プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2019年01月17日

奈々福、独演。@銀座・観世能楽堂まで三週間!

浪曲は、落語・講談・義太夫節など、多くの日本の伝統芸能の「イイトコ」をちゃっかり頂いちゃってる、超オイシイ芸能だ!
……と思っております。
昔の名人上手の、足元にも遠く及ばないけれども、そのおいしさを伝えたいな〜とおもっていろいろやってまいりまして。
このたび、今までで一番大きな独演会を開くわけであります。

「奈々福、独演。〜浪曲師、銀座でうなる。銀座がうなる〜」@銀座・観世能楽堂。
ひと月を切りました。
なんといったって、銀座のど真ん中へ出て行くわけですから、通りすがりのあなたにもあなたにも聞いていただきたいわけで、初心者大歓迎な入口を作りつつ、古典、新作、トライアルな部分も含め、盛りました。とりあえず、先に情報を。

8日(金)奈々福、独演。〜浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる〜@銀座・観世能楽堂
第一日目「創作浪曲、ほとばしる!」18:30開場 19:00開演 
 演目:高畑勲原作「浪曲平成狸合戦ぽんぽこ」
    正岡容原作「浪花節更紗」(ロングバージョン)
ゲスト:鈴木敏夫(スタジオジブリプロデューサー)

9日(土)奈々福、独演。〜浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる〜@銀座・観世能楽堂
第二日目「古典浪曲、練る練る!」12:30開場 13:00開演
 演目:「清水次郎長伝 お民の度胸」
    「仙台の鬼夫婦」(滅多にやらないロングバージョン)
ゲスト:周防正行(映画監督)

入場料:全席指定4500円(税込)
ローソン http://l-tike.com/(Lコード:33808)
イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp
問合せ:ザ・カンパニー 03-3479-2245(平日10:00〜18:00)
omote.jpg

初日。

まずは初めての方々に向けて、「浪曲入門講座」から始めます。天中軒雲月師匠のお弟子さんの景友さんと、沢村豊子師匠のお弟子さんで新進曲師の美舟さんに登場いただき、奈々福が解説いたします。

そして初日は新作を二席。
まず、高畑勲監督作品「平成狸合戦ぽんぽこ」を浪曲化したものを。
原作である映画は、単純な文明批判ではありません。高畑監督の思想の深さを思いつつ、全部は浪曲に盛り込み切れていない、けれども、コアなところは、浪曲ならではの形でうなりたいとおもってます。

トークゲストは、その高畑勲監督を支えた、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー。
実は初対面です。高畑の追悼になるなら、とお引き受けいただきました。お会いするのとっても楽しみです。いろいろ、うかがいたいことがある。

仲入りをはさんで、もう一席。
正岡容原作「浪花節更紗」。これは、奈々福のお客様には、おなじみの演題ですが、今回フルバージョンで。
正岡容は作家で、演芸好き、浪曲好き。寄席演芸に関する随筆を数多く書き、若い演芸ファンを増やしました。
その数々の随筆を読んだ桂米朝、小沢昭一、大西信行、加藤武、永井啓夫……といった方々が次々弟子入り。
この方は、講談だった「天保水滸伝」を二代目玉川勝太郎のために浪曲化し、大ヒットに導いた恩人でもあります。
「天保水滸伝」は、そのおかげで玉川の家の芸になっております。
この「浪花節更紗」という短編小説は、モデルがいます。主人公の石川家浪太郎は、初代木村重松という関東節の大名人がモデル。
かの立川談志家元が「浪曲は木村重松を聴け!」とおっしゃった、すばらしい声節の先生です。
そして、主人公浪太郎を置いてきぼりにする、師匠・怒涛軒鮫右衛門は、浪曲中興の祖・桃中軒雲右衛門がモデル。
この木村重松という方。お腹に響く本当に素敵な声。江戸弁も気持ちよく、超かっこいいのです。
手持ちのウォークマンには何席も入っていつも聞いてます。Youtubeで聞けるのは、二代目(倅)さんです。
私の母方の祖母の一番上の兄さんが浪曲師だったらしい。入門後に知りました。そして、誰の弟子だったんですかと親戚に聞いたなら、なんと、この初代重松の弟子で、木村咲松と名乗っていたらしい!
石川家浪太郎は、私の大伯父の、師匠がモデルなんです。なんという深い縁。
浪花節になる、という言葉に、夢があった時代の物語、大好きなお話です。

二日目。

この日も、入門講座から始めます。二日目は奈々福が解説を務めます。

二日目は古典を二席。

今に至るまで最も有名な浪曲師である広沢虎造先生。浪曲の代名詞ともいえる「清水次郎長伝」。そのともしびを消したくない。長い長い次郎長伝の中で、唯一、女性が活躍する場面「お民の度胸」を演じます。このお民のかっこよさと言ったら。

トークゲストは、映画監督の周防正行さんです。周防さんは、新作映画「カツベン!」の制作中。大正時代、映画がまだサイレントで、活動弁士が活躍した時代の映画とのことです。その周辺を調べるうちに浪曲と出会い、いまではすっかりマニアに。ロケにお邪魔したら、スタッフの方々から「奈々福さん、大変なんですよ、監督の車に乗ると、広澤虎造がいつもかかっていて、『これを聴け!』って。解説されるんですよ」。
そんな周防さんに、これまたいろいろうかがいたいと思います。

二席目は「仙台の鬼夫婦」。これは、2011年に100歳で亡くなられた木村若友師匠からいただいた、私にとって宝物のような演題で、やはり奈々福のお客様にはなじみが深いものかと思いますが、今回、初のロングバージョンで演じます。お貞と仙三郎は、そもそも結ばれる運命にあったことが、初めて明かされます!

というわけで、まだお席ございます。両のおててに、お友達をお連れいただいて、初めての方にも、ぜひとも浪曲をナマで、聞いていただきたいとおもいます。
おまちしております!
posted by ななふく at 11:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

「SWITCHインタビュー 達人達」が放映になります。

……あすこに坐ってるのは、周防正行監督じゃないかなあ。
去年の5月初め、木馬亭での上方落語の吉坊さんとの二人会。開演直前に、私は必ず客席をチェックします。
客席の半ばに、映画監督の周防正行さんと思しきお姿が。
「吉坊さん、お知り合いですか?」「いいえ」

その翌々日。下北沢で、木村万里さん主催の「渦」という寄席に出ました。
客席に、やはり周防さんのお姿が。
「何故?」

5月末から7月上旬まで奈々福は海外に出ておりましたが、
帰国後の舞台の、客席にも周防さんのお姿がありました。
一回じゃなかった。
そして同時に、NHKの「SWITCHインタビュー達人達」という番組への出演依頼が届いたのでした。
周防さんが、奈々福との対談を、望んでおられる、と。
び、び、びっくり!!!

周防さんは、いま、新作映画の制作中です。今年12月封切り予定の「カツベン!」。日本の映画史の中で、まだトーキーが生まれる前、「活動弁士」たちが活躍した時代の物語。その取材のために、周辺の芸能を見て回っておられたときに、浪曲に出会われたそうです。
最初に見たのは、弟弟子の「地べたの二人〜おかず交換」。
「浪曲」に抱いていたイメージがぶち破られたそうです。いまの浪曲はこんなことになっていたのか!?
そこから、浪曲に興味をいだいて聞きまくられたそうです。奈々福の舞台も何度も見ていただき(なぜか当初は新作ばかりにぶつかったそうで)。話したいと希望されたとのこと。

とはいえ、事前に会って話してしまうことは禁止!
初めまして、で対談できるように、一切事前にはお話ししませんでした。
ただ、互いの仕事の現場に行く、ということはあったので(周防さんはすでに何度も来てくださっていましたが)、周防さんのいま撮っておられる撮影現場を二度ほど訪問させていただきました。福島ロケ現場と、滋賀県のロケ現場。
でも、そこでも「しゃべっちゃダメ」(笑)。ほんのちょっと、ご挨拶のみ。
それでも、互いに聞きたいこと話したいことたまっているので、ご挨拶しながらつい話してしまうのを、スタッフに止められました(笑)。
その一瞬が映ってるんじゃないかなあ。

そして、いよいよ対談の日。木馬亭に周防さん来てくださいました。
奈々福、周防さん歓迎の節うなる。
で、周防さんに、ちょいと演台前に立ってもらって豊子師匠の三味線で……。

えっと、こっから先は本編見てくださいね。

1月19日(土)22時〜@NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」周防正行(映画監督)×玉川奈々福(浪曲師)
再放送 1月26日予定

http://www4.nhk.or.jp/switch-int/

posted by ななふく at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

大利根勝子師匠の会をいたします。

大利根勝子師匠の会、奈々福主催で、三度目の開催をいたします。
「天にとどろけ、地に響け、大利根勝子in木馬亭vol.2」。
すごいタイトルですけれど、勝子師匠のお声、節そのまんま、というタイトルです。
最初は2011年。そしてDVD「大利根勝子 波乱万丈!」発売記念の会を、別タイトルで、2014年に開催しました。

言いたいことは最初の会から同じです。
師匠・玉川福太郎を亡くして以来、大利根勝子師匠に、私も、弟弟子も、たくさんたくさんお稽古をしていただきました。
私はいまでも、時折お稽古をお願いしております。
勝子師匠の浪花節。勝子師匠の、ひと声。「本気とはこういうことか」と、背中をびしりと鞭打たれるような、気迫の芸です。
そして、人が人を思う心が浪花節の魂であるとすれば、その魂を勝子師匠は大切にもっておられます。
また、浪花節の根っこ……私たちの先祖は大道芸であり、風にさらされ雨に打たれて育ってきた、
その圧倒的な強さも、勝子師匠の浪花節の中に感じます。
イマドキに育った私に決定的にかけているもの、渇望して得られないものを、
勝子師匠の中に光のように見て、追い求める私です。
目がご不自由な御身で、幼い頃に、この世界に入られました。
勝子師匠の行く末を心配された親御さんが示した人生の選択肢は、「イタコ」か「浪花節」だったそうです。
そうして旅回りの一座に入られた勝子師匠の自己紹介の外題付けの文句は、こうです。

 大利根勝子は五つの時に、流行り病をわずらって、
 三日三晩の高熱で、危うく命は助かるも、
 母の姿も見えぬ目に。
 咲き誇る花の薫りで春を知り、
 秋の夜長の虫の声、耳を傾けしみじみと、
 たとえこの眼は見えぬとも、
 聴いてくださる皆様の、熱い眼差し五体に受けて、
 行く末長くご贔屓を、高座(たかざ)ながらも願います

この文句読んだだけで泣いちゃう。
人一倍ご苦労されたはずだと思います。
なのに、どうしてそんなに思いやり深く、澄んでおられるのか、不思議で、知りたくて、
お稽古を口実に、勝子師匠にお会いする気持ちです。
一人でも多くの方に、大利根勝子師匠に出会っていただきたいと思います。

2月23日(土)天にとどろけ、地に響け! 浪曲の魂 大利根勝子in木馬亭vol.2@木馬亭13:00〜
出演:大利根勝子「妻妙と数右衛門」曲師:玉川みね子
   玉川奈々福「寛永三馬術 愛宕山梅花の誉」曲師:沢村豊子
   玉川太福「河内山と直次郎」曲師:玉川みね子
   前読み:港家小そめ
奈々福、太福による勝子インタビューあり
木戸銭:全席自由 予約3000円 当日3500円
予約・問合せ ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp

BRN3C2AF42C8293_000079.jpgBRN3C2AF42C8293_000080.jpg
posted by ななふく at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

2月の奈々福。

「研辰」通し、独演会、「天守物語」、そして3月のお芝居のお稽古!

3日(日)拝鈍亭 浪曲と講談の会――女性が語る、語り芸ふたつ 義士と、反・義士@雑司ヶ谷本浄寺17:00〜
出演:玉川奈々福(浪曲) 沢村豊子(曲師)「研辰の討たれ」(フルバージョン)
   一龍斎貞弥(講談)「赤穂義士伝より一席」
場所:本浄寺・拝鈍亭(豊島区雑司が谷1-51−18東京メトロ護国寺駅徒歩5分)
全席自由 千円以上のご奉志 限定50席
予約:ななふく本舗 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
拝鈍亭 浪曲講談チラシ.jpg
☆本浄寺ご住職さまからリクエストをいただいての公演です。
浪曲(浪花節)と講談を聞いていただきます。
いずれも、物語を語る語り芸。講談は一人、浪花節は語り手と三味線と二人。今回は、講談で義士を、浪花節で、反・義士の物語を聞いていただきます。つまりは、「研辰の討たれ」、初の通し公演なわけです!!! ナマの声の響きのすばらしい拝鈍亭にて。

4日(月)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:天中軒すみれ 国本はる乃 玉川太福 玉川奈々福〜仲入り〜澤惠子 一龍齋貞橘(講談)港家小柳丸 澤孝子(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
2月木馬亭.jpg

7日(木)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:東家恭太郎 港家小ゆき 木村勝千代 玉川奈々福〜仲入り〜花渡家ちとせ 神田春陽(講談)鳳舞衣子 東家浦太郎
木戸銭:2000円(25歳以下半額)


8日(金)奈々福、独演。〜浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる〜@銀座・観世能楽堂
第一日目「創作浪曲、ほとばしる!」18:30開場 19:00開演 
 演目:高畑勲原作「浪曲平成狸合戦ぽんぽこ」
    正岡容原作「浪花節更紗」(ロングバージョン)
ゲスト:鈴木敏夫(スタジオジブリプロデューサー)

9日(土)奈々福、独演。〜浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる〜@銀座・観世能楽堂
第二日目「古典浪曲、練る練る!」12:30開場 13:00開演
 演目:「清水次郎長伝 お民の度胸」
    「仙台の鬼夫婦」(滅多にやらないロングバージョン)
     ゲスト:周防正行(映画監督)

入場料:全席指定4500円(税込)
ローソン http://l-tike.com/(Lコード:33808)
イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp
問合せ:ザ・カンパニー 03-3479-2245(平日10:00〜18:00)
omote.jpg
☆いよいよチャレンジングな独演会です。銀座には歌舞伎もあり、今回の舞台は、観世流のお能が上演されるひのき舞台。そこで浪曲で、ご来場の方々にお腹いっぱい楽しんでいただけるように……頑張ります! 土曜日のほうのお席が少なくなってきております。まだの方、どうか一世一代の独演会、ご来場を!

10日(日)創作舞台『天守物語』@松江市・島根県民会館中ホール14:00〜
【原作】泉鏡花 『天守物語』 【脚色・演出・出演】安田登
【出演・スタッフ】
百鬼ゆめひな(人形師)
奥津健太郎(能楽師狂言方)
笹目美煕(子方)
東雅夫(文藝評論家)
玉川奈々福(浪曲師)
空伊ナディア(ダンサー・翻訳家)
Junko☆(ダンサー/実験道場)
TAKEchan(ダンサー/実験道場)
RYUTA(ダンサー/実験道場)
KEKKE(ダンサー/実験道場)
WAGATSUMA(ダンサー/実験道場)
金沢霞
ヲノサトル(シンセサイザー)
上野賢治(フルート)
森山雅之(太鼓)
山下昇平(美術・造形作家/面・美術製作)
コロスの皆さん
禿・妖怪の子どもたち(公募)
イメージイラスト:波津彬子
◆日時:2019年 2月10日/開演 14:00 ◆会場:島根県民会館中ホール
◆前売料金:一般 2,500 円/高校生以下 1,500 円(3歳未満入場不可)
◆島根県民会館ホームページ/「天守物語」イベント情報 URL:https://www.cul-shimane.jp/hall/event/?fid=3060 
tensyu2019_matsue_01.jpgtensyu2019_matsue_02.jpg
☆独演会を終えた奈々福は、そのまま羽田空港から松江に向かいます。安田一座で、2017年に金沢21世紀美術館にて上演した「天守物語」を文学と縁深い松江にて上演します。さまざまなジャンルの芸能ごったまぜ! ところがこれが面白い化学反応を引き起こします。奈々福は、姫路城の天守に住まう富姫の声を担当します。

15日(金)mizhen裏参道フェス@ビラ青山20:15〜
三島由紀夫「憂国」語り:能楽師・安田登  浪曲師・玉川奈々福
詳細は、こちらのサイトをご覧ください。http://www.mizhen.info/the-last-villa
☆渋谷区神宮前にあるアパート「ビラ青山」。
築42年の歴史を終え、取り壊されるこのアパートで、「おわり」をテーマに、
mizhenが大好きなアーティストたちとともにつむぐ、おわりのお祭り。の中で、安田登先生と、語りをさせていただきます。しかし……三島の「憂国」とは……怖い。

16日(土)江戸まちたいとう芸楽祭クロージングイベント@浅草公会堂18:30〜
出演:花やしき振袖さん「花振袖の舞」
   天宝ふく丸「演歌」
   玉川奈々福「浪曲」曲師:沢村豊子
   ナイツ「漫才」
   竜小太郎・浅草芸者「大衆演劇と浅草芸者」
   フィナーレ(江戸芸かっぽれ 櫻川入船社中)
料金:2500円(1階席)2000円(2階席)
チケット扱い:Confetti
詳細はこちらに。http://www.taitogeirakusai.com/program24/index.html
☆台東区主催の、芸能イベントで、昨年夏からさまざまな形で開催されているお祭りのクロージングイベントで浪曲一席やらせていただきます。イベントの、名誉顧問は、ビートたけしさんだとのことです。

18日(月)玉川奈々福の“ガチンコ”浪曲三味線講座〜プロ志願者向け@カメリアプラザ6F和室19:00〜
曲師として入門し、途中から浪曲師に転向、浪曲三味線の勘所を、曲師の側からも、浪曲師の立場からもよく知る玉川奈々福が、プロ志願者に向けての講座を三か月限定(全六回)で開きます。
浪曲三味線の魅力、そして基本のキと、勘所を教えます。参加条件は、
●プロになりたいと思っていること。
●三味線を三下がりに合わせられること。
他のジャンルのお三味線の経験者でも構いません。浪曲三味線については、まったく初心者であっても構いません。
三味線はご持参ください。貸与はしません。
三か月経って、プロになりたい人は、望む師匠に弟子入りしてください。
講師:玉川奈々福 場所:カメリアプラザ第一和室
(東京都江東区亀戸2-19-1カメリアプラザ6F 総武線亀戸駅より徒歩3分)
第一回 2月18日(月)第二回 3月20日(水)
第三回以降未定(合計六回開催予定)
いずれも18時半開場 19時より
受講料5000円(各回申し受けます)
予約:ななふく本舗 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
0001-1.jpg
☆過去やったイベントの中で最高度のガチですね(笑)。こちらも真剣です。本気で学びたい方、大募集。

22日(金)浪曲と古河の地酒を楽しむ会@古河市
出演:玉川奈々福 玉川太福(曲師:玉川みね子)
☆古河で毎年続く、青木酒造さんの新酒と浪曲を楽しむ会ですが、クローズです。

23日(土)天にとどろけ、地に響け! 浪曲の魂 大利根勝子in木馬亭vol.2@木馬亭13:00〜
出演:大利根勝子「妻妙と数右衛門」曲師:玉川みね子
玉川奈々福「寛永三馬術 愛宕山梅花の誉」曲師:沢村豊子
玉川太福「河内山と直次郎」曲師:玉川みね子
前読み:港家小そめ
奈々福、太福による勝子インタビューあり
木戸銭:全席自由 予約3000円 当日3500円
予約・問合せ ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp 090-7001-6867
BRN3C2AF42C8293_000079.jpgBRN3C2AF42C8293_000080.jpg
☆師匠・玉川福太郎亡きあと、奈々福、太福が多大にお世話になった大利根勝子師匠。勝子師匠の浪花節は、「本気とはこういうことか」と、背中をびしりと鞭打たれるような気迫の芸であり、また、人が人を思う心が浪花節の魂であるとすれば、勝子師匠はその魂を、ずっと大切にお持ちでいらっしゃることを感じます。それをお客様に感じていただきたいと思っています。お目がご不自由な御身で、幼い頃に、この世界に入られ、人一倍ご苦労されたはずだと思うのに、どうしてそんなに思いやり深く、澄んでおられるのか。
一人でも多くの方に、大利根勝子という方に触れていただきたいと思います。

24日(日)玉川奈々福独演会@東庄町民会館ホール14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席
☆奈々福が観光大使を務める東庄町で、独演会です。さくっと二席。詳細は東庄町にお問い合わせください。詳細わかりましたら、こちらにアップします。

26日〜 「いや重けよごと 愛のもののふ大伴家持」のお稽古に入ります。
音楽朗読芸「いや重けよごと〜愛のもののふ大伴家持〜」大伴家持生誕1300年記念事業
出演:和泉元彌 紺野美沙子 山崎清介 玉川奈々福 山本恭司ほか
開催期間 2019年3月9日(土)
場所:とりぎん文化会館(鳥取県鳥取市尚徳町101-5)
料金 S席 5,000円(税込)/A席 4,000円(税込)/B席 3,000円(税込) 
詳しくはこちら:http://cms.sanin.jp/p/torikenmin/10/
問合せ:因幡万葉歴史館 0857-26-1780
チケット問合せ:日本海新聞事業課 0857-21-2885
いや重よごと.jpg

posted by ななふく at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする