プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2019年01月04日

2月の奈々福。

「研辰」通し、独演会、「天守物語」、そして3月のお芝居のお稽古!

3日(日)拝鈍亭 浪曲と講談の会――女性が語る、語り芸ふたつ 義士と、反・義士@雑司ヶ谷本浄寺17:00〜
出演:玉川奈々福(浪曲) 沢村豊子(曲師)「研辰の討たれ」(フルバージョン)
   一龍斎貞弥(講談)「赤穂義士伝より一席」
場所:本浄寺・拝鈍亭(豊島区雑司が谷1-51−18東京メトロ護国寺駅徒歩5分)
全席自由 千円以上のご奉志 限定50席
予約:ななふく本舗 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
拝鈍亭 浪曲講談チラシ.jpg
☆本浄寺ご住職さまからリクエストをいただいての公演です。
浪曲(浪花節)と講談を聞いていただきます。
いずれも、物語を語る語り芸。講談は一人、浪花節は語り手と三味線と二人。今回は、講談で義士を、浪花節で、反・義士の物語を聞いていただきます。つまりは、「研辰の討たれ」、初の通し公演なわけです!!! ナマの声の響きのすばらしい拝鈍亭にて。

4日(月)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:天中軒すみれ 国本はる乃 玉川太福 玉川奈々福〜仲入り〜澤惠子 一龍齋貞橘(講談)港家小柳丸 澤孝子(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
2月木馬亭.jpg

7日(木)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:東家恭太郎 港家小ゆき 木村勝千代 玉川奈々福〜仲入り〜花渡家ちとせ 神田春陽(講談)鳳舞衣子 東家浦太郎
木戸銭:2000円(25歳以下半額)


8日(金)奈々福、独演。〜浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる〜@銀座・観世能楽堂
第一日目「創作浪曲、ほとばしる!」18:30開場 19:00開演 
 演目:高畑勲原作「浪曲平成狸合戦ぽんぽこ」
    正岡容原作「浪花節更紗」(ロングバージョン)
ゲスト:鈴木敏夫(スタジオジブリプロデューサー)

9日(土)奈々福、独演。〜浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる〜@銀座・観世能楽堂
第二日目「古典浪曲、練る練る!」12:30開場 13:00開演
 演目:「清水次郎長伝 お民の度胸」
    「仙台の鬼夫婦」(滅多にやらないロングバージョン)
     ゲスト:周防正行(映画監督)

入場料:全席指定4500円(税込)
ローソン http://l-tike.com/(Lコード:33808)
イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp
問合せ:ザ・カンパニー 03-3479-2245(平日10:00〜18:00)
omote.jpg
☆いよいよチャレンジングな独演会です。銀座には歌舞伎もあり、今回の舞台は、観世流のお能が上演されるひのき舞台。そこで浪曲で、ご来場の方々にお腹いっぱい楽しんでいただけるように……頑張ります! 土曜日のほうのお席が少なくなってきております。まだの方、どうか一世一代の独演会、ご来場を!

10日(日)創作舞台『天守物語』@松江市・島根県民会館中ホール14:00〜
【原作】泉鏡花 『天守物語』 【脚色・演出・出演】安田登
【出演・スタッフ】
百鬼ゆめひな(人形師)
奥津健太郎(能楽師狂言方)
笹目美煕(子方)
東雅夫(文藝評論家)
玉川奈々福(浪曲師)
空伊ナディア(ダンサー・翻訳家)
Junko☆(ダンサー/実験道場)
TAKEchan(ダンサー/実験道場)
RYUTA(ダンサー/実験道場)
KEKKE(ダンサー/実験道場)
WAGATSUMA(ダンサー/実験道場)
金沢霞
ヲノサトル(シンセサイザー)
上野賢治(フルート)
森山雅之(太鼓)
山下昇平(美術・造形作家/面・美術製作)
コロスの皆さん
禿・妖怪の子どもたち(公募)
イメージイラスト:波津彬子
◆日時:2019年 2月10日/開演 14:00 ◆会場:島根県民会館中ホール
◆前売料金:一般 2,500 円/高校生以下 1,500 円(3歳未満入場不可)
◆島根県民会館ホームページ/「天守物語」イベント情報 URL:https://www.cul-shimane.jp/hall/event/?fid=3060 
tensyu2019_matsue_01.jpgtensyu2019_matsue_02.jpg
☆独演会を終えた奈々福は、そのまま羽田空港から松江に向かいます。安田一座で、2017年に金沢21世紀美術館にて上演した「天守物語」を文学と縁深い松江にて上演します。さまざまなジャンルの芸能ごったまぜ! ところがこれが面白い化学反応を引き起こします。奈々福は、姫路城の天守に住まう富姫の声を担当します。

15日(金)mizhen裏参道フェス@ビラ青山20:15〜
三島由紀夫「憂国」語り:能楽師・安田登  浪曲師・玉川奈々福
詳細は、こちらのサイトをご覧ください。http://www.mizhen.info/the-last-villa
☆渋谷区神宮前にあるアパート「ビラ青山」。
築42年の歴史を終え、取り壊されるこのアパートで、「おわり」をテーマに、
mizhenが大好きなアーティストたちとともにつむぐ、おわりのお祭り。の中で、安田登先生と、語りをさせていただきます。しかし……三島の「憂国」とは……怖い。

16日(土)江戸まちたいとう芸楽祭クロージングイベント@浅草公会堂18:30〜
出演:花やしき振袖さん「花振袖の舞」
   天宝ふく丸「演歌」
   玉川奈々福「浪曲」曲師:沢村豊子
   ナイツ「漫才」
   竜小太郎・浅草芸者「大衆演劇と浅草芸者」
   フィナーレ(江戸芸かっぽれ 櫻川入船社中)
料金:2500円(1階席)2000円(2階席)
チケット扱い:Confetti
詳細はこちらに。http://www.taitogeirakusai.com/program24/index.html
☆台東区主催の、芸能イベントで、昨年夏からさまざまな形で開催されているお祭りのクロージングイベントで浪曲一席やらせていただきます。イベントの、名誉顧問は、ビートたけしさんだとのことです。

18日(月)玉川奈々福の“ガチンコ”浪曲三味線講座〜プロ志願者向け@カメリアプラザ6F和室19:00〜
曲師として入門し、途中から浪曲師に転向、浪曲三味線の勘所を、曲師の側からも、浪曲師の立場からもよく知る玉川奈々福が、プロ志願者に向けての講座を三か月限定(全六回)で開きます。
浪曲三味線の魅力、そして基本のキと、勘所を教えます。参加条件は、
●プロになりたいと思っていること。
●三味線を三下がりに合わせられること。
他のジャンルのお三味線の経験者でも構いません。浪曲三味線については、まったく初心者であっても構いません。
三味線はご持参ください。貸与はしません。
三か月経って、プロになりたい人は、望む師匠に弟子入りしてください。
講師:玉川奈々福 場所:カメリアプラザ第一和室
(東京都江東区亀戸2-19-1カメリアプラザ6F 総武線亀戸駅より徒歩3分)
第一回 2月18日(月)第二回 3月20日(水)
第三回以降未定(合計六回開催予定)
いずれも18時半開場 19時より
受講料5000円(各回申し受けます)
予約:ななふく本舗 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
0001-1.jpg
☆過去やったイベントの中で最高度のガチですね(笑)。こちらも真剣です。本気で学びたい方、大募集。

22日(金)浪曲と古河の地酒を楽しむ会@古河市
出演:玉川奈々福 玉川太福(曲師:玉川みね子)
☆古河で毎年続く、青木酒造さんの新酒と浪曲を楽しむ会ですが、クローズです。

23日(土)天にとどろけ、地に響け! 浪曲の魂 大利根勝子in木馬亭vol.2@木馬亭13:00〜
出演:大利根勝子「妻妙と数右衛門」曲師:玉川みね子
玉川奈々福「寛永三馬術 愛宕山梅花の誉」曲師:沢村豊子
玉川太福「河内山と直次郎」曲師:玉川みね子
前読み:港家小そめ
奈々福、太福による勝子インタビューあり
木戸銭:全席自由 予約3000円 当日3500円
予約・問合せ ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867
BRN3C2AF42C8293_000079.jpgBRN3C2AF42C8293_000080.jpg
☆師匠・玉川福太郎亡きあと、奈々福、太福が多大にお世話になった大利根勝子師匠。勝子師匠の浪花節は、「本気とはこういうことか」と、背中をびしりと鞭打たれるような気迫の芸であり、また、人が人を思う心が浪花節の魂であるとすれば、勝子師匠はその魂を、ずっと大切にお持ちでいらっしゃることを感じます。それをお客様に感じていただきたいと思っています。お目がご不自由な御身で、幼い頃に、この世界に入られ、人一倍ご苦労されたはずだと思うのに、どうしてそんなに思いやり深く、澄んでおられるのか。
一人でも多くの方に、大利根勝子という方に触れていただきたいと思います。

24日(日)東庄町公民館まつり 玉川奈々福「浪曲っておもしろい!」@東庄町民会館ホール13:30〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
☆奈々福が観光大使を務める東庄町で、独演会です。さくっと二席。詳細は東庄町にお問い合わせください。詳細わかりましたら、こちらにアップします。

26日〜 「いや重けよごと 愛のもののふ大伴家持」のお稽古に入ります。
音楽朗読芸「いや重けよごと〜愛のもののふ大伴家持〜」大伴家持生誕1300年記念事業
出演:和泉元彌 紺野美沙子 山崎清介 玉川奈々福 山本恭司ほか
開催期間 2019年3月9日(土)
場所:とりぎん文化会館(鳥取県鳥取市尚徳町101-5)
料金 S席 5,000円(税込)/A席 4,000円(税込)/B席 3,000円(税込) 
詳しくはこちら:http://cms.sanin.jp/p/torikenmin/10/
問合せ:因幡万葉歴史館 0857-26-1780
チケット問合せ:日本海新聞事業課 0857-21-2885
いや重よごと.jpg

posted by ななふく at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする