プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年11月13日

奈々福、歌手デビュー?(笑)

や、びっくりするタイトルでしょ?
私もこの事態にびっくりしております。
いやいや、メジャーレーベルからCD出すって、そこまでの話じゃあ、ないですよ。

ひょんなことから、歌を歌う会を開くことになりました。

きっかけは、ある方のお声がけによる。
奈々福の浪曲公演をご覧になった、作詞家の相田毅さんと、初めてお会いしたのは、今年の初め。
それ以来、いろいろお話をしてきたのですが。

相田さんたら気が早くて、「こんなのどう?」って、あっという間にオリジナル楽曲つくってくださいまして(びっくり)。
なおかつ、「ちょっと歌ってみて」と、デモテープまで作る羽目になり。
「いけるいける!」とおだてられてるうちに、すっかりその気になり。
「いっそ、歌だけのライブしてみましょうよ!」とご提案いただき、こういうことになりました。

とはいえ、こんなことは最初で最後、だからこそ、思いっきりたのしもうと、企画しました。
数々の思い出の歌の中から、精選した十数曲。浪曲はいたしません。
相田さんのつくってくださった、オリジナル曲の発表もあります。
というかですね、すごい方々がバックバンドについてくださることになっちゃったんですよっ!!

今回のライブにかかわってくださる方々。
まず言い出しっぺの相田さんは、SMAPのデビューこのかた主要スタッフだった方で、
他にもジャニーズ作品を数多く手がける作詞家です。
相田さんのコーディネイトで、
音楽監督兼ピアノに、NHK「みんなのうた」の作曲・アレンジなどを手がけた吉川正夫さんがついてくださり、
アコーディオンには「日本一のアコーディオン」、ちあきなおみさんの伴奏経験もある横内信也さん。
ウッドベースは、幅広いジャンルのコンサート、スタジオ録音に参加しておられる大津昌弘さん。

……超豪華な布陣です。奈々福、いま畏れおののいております。

プロデューサー:相田毅さん。SME (ソニー・ミュージック・エンターティンメント) を経て作詞家として独立。SMAPのデビュー以来主要スタッフとして参加。ジャニーズ作品を数多く手がけるが、他にもケミストリー、ゴスペラーズ、BoAなどの楽曲の作詞を手掛け、歌謡曲、Rock、R&B、演歌、アニメ、童謡、絵本制作と、幅広いフィールドワークが光る。

音楽監督+ピアノ:吉川正夫さん。作編曲家 ピアニスト 音楽プロデューサー。国立音楽大学大学院作曲専攻修了。代表作に、NHKみんなのうた「金平糖」BS11アニメ「ぱんどせる」主題歌「小さな背中」(共に歌唱太田裕美)組曲「森」(TBSラジオ大澤悠里のゆうゆうワイドコーナーテーマ曲)など。レギュラー出演番組にTBSラジオ「夢をかなえよう」フジテレビ系「テレビ寺子屋」などがある。2017年より被災地大槌の特別音楽顧問。

アコーディオン:横内信也さん。1981年全日本アコーディオンコンテスト総合優勝。西城秀樹、田原俊彦、ちあきなおみ、五木ひろし、美川憲一、三山ひろしなど数々のコンサートにゲストプレイヤーとして招聘。NHK「歌謡コンサート」、「にっぽんの歌」、「昭和の歌人たち」等々のTV出演、有名歌手のレコーディング多数。2017年キングレコードより「アコーディオンで奏でる 戦前・戦後歌謡曲」リリース。

ウッドベース:大津昌弘さん。1985年よりダークダックスのバックバンドに所属。現在もダークのバスの遠山一(愛称ゾウさん)としゅうさえこによる「歌の玉手箱」シリーズのバックをつとめる。また水越けい子のバックバンドにも参加、他にもジャズ、シャンソンなど幅広いジャンルのコンサートやスタジオ録音に参加。

1月11日金曜日夜。場所は、神楽坂の入り口にある、とっても素敵なライブハウス「The GREE」。
明日14日、10時発売開始。
限定60名様。二度と見られん珍しいモノを見ると思って、ぜひいらしてください。


奈々福なないろ番外編 ♪うたう奈々福♪

 歌+おしゃべり:玉川奈々福
 言い出しっぺ:相田毅
 音楽監督+ピアノ:吉川正夫
 アコーディオン:横内信也
 ウッドベース:大津昌弘

2019年1月11日(金)
18:30開場 19:00開演(限定60名様)
場所:The GREE(新宿区神楽坂3丁目4 AYビルB1F)
入場料:5000円【ドリンク代別途/予約制/先着順自由席】
※入場時にチケット代+ドリンク代800円を頂戴いたします。
発売開始:11/14(水)10:00〜 The GREEのサイトにて
http://theglee.jp/?p=23299&post_type=live&preview=1&_ppp=f53e057a85
問合せ:03-5261-3124(The GLEE 平日10:00〜18:00)


それから、2月8日(金) 9日(土)の能楽堂公演、発売初日に完売情報が流れて、現在もチケットぴあは完売になっているのですが、
主催会社がプレイガイドに出した数が少なかっただけで、お席まだまだ、まだまだあります。
ローソンチケット、イープラスで買えますし、主催にご連絡いただいても、購入できます。まだまだ、よいお席ありますので、一世一代大きな独演会、ぜひいらしてくださいませ。

「奈々福、独演。――浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる」@観世能楽堂(中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下3階)

2月8日(金)「創作浪曲、ほとばしる!」18:30開場 19:00開演 
 演目:高畑勲原作「浪曲平成狸合戦ぽんぽこ」
    正岡容原作「浪花節更紗」(ロングバージョン)
ゲスト:鈴木敏夫(スタジオジブリプロデューサー)

2月9日(土)「古典浪曲、練る練る!」12:30開場 13:00開演
 演目:「清水次郎長伝 お民の度胸」
    「仙台の鬼夫婦」(滅多にやらないロングバージョン)
     ゲスト:周防正行(映画監督)

入場料:全席指定4500円(税込)
ローソン http://l-tike.com/(Lコード:33808)
イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp
問合せ:ザ・カンパニー 03-3479-2245(平日10:00〜18:00)
omote.jpgura.jpg
posted by ななふく at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

ちょっと一世一代感ある、独演会です。

来年2月8日(金)、9日(土)に、ちょっと大きな独演会を開催します。

話は、今年の二月にさかのぼります。とあるイベント会社から奈々福に連絡があり、会いたいとのことでした。
昨年末の、朝日新聞の記事を見て、見込んでくださったみたいなんです。
で、なにか面白いことを一緒にやりましょうよ、ということで、何度も打ち合わせをし、ご相談していく中で、
思いもよらぬ流れで「観世能楽堂での独演会」という仕儀になりました。
自分一人では絶対思いつかなかったことです。
ザ・カンパニーの天野代表に、感謝。

「奈々福、独演。――浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる」@銀座・観世能楽堂。
omote.jpgura.jpg

チラシ、可愛いでしょ! イラストは漫画家の岡村みのりさんです。そしてデザインはいつもお世話になっている倉地亜紀子さんです。

一日目は、「創作浪曲、ほとばしる!」と題し、自作の新作演目を演じます。
高畑勲原作「浪曲平成狸合戦ぽんぽこ」、そう、あのジブリの映画を浪曲化したもの。
そして、正岡容原作「浪花節更紗」これを、通常は30分くらいのバージョンで演じておりますが、
今回、フルバージョンで演じます。

二日目は、「古典浪曲、練る練る!」と題し、「清水次郎長伝 お民の度胸」と、
「仙台の鬼夫婦」これも滅多にやらないロングバージョンで演じます。

ゲストがすごいです。
初日は、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー。
高畑勲の追悼になるなら、とお引き受けくださいました。
二日目は、新作撮影中、最近浪曲にドはまりしてるとの噂聞く映画監督の周防正行さん。
はい、「Shall we ダンス?」の監督です。
いま、新作映画の撮影真っただ中だそうです。

両日とも、冒頭に「奈々福の浪曲入門」というコーナーを設け、
初めての方にもわかりやすく浪曲を解説するところから始めます。

観世能楽堂という大変に格の高い会場で(キャパ480)、
二日間ざっと1000人様にご来場いただいて、持てる力を精いっぱい発揮し、
わくわくどきどき、楽しい浪曲を聞いていただこうと思っております。
浪曲が、銀座のど真ん中、能楽堂で二日独演会……
これは事件。見届けなければならぬ会、お客さん入んなかったね〜では済まされないと思っているのでございます。
どうかお力添えを頂戴したくおもっております。
ぜひとも、ご来場くださいませ!

「奈々福、独演。――浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる」@観世能楽堂(中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下3階)

2月8日(金)「創作浪曲、ほとばしる!」18:30開場 19:00開演 
 演目:高畑勲原作「浪曲平成狸合戦ぽんぽこ」
    正岡容原作「浪花節更紗」(ロングバージョン)
ゲスト:鈴木敏夫(スタジオジブリプロデューサー)

2月9日(土)「古典浪曲、練る練る!」12:30開場 13:00開演
 演目:「清水次郎長伝 お民の度胸」
    「仙台の鬼夫婦」(滅多にやらないロングバージョン)
     ゲスト:周防正行(映画監督)

入場料:全席指定4500円(税込)
ぴあ https://t.pia.jp/ (Pコード:490-489)
ローソン http://l-tike.com/(Lコード:33808)
イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp
問合せ:ザ・カンパニー 03-3479-2245(平日10:00〜18:00)
posted by ななふく at 23:27| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする