「平手造酒の最期」(正岡容作)

両日とも18:30開場 19:00開演@浅草 木馬亭(台東区浅草2-7-5)
木戸銭:全席自由 3000円
予約・問合せ ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867
☆弟弟子と二人で、天保水滸伝の連続読みをします。今までも一日でやったことはありますが、二日連続六席は初めて。助五郎の事績も入り、物語のふくらみは出ると思います。お席少なくなってきておりますので、早めにご予約くださいませ。
posted by ななふく at 17:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする