プロフィール
this is the NANAFUKU
名前:玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
誕生日:三波春夫先生と同じ7月19日
性別:女性
職業:浪曲師・曲師(浪曲三味線弾きのこと)
一言:1994(平成6)年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。1995(平成7)年7月7日玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001(平成13)年より浪曲師としても活動。2004(平成16)年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回、2005(平成17)年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。2006(平成18)年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。賞罰、なし。
MIDO9459.JPGAAJJ0027.JPGAAJJ9949.JPG撮影森幸一c_0056.JPG撮影森幸一(舞台写真)・御堂義乘(ブロマイド)

NEWS!奈々福のCD発売中! 
「ほとばしる浪花節! 玉川奈々福の寛永三馬術 曲垣と度々平/大井川乗り切り」
(発売元:有限会社武春堂 販売元:バウンディ)XQBT-1155 定価2500円。
取り扱い店:山野楽器(銀座) ミュージックテイト(新宿) ヨーロー堂(浅草) イサミ堂(浅草)
アマゾンほかのネットショップでも購入可能。
奈々福後援会でも取り扱います(別途送料200円がかかります)。ご注文はtamamiho55@yahoo.co.jp へお願いします。
CDジャケット.jpgこおゆう感じです。

「和装人インタビュー第50 玉川奈々福」by辻屋本店

玉川奈々福への仕事のご依頼は、ななふく本舗へ 090-7001-6867 tamamiho55@yahoo.co.jp
◎ おもいっきり笑える浪曲が聴きたい!
◎ 甚五郎さんや、忠臣蔵や、次郎長や、昔ながらの浪曲が聴きたい!
◎ 子供に、読み聞かせをしてほしい。三味線の音色も聴かせてほしい。
◎ 浪曲漫才もありえるんですか?
◎ 結婚式や、〇回忌で、一代記をやってほしい。
……などなど、お気軽にご相談ください。

奈々福自主公演の予約お問合せも、ななふく本舗へ(090-7001-6867 
ななふくonついった
http://twitter.com/nanafuku55
奈々福on facebook
http://www.facebook.com/nanafuku.tamagawa

2018年07月03日

キルギスの語り芸「マナス」との交流会。

 文化庁文化交流しとして、5月27日に日本を旅立って、早くも一か月以上。
 今までに、イタリア、スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランドで公演してきました。
 すでに11公演+3ワークショップ。
 いよいよ旅も終盤、六か国目は、中央アジアのキルギスにおります。
 この国に来たかった。目的があった。
 世界最長の叙事詩「マナス」があり、それを語る「マナスチ」たちがいるからです。
 いったい、どういう芸!?

 キルギスは、遊牧民の国です。いまは定住し、農業国になっているようですが、もともとは移動式住居で、草原を移動しながら生活していた人たちです。だからこの国には伝統的な建物というものがありません。つい一昨日まで一か月間ヨーロッパの伝統的建物を見まくっていた目には、ずいぶんさっぱりした国に映ります。肉は、生活をともにしている家畜があるので、売り買いするものではない、ので、いまでもバザールで肉を扱っている人たちは、ロシア系の人たちらしいです。

 建国は1991年。それまではロシア領でした。国家語はキルギス語ですが、公用語としてロシア語が広く使われています。

 この国に古くから伝わる英雄譚が「マナス」。20万行以上の叙事詩と聞いていましたが、本日聞いたら、50万行以上とのこと。
 活字にまとめられたのが20世紀半ば(一部が、平凡社の東洋文庫に入ってます)。
それも、語り部たちの語りを取材してまとめたもので、全容はまだわからないのだとのことです。

 語り芸ときけば興味津々なわたくしが、文化交流史にご指名受けて、そりゃあ各国の語り芸を聞きたいと思い、キルギスでマナスを聴ける機会を探っておりました。そうしたら、大使館から、マナスのドキュメンタリーを撮っている映像作家の方がいるとの情報をいただき、その方のご尽力で、「共演公演」が実現することになったのです。
そのうえ、私がマナスに興味を持っていることを歓迎してくださったマナス財団の方々が、公演前日に、「交流会」を設定してくださいました。すごい機会です。

 大喜び!

 来る前に、マナスの映像を探しては見てました。
 子どもが語ってる映像がyoutubeにけっこうアップされてました。
 その語りが、半端な迫力ではない。お客さんを一向に見ることなく、自分の語りの中に入り込み、推定年齢五つや六つの子どもがなにゆえにこれほどの確信をもって語ってるのか、とにかく、「習った」「真似をしている」「覚えちゃった」とか、そういう、甘い感じではない、疑問をさしはさむ余地のない、確信に満ちた語りなのです。
「……いったい、なにこれ?」

 今日、打ち合わせした二人のキルギス人通訳さんそれぞれに、マナスってなに、と聞きました。
「この国では伝統芸能はマナスだけです。キルギス人の統合の象徴です」
「マナスは、伝説の英雄の名前からついたものです。でも、その英雄を、本当にいたと信じている人も多くいます」
「初代大統領の方針で、中学生から必ずマナスを勉強することになってます」
「マナスを語る人をマナスチといいますが、マナスチは、誰でもなれるものではありません」
……そこ、聞きたい。どういう人がマナスチになるの?
朝打ち合わせをした通訳のシャヒデンさんは、こういった。
「才能、ですね」
午後から会った、ウイグル系キルギス人のエルミラさんは、こういった。
「伝統の家に生まれて、小さいころに、夢を見て、あなたはマナスになりなさい。とお告げを受けた人が、なります」
……えっ!?
しかも、その子は、お告げを受けたその翌日から、何を見ることもなく、マナスが語れるのだという。
……この話、どっかで聞いた。
あっ、チベットの「ケサル王伝説」の語り部たちもそうなのだ! お能の安田登先生から、この話と同様のことを聞いたのだ!
つまりは、憑依系芸能……ああ、語りの確信は、憑依されているからなのか、納得。


 行って来ました、マナス財団。マナスチの方々がいっぱい待っててくださった!
 待て待て、年季入った人もいるけど、どうみても小学生や中学生みたいな少年もいるぞ。
「彼らはこれからを担うマナスチです」
 この子たちも「天からのお告げ」でマナスチになっちゃった子たちなんだろうか。

いろいろ聞きたいことはあるんだが、先様の仕切りで、まずはお互いの芸の披露。
ちびっこたちから、順々に語っていく。
 ゆったりと始まり、それがだんだん、早間になり、熱を帯びていく、手を振り上げ、声を振り絞り、時々テクニカルな節をつかい、確信に満ちて語り進めていく。
 で、やはり彼ら、お客さんのほうを、一切見ない。自身の語りに、入り込む。

 ぽかんと口開けて感動していたら。
 さあ、あなたどうぞ。奈々福の浪曲の番である。
 そりゃあ、振り絞りましたよ。あっちからいろいろ引きだすためには、こっちもなかなかと思ってもらわなくちゃあならないもん。私の出来はさておき。

 いろいろお話をうかがいました。
 研究者でもあるタランタリさんがいろいろと解説してくださる。
「1950年から60年ごろにつくられた、耳のないお坊さんの映画がありましたね?」
……日本の映画? 耳なし芳一のこと?
「ああ、そうです。それはマナスチの話に似てます」
……ど、ど、どういうことですか?
「芳一は、ドン・タイラ(平家のことらしい)の魂に呼ばれて、海を渡って、天皇の妻のところにいき、タイラの物語を語って、帰ってくる」(小泉八雲とはちょっと違う筋で理解されてるみたいでしたが)
 その、この世にはない魂に呼ばれ、その世界に行って語る、あの世との魂の交渉、がマナスチの本来の姿だというのです。
 ほえええええええっ!!! こりゃ本当に憑依系なんですね。
 そして、こんなすごい声を出しながら、いわゆる声の修業というのはしない。一番大事なのは、言葉の使い方。英雄の姿やその闘いのあり様を、いかに生き生きと具体的にこまかく描写するか。言葉の力があるから楽器を使う必要はない。
 つまり、描写・命。台本、にはなっていないけれど、物語、ネタが、命。それを受け継ぐことが、使命。
 これって、講談。
講談と浪曲の違いというのは、近接芸でありながら際立っている。
マナスは、講談である。憑依系の講談、がマナス、なんだと、本日のところは、強く思った次第。

最後に、七歳でマナスチになり、現在十一歳の少年に、修業でいちばんつらいことはなに、と聞いてみました。
「語っていると、目の前に悲しい世界が見えてきて、心が辛くなる。泣いてしまったこともある」

 十一歳の少年のこの返事に、胸いっぱいになる思いでした。彼らは、語っているときに、完全に物語の世界を生きているのだ。
物語世界半分、お客さんのご機嫌半分、願わくば客席の全員と目が合うように視線投げ色気投げ、日銭稼いでる芸人とは、ありようがまったく、違うのだ!!!

今日は、超面白かったです。文化交流使をお引き受けした甲斐がありました。
さあ、明日はこのマナスチの方々との一緒の公演です。
私は、トップバッターで一席語るほか、ご当地の超有名歌手であり、女性のマナスチでもあるグルザラさんと、5分ずつの語り比べをします。彼女、ものすごうつくしく、唄、節の完成度高いです。どうなることやら。身をなげうって、頑張る!!!



posted by ななふく at 04:17| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする