プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995年7月7日、玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回をプロデュースしたが、全10回公演がすべて大入り満席となる。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタンの七か国で公演を行った。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福の初DVD発売! 
「ほとばしる浪花節 玉川奈々福ライブ! 〜弾き語り浪曲シンデレラ+古典浪曲 仙台の鬼夫婦」
(企画・著作:ななふく本舗 製作:(株)秀真 発売元:ななふく本舗 販売:(株)クエスト 定価3000円(税別)。
全国のCDショップ、書店で取り扱うほか、アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料205円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
ジャケット.jpg

ほぼ日学校長・河野通和×玉川奈々福対談
https://gakkou.1101.com/online/2018-06-25.html

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年08月31日

10月の奈々福。

大阪、山形、静岡、北九州、個人的に京都、そして月末は中国! 旅の多い月になります。秋はわりと、ね。

10月1日(月)浪曲。三味線の視座 第一回@亀戸駅前カメリアプラザ6F和室19:00〜【ご予約締切】
出演:玉川奈々福 沢村豊子
木戸銭:全席自由 予約3000円 当日3500円
予約:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp
☆浪曲は一人の芸ではありません。浪曲を、三味線の立場から、魅力を解剖してみようという試み。三回シリーズの初回。毎回、スゴ曲師をお迎えし、一席の浪曲の構造やテクニックを分解解説しながら、曲師の立場からの、難しさ、面白さ、浪曲師への希望(!)また、何故曲師の道を選んだのかのお話うかがった上で、最後に浪曲を聞いていただきます。浪曲三味線、こ〜んなに自由で多彩で魅力的、なのを発見してください! 初回は沢村豊子師匠。ご予約いっぱいで、キャンセル待ちになっております。


2日(火)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭13:00〜
出演:月亭遊真/笑福亭呂好/林家染雀/伏見龍水(曲独楽)/笑福亭達瓶/桂文太
〜仲入〜玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村さくら)/林家菊丸/桂団朝/桂福団治(出演順)
https://www.hanjotei.jp/performances/day/
木戸銭:前売り 2,500円 / 当日 3,000円
予約問合せ:天満天神繁昌亭 
☆大阪の落語の定席、繁昌亭にまた出演させていただきます。落語の寄席に出られるのは、その流れの中に身を置けるのは、嬉しい楽しい。緊張するけど。


2日(火)吉坊奈々福二人会 第三回@天満天神繁昌亭18:30〜
出演:桂吉坊「蛸芝居」ほか1席
   玉川奈々福「梅ケ谷江戸日記」ほか1席(曲師:沢村さくら)
開口一番:桂団治郎「開口一番」
開演:午後6時30分(6時開場)全席指定
前売2,700円 当日3,000円
お問合せ:事務局 06-6131-5173
吉坊奈々福3.jpg
☆そして、その晩は、上方落語の吉坊さんにまたもお声がけいただき、大阪での二人会、早くも三回目です。これも嬉しいなあ。毎度すごく長くなるので、開演時間が、今回も早まりまして、18時半になっちゃいました。今度こそ、もう一席は短めにします。

3日(水)天満天神繁昌亭昼席@天満天神繁昌亭13:00〜
出演:月亭遊真/笑福亭呂好/林家染雀/伏見龍水(曲独楽)/笑福亭達瓶/桂文太
〜仲入〜玉川奈々福(浪曲)/林家菊丸/桂団朝/桂福団治(出演順)
https://www.hanjotei.jp/performances/day/
木戸銭:前売り 2,500円 / 当日 3,000円
予約問合せ:天満天神繁昌亭 

4日(木)山形県の某高校にて独演会

5日(金)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:富士綾那 国本はる乃 玉川奈々福 鳳舞衣子~仲入り〜玉川ぶん福 桃川鶴女(講談)大利根勝子 天中軒雲月(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)
10月木馬亭.jpg

6日(土)浪曲定席木馬亭@浅草・木馬亭12:15〜
出演:天中軒景友 富士実子 東家孝太郎 玉川奈々福〜仲入り〜東家若燕 田辺一邑(講談)鳳舞衣子 富士路子(出演順)
木戸銭:2000円(25歳以下半額)

10日(水)奈々福の、惚れるひと。@東池袋あうるすぽっと 昼14:00〜 夜19:00〜【完売御礼】
出演:柳家喬太郎(落語) 玉川奈々福(浪曲)/曲師・沢村豊子  神田松之丞(講談)
0002.jpg0001(1).jpg
☆奈々福が、話芸語り芸の分野で "惚れるひと"、をご紹介する新企画です。毎年開催予定で、1回目の今年は、恐れ多くも喬太郎師匠、と、飛ぶ鳥落とす勢いの松之丞さんです。どこに惚れてるか惚れてないかは当日のお楽しみ、なのですが、さすがにこのお二人をお迎えする会、チケット瞬殺でした。チラシかっこいいので挙げときますけど、完売です。

11日(木)第52回 豪華浪曲大会@浅草公会堂11:00〜
「ザ・レジェンド 芸歴70年越え師匠ありがとう」「ザ・同時襲名2018」
☆浅草公会堂の恒例の浪曲大会、今回は、レジェンドフィーチャーと、襲名披露です。
同時襲名は、会長・富士路子が五代目東家三楽を、東家若燕が、四代目港家小柳丸を襲名いたします。
また、芸歴70年越え、と聞いただけで気が遠くなりそうになりますが、現在(一社)日本浪曲協会には、該当するレジェンドが四人おられます。芸歴82年の曲師・玉川祐子師匠、たぶん75年くらいの曲師・伊丹秀敏師匠、浪曲師としてのお名前は浜乃一舟師匠です。そしていずれも70年の国本晴美師匠と、曲師・沢村豊子師匠。
奈々福は、豊子師匠との出会いから同棲生活までを赤裸々につづったドキュメンタリー浪曲「豊子と奈々福の浪花節更紗」をご披露します。
チケットは、ぜひとも奈々福から買ってください(豊子師匠のノルマ分を「アンタ売って頂戴!」と預かってます)、tamamiho55@yahoo.co.jpまでご注文を。現在自由席4000円を多数持たされて(涙)おります。

内容構成は以下画像をどうぞ……!
大会表.jpg大会裏.jpg

12日(金)都内某所でクローズの会。

13日(土)グランシップ寄席〜春風亭一之輔、玉川奈々福、神田松之丞〜@静岡市グランシップ14:00〜
出演: 春風亭一之輔(落語)、玉川奈々福(浪曲 曲師:沢村豊子)、神田松之丞(講談)
会場:中ホール・大地 木戸銭:全席指定/一般3,500円 こども・学生1,000円
※こども・学生は28歳以下の学生、未就学児入場不可
プレイガイド グランシップ窓口
グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000
☆グランシップは長らく、故・国本武春師匠がご出演でした。それを引き継ぐ形のご縁です。すごい並びですね。残席僅少とのことですので、お早めに。

14日(日)静岡市にてクローズの会。

16日(火)高見芸術祭@北九州市 高見神社18:30〜
第一部 弦楽三重奏(北九州響交響楽団)+尺八(山崎箜山)・箏(宮本直美) 約1時間
第二部 浪曲 玉川奈々福(曲師:沢村美舟)
☆能楽の安田登先生のご縁で、過去に二度ほど公演させていただいた北九州の高見神社様の秋の行事にお招きいただきました。夜の野外能舞台で、一時間ほど、浪曲とトークを聞いていただきます。詳細は神社にお問い合わせくださいませ。

18日(木)浪曲。三味線の視座 第二回@亀戸駅前カメリアプラザ6F和室19:00〜
出演:玉川奈々福 玉川みね子
木戸銭:全席自由 予約3000円 当日3500円
予約:ななふく本舗 tamamiho55@yahoo.co.jp
三味線の視座.jpg
☆「三味線の視座」第二回は、奈々福の三味線の師匠である玉川みね子師匠をお招きします。当然のことですが、入門のいきさつから、その当初以来の奈々福のことをよーくご存知の師匠。いまでも私の三味線の手や掛け声は、みね子師匠にそっくりだと言われます。みね子師匠の音をまねるところから、私の修行は始まりました。お師匠さんのお話を、そして三味線の音色を堪能してください。残席僅少、ご予約お早めに。

19日(金)静岡県のアウトリーチのお仕事で、静岡の中学校にいきます。

23日(火)入間市のアウトリーチのお仕事で、入間市の中学校にいきます。

25日(木)実験落語neo〜シブヤ炎上ミックス〜@シブゲキ!!19:00〜【前売完売、当日券在り〼】
[出演]三遊亭円丈
柳家権太楼
玉川奈々福(浪曲)
神田松之丞(講談)
立川吉笑
[日程]2018年10月25日(木) 19時開演
18時開場(ロビーにて三遊亭はらしょうによるウエルカム落語上演)
[料金]前売・当日とも 3,800円(全席指定・税込)
チケットぴあ
インターネット以外
店頭:チケットぴあ/セブン-イレブン
電話:0570-02-9999
[お問合せ]CBGKシブゲキ!!
info@cbgk.jp
TEL:03-6415-3363〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム 6階
東京メトロ半蔵門線/東急田園都市線 渋谷駅 出口1 ザ・プライム口 直結
シブゲキ.jpg
☆円丈師匠がいらしたからこそ、現在の新作落語の隆盛はあるのでしょう。そこにお招きいただきました、光栄です。顔付けがすごい。前売りは完売しているそうで(この顔付けですからね)当日券のみあるそうです。新作ですよね。はい、頑張ります。

26日(金)都内某所クローズのパーティ

29日(月)〜11月1日(木)世界幽黙芸術週間@上海近郊の張家港の、どこだかわかりません。
☆今年1月、北京と蘇州と上海をまわったの中国公演のあと、中国曲芸家協会から、「世界幽黙(ユーモア)芸術週間」への招聘の打診をいただき、嬉しくお受けしました。ユーモア。中国語で「幽黙」と書く。世界からユーモアの演者が集まるそうで、奈々福の浪曲は一月の中国公演で、めでたくお笑い認定をいただいたということになります(複雑)。でも、世界の楽しい芸能を見られるチャンスですので、行ってきます!
posted by ななふく at 13:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

新しいDVDと伊勢さんのこと。

「木馬亭の浪曲師たち」というDVDboxがあることを、浪曲ファンでもご存知ない方が多いかもしれません。
2009年に発売された、浪曲のDVD5巻(19席収録)、特典映像1巻の、6巻セット定価15000円の浪曲boxです。
20180824_231453.jpg20180824_231519.jpg

内容は9年前の、このブログに書きました。
http://tamamiho55.seesaa.net/article/129280166.html

19人の浪曲師の木馬亭での舞台が、一席ずつ収録されています。
1巻目に、国本武春、玉川桃太郎、春日井梅光、四代目東家三楽。
2巻目に、藤田元春、木村若友、二代目東家浦太郎、五月一朗。
3巻目に、港家小柳、三門柳、澤孝子。
4巻目に、富士路子、天津ひずる、五代目天中軒雲月、富士琴路。
5巻目に、玉川奈々福、大利根勝子、国本晴美、葵わか葉。

……9年間に、実に8人が鬼籍に入られ、2人が引退されている。
大きなため息。

この貴重な記録を、な、なんと私費を投じて(!!!)撮影し、製作発売してくれたのが、(株)秀真の、伊勢哲さんです。
発売されたのが2009年ですから、撮影に入られたのは、それより数年前。
伊勢さんと初めて会った日のことは覚えていないけれど、たぶん、2000年くらいから、木馬亭に通い、楽屋に入り、浪曲師たちの信頼を得て、いろいろ面倒な撮影の許諾をとって、撮り始めておられたのではなかったか。

そう考えると、伊勢さんとのお付き合いも、もう15年以上になります。
このBOXは、(株)秀真にご注文いただければいまでも入手可能です。
ご注文はこちらまで!→ ise@hotsuma.co.jp

このDVDboxを出されたあと、伊勢さんは、大利根勝子師匠のDVDを製作発売されました。
「唸りをあげる浪曲ソウル 大利根勝子波乱万丈!」
……すごいタイトル、伊勢さんの勝子師匠への思い入れが、タイトルにも、映像にも、あふれまくってます。

そしてその後の伊勢さんは、奈々福を撮りはじめてくださいました。
私のほうから、撮影を依頼したことも数々ありました。
たぶん最初の撮影から数えると10年くらい、撮影してもらったもの、たまってます。
もう、挙げたらきりがない。
長編浪曲一挙口演も撮ってもらったし、あの作品もこの作品も、あのときもこのときも、撮ってもらってる。
しかも伊勢さん、スタッフ依頼して、撮影隊つくって、いくつものカメラで、撮ってくれてる。

伊勢さんから、サンプルのDVDまで届く。
「奈々福さん、もう編集したから。あと、商品にするだけだから!」
タイトルからジャケットデザインまでしてもらったものが、届く……。

なのに、奈々福は、自分の映像チェックして、出す気に、なれなかった……。

「奈々福さん、そりゃあ、演者から見れば傷あると思うよ。でもね、これはオレから見たら、もう、絶対いいんだよ、絶対出して欲しい、出さなくちゃダメだよ!」

熱を込めて説得される。伊勢さんに本当に申し訳ない、と、思うのだけれど、出す気になれなかった。

10年。奈々福の記録がなさすぎると、伊勢さんのみならず各方面から言われまくり、さすがに追い詰められました。
今年の一月に、カメリアホールで開催した田島空監督「キネマ更紗」の上映会のときに、伊勢さんに撮ってもらった実演部分のライブ映像。
を、DVDにすることにしました。
伊勢さんの思いに、やっと、やっと、ほんのちょっと報いることができます。
どうせつくるなら、いい作品にしたい。
DVDに入っている冊子には、エッセイストの平松洋子さんに、すばらしい奈々福評を、そして漫画家の岡村みのりさんには、すばらしいイラストと漫画をいただきました。
これを見るためだけでも、価値があるDVDになりました。

そしたら伊勢さん、勢い込んで、PVまでつくってくれました(本当に涙出る!)。
東映の健さん映画大好きな伊勢さんの、強い好みが出てるPVです。奈々福の二の腕ぷるぷるから始まってる。
https://www.youtube.com/watch?v=TRSG0KX-Z8A

伊勢さんの、浪曲への思い。なんでこんなに、してくれるんだろう……本当に、不思議であったかくて、素敵な人です。

9月15日の「奈々福なないろ」@カメリアホール にて、先行発売します。(お買い上げいただいた方にはサインします)
15日(土)奈々福なないろvol.1「傀儡師(くぐつ)と奈々福」@亀戸駅前カメリアホール14:00〜
プログラム
開口一番 天中軒景友(曲師:沢村美舟)
浪曲 玉川奈々福「おたのしみ」(曲師:沢村豊子)
ゲストコーナー 百鬼ゆめひな(オリジナル作品)
〜仲入り〜
コラボ演目「椿太夫の恋」(人形:百鬼ゆめひな 浪曲:玉川奈々福 三味線:沢村豊子)
全席指定:予約3000円 当日3500円
予約問合せ:カメリアホール 03-5626-2121


一般発売は、17日らしいです。アマゾンではすでに予約が始まっています。
https://www.amazon.co.jp/DVD-%E3%81%BB%E3%81%A8%E3%81%B0%E3%81%97%E3%82%8B%E6%B5%AA%E8%8A%B1%E7%AF%80%E7%8E%89%E5%B7%9D%E5%A5%88%E3%80%85%E7%A6%8F%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96/dp/4863088000/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1535119517&sr=8-2&keywords=%E7%8E%89%E5%B7%9D%E5%A5%88%E3%80%85%E7%A6%8F

伊勢さんの思いを背負ったこのDVD。ぜひともお買い上げいただきたいと思います。
ジャケットはこちら。
ジャケット.jpg
冊子の表紙はこちら。
mihon.png

発売記念ライブは、9月30日にミュージックテイトにて。
30日(日)DVD発売記念ライブ!@西新宿ミュージックテイト14:00〜
出演:玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
木戸銭:予約1500円・当日2000円(DVD購入者限定)
予約:03-5332-6396 もしくは、ticket@musicteito.co.jp
場所:ミュージックテイト西新宿(新宿区西新宿7-16-13)







posted by ななふく at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

「奈々福なないろ」……浪曲をはばたかせたい!

帰国以来、豊子師匠が超ご機嫌です。
機嫌悪いことを、ちょっと予想していたのです(一か月半もアタシを放置するなんて! と怒ってもしかたない状況)。
奈々福がかえってくるまでに、三味線も撥も調整しておくのだと、みね子師匠を駆り出して、三味線屋さんに行ったり、撥屋さんに行ったり、
……いない間に、いったいいくら使っちゃったんだか、私ははらはらしているのですが、
帰ってきたら奈々ちゃんを弾くのだと、いろいろ準備して待っていてくれたその気持ちに、もう、泣きます。
先日、一席弾いてもらったと、ふっとお師匠さんが言いました。
「アンタを弾くのは、やっぱり面白いよ」
名人であり、私を育ててくれた人でもあるお師匠さんに、そんなこと言われたら、もう、もう、冥利です。

つくづく、一人の芸ではないこと、そして譜面のない即興性を命とするところが、浪曲の醍醐味であり、困難でもあります。

浪曲という芸は、なんというか、ちょっと乱暴な言い方かもしれませんけれど、
精巧に組み立てる細工のようなものではなく(そういう浪曲もあります。それを否定しませんし、大好きです!)、
その場その場の偶然性によってくるくると色の変わる、つむじ風のようなものではないか、という気が、最近はしています。
外国で浪曲をやって、その場によって、自分がくるくる変わってしまうことに驚き、感興が乗ったときにぐわん、とドライブがかかるのを何度も感じながら、その意を強くしました。

この浪曲というものの、くるくる色の変わる不思議さを、企画意図にできないだろうか。

「奈々福なないろ」。新しい会を始めます。

浪曲の会ですが、浪曲をさらに自由にはばたかせ、その可能性や、見せ方の方法を広げることを意図した会です。
毎年恒例の、亀戸のカメリアホール公演を、今年からこの企画で開催していこうと考えております。

初回は、「傀儡師(くぐつ)と奈々福」。
人形師の百鬼ゆめひなさんを迎えて、人形と浪曲で、一つの世界を描く試みをしてみたいと思います。つまり、人形浄瑠璃のような形式を、文楽人形ではなく、ゆめひなさんの等身大人形で、義太夫節ではなく、浪曲でやってみようということです。

人形を扱う傀儡師(くぐつ)は、原初の芸能のひとつです。浪曲ともども、社会の底辺から生まれた芸能同士です。
ゆめひなさんのサイトはこちら。人形がとにかく、魅力的です。全部彼女自身による手作りです。

ゆめひなさんとは今までに、泉鏡花の「海神別荘」「天守物語」、小泉八雲「雪女」、夏目漱石「夢十夜」……など、さまざまな舞台をご一緒してきましたが、今回はアレクサンドル・デュマ・フィスの「椿姫」を翻案した、奈々福オリジナル浪曲「椿太夫の恋」を、ゆめひな人形が演じ、奈々福が、うなります。
そして、今回の見もののひとつは、情念世界を舞う人形に、譜面もなしに、その場面の感情・感覚で音をつけていく、名人・沢村豊子の三味線。浪曲の節に合わせるのではなく、人形の舞に、即興で三味線をつけていくのです。
場面の感情を感じて、それがそのまま三味線の手になっていく、なんていうことは、豊子師匠だからできることです。

そのほかに、通常の形での浪曲、またゆめひなさんのオリジナル作品もあります。

ぜひ、見ていただきたいと思います。チケットは、奈々福手持ちでいいお席がまだまだ残っております。
どこかでつかまえて、チケットゲットしてくださいませ。

「奈々福なないろvol.1」〜傀儡師(くぐつ)と奈々福〜

プログラム
開口一番 天中軒景友(曲師:沢村美舟)
浪曲 玉川奈々福「おたのしみ」(曲師:沢村豊子)
ゲストコーナー 百鬼ゆめひな(オリジナル作品)
〜仲入り〜
コラボ演目「椿太夫の恋」(人形:百鬼ゆめひな 浪曲:玉川奈々福 三味線:沢村豊子)
奈々福なないろ表.jpg奈々福なないろ裏.jpg


2018年9月15日(土)
13:30開場 14:00開演
入場料・全席指定 前売3000円 当日3500円
於:亀戸 カメリアホール(JR総武線で秋葉原から4駅8分「亀戸」駅下車 北口徒歩2分)




posted by ななふく at 00:35| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする