プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年10月27日

12月の奈々福。

1日(土)玉川奈々福のおはようライブ ほとばしる浪花節!vol.45@木馬亭10:30〜
新作予定(曲師:沢村豊子)
木戸銭:500円(朝一番の笑顔付!)
☆毎度ネタおろしのおはようライブ。わあああああ、新作、つくらなくちゃ! おはようライブも、なんと45回目です。

1日(土)バラエティー生活笑百科出演@NHK総合12:15〜
☆先日収録してきました。大阪のご長寿バラエティ番組初出演。さくらちゃんの糸で、ご相談への回答を、節でお答えしております。桂南光師匠、桂吉弥師匠、宮川大助・花子師匠ともお会いでき、とっても楽しい収録でした。

3日(月)〜4日(火)福岡県の小学校にて実演とワークショップ
☆毎年うかがっている英彦山のふもとの小さな小学校で、二日間にわたって、能、狂言、浪曲の実演とワークショップ。贅沢ですー。お能の安田登先生、狂言の奥津健太郎さんとご一緒させていただきます。

5日(水)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:天中軒すみれ 港家小ゆき 天中軒涼月 玉川奈々福〜仲入り〜玉川太福 講談一席 大利根勝子 三門柳
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
☆雲月師匠のお弟子さん、すみれさんの定席デビューです。どうか応援しに来てやってください。

【完売御礼】6日(木)小沢昭一七回忌 日本の翻弄芸 爆笑三人組@木馬亭19:00〜
出演:松元ヒロ(スタンダップコメディ)玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村豊子)桂吉坊(上方落語 お囃子:恩田えり 桂華紋)
ゲスト:矢野誠一(芸能評論家)
木戸銭:予約3000円 当日3500円
予約:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp
BRN3C2AF42C8293_000056.jpg

☆浪曲は、小沢昭一さんに計り知れない恩があります。米朝師匠とともに、瓢右衛門師匠や松太郎師匠を売り出していただき、浪曲の魅力の幅の広さを示してくださった。そして、なんといっても、小沢さんの「日本の放浪芸」の記録は、浪曲が本来どういう芸であったのかを、想像するよすがとなる、今や消えてしまった様々な声の芸を記録してくださいました。大好きな小沢昭一さんの七回忌追善をやらせていただける光栄。よい会にします。秘蔵音源を出します!小沢さんが豊子師匠の糸でうなってる音。


7日(金)WEB版ぴあにて連載開始「玉川奈々福の浪曲的ココロ!」
紙媒体ではなくなってしまった雑誌ぴあが、スマホアプリとして復活しております。
そこに連載を開始します(現時点でまだ原稿書いてないけど)。浪曲の中の、また浪曲界の中の、私がいいなあと思う人物、その価値観について、書きたい。
説明は、こちらから。
https://iphone-mania.jp/news-218772/

7日(金)浪曲定席木馬亭@木馬亭12:15〜
出演:富士綾那 港家小ゆき 花渡家ちとせ 玉川奈々福〜仲入り〜港家小柳丸(講談一席)天津ひずる 東家三楽
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
☆ご襲名された、新・小柳丸、新・三楽、一緒にお目見えの日です。

8日(土)奈々福の、義士伝。@新宿二丁目道楽亭19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)「俵星玄蕃」「赤垣源蔵徳利の別れ」と、たぶんたっぷりおしゃべり。
木戸銭:2500円(別途3500円で打ち上げあり 希望者のみ)
予約問合せ:道楽亭 03-6457-8366 予約フォームはこちら
☆おしゃべりの会を11月末にやったばかりですが、12月、がっつり義士をやろうという会です。そもそも「忠臣蔵」と「義士伝」の区別がついていないお客様もおられるかと思いますので、そんなこともおしゃべりしながら。

10日(月)浪曲日本橋亭「忠臣蔵!義士外伝……」@お江戸日本橋亭13:00〜
出演:港家小そめ「足軽出世美談」東家孝太郎「討ち入り当夜 小林平八郎の最期」玉川奈々福「俵星玄蕃」玉川こう福「安兵衛長屋評判記」
木戸銭:予約1500円 当日2000円
予約:日本浪曲協会 03-3844-1611
☆義士銘々伝、外伝特集です。二代目先生由来の玉川の義士伝、やります。

10日(月)安田登の手猿楽ナイトvol.01 神話する身体『イナンナの冥界下り』他@代官山 晴れたら空に豆まいて19:30〜
【演目】 ●夢十夜 第一夜 ●夢十夜 第三夜 ●『イナンナの冥界下り』 ●『イナンナの冥界下り』のプレ・トークとアフター・トーク
【出演】
■イナンナ:安田 登
■エレシュキガル/ニンシュブル: 金沢 霞
■ネティ :大島淑夫
■クルガラ: 大金 智
■ガラトゥル: 名和紀子
■語り: 玉川奈々福
■音楽: ヲノサトル、森山雅之
■人形・美術: 山下昇平
■字幕送り: 丸山絵里子
■座談会: 山本貴光、大島淑夫、玉川奈々福、ヲノサトル、安田登
開 18:30 演 19:30 ・ 前 4,400/学割2,400 当 4,900/学割2,900 +1D 600
■ 入場は整理番号順■ 要別途1ドリンク代金600円■ 会場は畳敷き(椅子席あり)
申し込み、詳細は、晴れたら空に豆まいて まで。
☆演目は、サイトを見て初めてしりましたよ(笑)。毎度安田一座の自由自在さに翻弄されるばかりで、この夜もどうなることやら。世界最古の神話と、夏目漱石、です。

11日(火)毎週通うは浪曲火曜亭!@日本浪曲協会広間19:00〜
出演:玉川奈々福 富士綾那(曲師:沢村豊子)
木戸銭:1500円(茶話会付き)
☆綾那さんと、火曜亭。年内最後の火曜亭だなあ。楽しく忘年会にしましょう!

12日(水)玉川奈々福、喬太郎アニさんをうならせたい@紀尾井小ホール19:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子) 柳家喬太郎
木戸銭:3500円
【完売御礼】
☆この会は喬太郎師匠との二人会(師匠は「おめえの会だよ!」とおっしゃいますが)。嬉しいんですが、ハードルが課せられています。師匠を「ううむ」とうならせる新作を作らなければならない。この月はおはようライブともども、二席ネタおろしになります。キッツー。早々に完売。ありがとうございます。

15日(土)ほとばしる浪曲!!玉川奈々福・春野恵子二人会@松山市 子規記念博物館18:30〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)春野恵子(曲師:一風亭初月)
木戸銭:4000円
お問い合わせ:松山市立子規記念博物館友の会「まつやま子規亭」係
〒790-0857
愛媛県松山市道後公園1−30
TEL. 089−931−5566
FAX. 089−934−3416
e-mail. tomo@sikihakutomonokai.jp
☆久々に恵子さんと二人会。「あとまわシスターズ」のご注文を受けておりますので、二人で浪曲漫才もいたします。

16日(日)奈々福ひとり会@広島工業大学広島公舎(広島市中区中島町5-7)14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)2席申し上げます。
 木戸銭:シングル(お一人) 予約3,800円,当日4,300円
    ペア(お二人) 予約のみ7,400円
予約問合せ:広島で生の落語を聴く会(上村)
電話: 090-9570-4579 メール: namarakugo@ae.auone-net.jp
▽公演名 ▽チケットの種類(シングルかペアか)▽枚数(注:ペアの場合は1枚で2名様分となります)▽お名前(フルネーム)▽ご連絡先(メールアドレスまたは電話番号)※できれば当日も連絡のつくものをお知らせください。
☆広島で、今年も独演会をしていただけることになりました。昨年までとは趣のかわった内容になるように、考えます! 楽しい会にしたい。

18日 都内某所で某テレビ番組収録
19日 都内某所で某テレビ番組収録
☆情報解禁され次第、告知します。放映は来年1月予定。

20日(木)清き流れの玉川姉弟会VOL.22@らくごカフェ19:00〜
出演:玉川奈々福 玉川太福(曲師:玉川みね子)
木戸銭:予約1800円 当日2000円
予約:らくごカフェ rakugocafe@hotmail.co.jp 03−6268−9818(平日12時〜18時受付)
☆演題は決まっていませんが、たぶん奈々福は1日にかける新ネタになるかと。この会も、チラシつくる間もなく、そうそうにご予約いっぱいになることが予想されますので、お早めにご予約くださいませ。

25日(火)年忘れ 柳亭市馬・玉川奈々福 二人会@紀伊国屋ホール14:00〜
出演:柳亭市馬(落語/歌謡浪曲) 玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村豊子)
料金:全席指定3500円
詳細はこちら。http://www.tomin-gekijo.or.jp/work/theater/
☆えらいこっちゃです。紀伊国屋ホールで、市馬会長と、畏れ多すぎる二人会です。都民劇場の企画ですが、市馬師匠が年忘れであの素晴らしい歌謡浪曲をご披露くださるのが、超楽しみです!!!

31日(月)幕張のホテルニューオータニにて、浪曲。(詳細未定)
☆今年の仕事おさめは、ホテルで浪曲だああああああ!

posted by ななふく at 00:10| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

学校で、浪曲。

ときどき、学校で浪曲というお話をいただきます。
私の場合、いわゆる「学校寄席」に顔付けていただいたことはなくて、
単独で、浪曲実演してくださいとか、ときには、ワークショップを含めてやってくれないか、
というお話が多いのです。

今までに、小学校も中学校も高校も大学も行きました。
東京近郊のこともあるし、地方のこともあります。
学校によって、地域によって、クラスによって、人数によって、様相は毎回全然、全然、違う。

こないだは山形の高校で650人入った体育館で二時間、古典と新作二演題とおしゃべりでした。
つい先日は、静岡県の小学校で、六年生の、午後の二時限をつかって、浪曲実演とワークショップ。
一校は50人。もう一校は100人。
今週は埼玉の小学校と中学校に行きます。300人くらいだそうです。
一時間いただいているけど、一時間じゃあ、短いなあ。

子どもは、もっとも手ごわい観客です。
浪曲会に来てくれるお客さんは、聴こうという意思をもって足を運んでくださる。
良かった悪かったの評価は別として、聴きたい意思はある。
子どもにはその動機が、基本、ない。

だから二時間、基本閉じてる心身を開いてお腹いっぱい浪曲を楽しんでもらうに至るまでには、
腕力を使います。
声も脳みそも知力も気力も、振り絞る。
いろいろおしゃべりして、子どもたちに質問してしゃべってもらって、
実演も聞いてもらって、声出してもらって、最後には、短い浪曲を実演してもらう。
へとへとになるんだけれど、そうして子供たちがみるみる変わっていくのを見るのは、何より面白い。
静岡の小学校で、校長先生がおっしゃいました。
「あんな生き生きしている子どもたちは、通常の授業では見ない。子どもたちを開いてくださってありがとうございました」。

教育環境が、厳しくなってきているんだろうなあというのは、感じます。
とある中学校に行ったときには、私が舞台に上がろうという直前、先生が生徒たちに
「お前ら、笑うなよ!」と大きな声で怒鳴った。
生徒も凍りついただろうが、私も凍りついた。
これから、「浪曲シンデレラ」やって、おもいっきしゆるんで笑って開いてもらおうってときに!!!

これは子どもの話ではないんですが、私が出会った女性。
大事な伴侶を亡くされ、悲しみのあまり、本を読むこともできなくなってしまったとおっしゃっていました。
ふとしたことから、私の浪曲を聞いてくださるようになり、物語に身を浸すことで、ちょっと元気になる、と言ってくださった。
まだ長編は無理だけれど、少しずつ本が読めるようになってきた、と。
身体に困難を抱えているお客様から、奈々福の浪曲を聞くと、元気になる、薬より効く、と言っていただいたこともあります。
聞いてくださる方が元気になってくれるのなら、私はそのためにどんなにか身を尽くすぞ、そのために浪曲を全力でやるぞ。
私自身、師匠が亡くなったときに、浪曲を聞くことさえいやになって、これは浪曲続けられないかとさえ思ったのに、
自分自身が浪曲を演じ、浪曲の物語に身を浸すことで、少しずつ救われたのです。

きっと、物語には、心身を再生させる力があるんです。

そういう時間を、子どもたちに過ごしてほしい。想像の世界に心を遊ばせる時間をすごしてほしい。
どうかのびやかに、どうかのびやかに……。

学校に行く仕事。いっぱいしたいなあ、と思う、今日この頃なのでありました。

呼んでくださる方法はさまざまで、
各県の文化財団のアウトリーチ事業だったり、
学校のOB会の主催だったり、
地元の篤志家の方々のお力だったりします。

ちなみに、学校がお金を負担しないでも、芸人を呼ぶことのできるシステムがあります。
文化庁の、「文化芸術による子どもの育成事業」。
実際にこれを使って毎年呼んでくださっている学校もあります。
書類書く手間はありますけれど。
http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/kodomo/
学校の、お気持ちある先生に届きますように。

来月は学校、ないなあ。
再来月は九州の小学校に行く。
行くよーーーー!
posted by ななふく at 00:17| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする